制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
b0024339_22533424.jpeg

11月12日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん〜「ショッピングモールの歌姫」
ナレーションしました。再放送11月14日(火)午前3時35分〜 月曜深夜

さまざまな悩みや苦しみを抱えて生きる人たち。そんな人たちとショッピングモールでのコンサートで出会って歌を紡いできたシンガーソングライター半崎美子さん。半崎さんの歌もとても良かったし、歌の持つ力も感じました。ご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/
“ショッピングモールの歌姫”、半崎美子さん。10年にわたって全国各地のモールを回り、そう呼ばれるようになった。買い物客は足を止め“私のための歌”と涙をする。

“ショッピングモールの歌姫”、半崎美子さん(36)。なにげなくモールに買い物に来た客の足を止め、ステージを涙で包み込む。10年にわたって全国各地を回り、そう呼ばれるようになった。ライブ後は、感極まった人々が半崎さんのもとに列をなし、日常の暮らしの中の悩みを打ち明ける場となる。半崎さんは、その思いを受け取り歌に込め、再びステージに立つ。日常の悩みを抱える人々の心に潤いをもたらす、魅力に迫る。


[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-11-09 22:53 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
10月29日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「認知症でも笑顔のままで」
ナレーションしました。
b0024339_20324542.jpeg


アルツハイマー型の若年性認知症。今回、メインで登場する女性は、51歳で発症。発症後、仕事を続けられなくなり、社会から切り離された時期を過ごしたそう。認知症になっても、できることはたくさんあり、できないことのサポートで、仕事も続けられる事例も紹介されます。

誰だってなんらかの病気になる可能性があることを考えると、病気になった人をどうサポートして共に暮らす社会を作るのか。そういう人も笑顔でいられたら、と思いました。ご覧ください。
------------------

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2017-10-29/21/26995/1077284/

10月29日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「認知症でも笑顔のままで」

あなたの友人が、家族が、自分自身が認知症だと言われたら…。認知症になっても、絶望するのではなく「笑顔のままで自分らしい人生を送りたい」と奮闘する人がいる。しかし実際は、認知症になると仕事を失い、孤立してしまう人が多い。どうすれば社会とつながりを持ち続けられるのか。自分の努力と職場の理解があれば認知症でも仕事を続けられることを体言する人も現れた。認知症でも自分らしく輝いている人たちの姿を描く。
[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-10-28 20:30 | HaLo news | Trackback | Comments(0)

お知らせ遅れました。再放送が深夜にあります。
おじいさんとお孫さんの間に、こんな偶然の導きがあったのか、とか、九州にこんなにひどい空襲があったのか、とか、知らないことをたどる旅でもありました。

ご覧ください。

NHK 総合 10月1日(日) 午前6時15分~ 午前6時50分放送
10月3日(火) 午前3時35分〜(月深夜)放送

目撃!にっぽん「祖父が残した遺言~米軍カメラマンが記録した戦争~」

米軍カメラマンが終戦直後の九州で撮影した写真が見つかった。軍に提出すべき写真が密かに保管されていたのだ。カメラマンの孫が写真の現場をたどり、戦争の真実に迫る。

米軍カメラマンが終戦直後の九州で撮影した100枚を超える写真が見つかった。本来は軍に提出すべき写真が密かに保管されていたのだ。カメラマンの孫がこの夏、その写真の現場をたどる旅に出た。佐世保から鹿児島へ、祖父の足跡をたどりながら空襲の体験者の話を聞き、無数の市民が犠牲となった戦争の実態に迫る中で、祖父が写真を残した意味を考えていく。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nipp…/x/2017-10-01/…/1077279/

b0024339_22075852.jpg

[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-10-02 22:09 | HaLo news | Trackback | Comments(0)

9月23日(土)朝9時00分から11時00分、NHK_FM「世界の快適音楽セレクション」の中で、greenから一曲かけて、ご紹介くださるそうです。

ゴンチチのおふたりの軽快なおしゃべりと気持ちのいい音楽の番組です。

ぜひお聞きください。


[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-09-22 20:38 | HaLo news | Trackback | Comments(0)

命が宿るということは、たぶん、理性では、はかれない側面があるのだと思う。医療技術が向上したことによって心臓疾患の患者さんの生存率が飛躍的に伸びた。その女性たちが妊娠適齢期を迎えている。
女性たちの決断と、それを支えるプロフェッショナル。
そうやって繋がれたバトンたち。

どんな妊娠出産も命がけ。そんな命がけの営みによって、私たちすべての命はこの世に産み落とされていることを、改めて感じました。

どうぞごらんください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nipp…/x/2017-09-03/…/1077278/
9月3日(日)朝6時15分〜NHK総合放送

再放送:9月4日(月) 27時35分(5日(火) 午前3時35分)〜

目撃!にっぽん「命 つなぐために~心臓病の女性 お産の現場~」

大阪・国立循環器病研究センターは、心臓に疾患を抱えていても出産を希望する女性の「駆け込み寺」。医療の進歩で可能になった「命がけのお産」に挑む女性たちを追った。

大阪・国立循環器病研究センター。心臓に重い疾患を抱えながら出産を希望する女性の「駆け込み寺」で、世界第3位の実績を誇る。血液量が1.5倍ほど増える妊娠は心臓への負担が大きく、最悪の場合、母子ともに命の危険にさらされる。かつて不可能とされていたが、急速な医療の進歩で可能性が開けた。出産までの日々では、危険性を見極めながら命をめぐる重い決断が迫られる。命をつなぎたいと願う女性と医師の現場を見つめた。


[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-09-03 22:23 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
b0024339_15573710.jpg
2017年8月20日(日)朝6時15分からNHK放送の
目撃!にっぽん「お父さん 運転続けますか~高齢ドライバーと家族の選択~」
ナレーションしました。

この春改正された道路交通法で、認知症と診断された場合は免許返納ということになり、75歳以上は、免許更新の時に認知機能の検査を受けることになった。(その結果により、医師の診断を受けることに)

通院や買い物などの足を失い、生活の質が低下することに直結するため、運転を続けたい高齢ドライバーと、事故を起こしてしまう前に免許を返納してほしい家族。

自分が、子どもとして親と向き合う日、自分が返納する時、車のない生活をどう確保するのか様々心に去来しました。ご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2017-08-20/21/10328/1077275/

高齢ドライバーによる事故が相次ぐ中、「免許を返納させたい」という家族と「通院など生活に欠かせない」などといった理由で運転を続ける高齢者、葛藤する姿を見つめます。

高齢ドライバーによる悲惨な事故が後を絶たない中、運転免許の返納をめぐって悩みを抱える高齢ドライバーと家族が増えています。「通院や買い物に車が欠かせない」「移動が自由にできなくなれば、生きがいがなくなってしまう」などといった理由で運転を続けたいという高齢ドライバー。一方、親や夫が「事故を起こす前に運転をやめさせたい」という家族。老いと向き合い、家族と共に葛藤する高齢ドライバーたちの姿を見つめます。


[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-08-19 16:00 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
2017年8月6日(日)朝6時15分からNHK総合で放送の目撃!にっぽん「ふるさとを取り戻す~東日本大震災6年 石巻市大川~」ナレーションしました。

住民の心は複雑な部分も含みつつ、宮城県石巻市大川小学校を震災遺構として、すべての人のためになるように残すために、震災と向き合い始めた、大川小出身の主人公。

大川小学校のこと、大川のこと、震災の時の悲劇だけでなく、どんなにいい場所だったか、それが感じられるようにと。

私自身、悲劇の部分しか知らなくて、彼のふるさとを思う想いにハッとさせられました。登場するおばちゃんと一緒に、カレイ採ってみたい。

帰れぬふるさと。切なく、でも、穏やかな物語でした。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2017-08-06/21/33196/1077274/

震災で74人の児童が犠牲になった宮城県の大川小学校。この悲劇の舞台となった場所をどう残し伝えていくのか。自分たちのふるさとを取り戻そうと格闘する卒業生の物語

大川小学校では東日本大震災で児童・教員あわせて84人が犠牲になった。この小学校を「震災遺構」として残すのか、住民の間では議論が紛糾し、去年保存が決定した。震災をどう伝えていくのか、複雑な感情が渦巻く中、悲劇に正面から向き合い、住民たちとともに震災で傷ついたふるさとを取り戻そうと活動を始めた卒業生がいた。ふるさとを模型で再現するプロジェクトに、震災を語り継ぐ「大川伝承の会」。若者の格闘に密着した。
b0024339_14405553.jpg

[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-08-05 14:42 | HaLo news | Trackback | Comments(0)


7月16日(日)朝6時15分〜NHK総合放送のドキュメンタリー番組:目撃!にっぽん「心ひとつに “鼓童”に挑む若き太鼓打ち」のナレーションしました。

鼓童の演奏の様子は知っていたけど、そのメンバーになるために、どんな研修・修行があるのかは知りませんでした。鼓童の演奏に出会ったために、こころ揺さぶられて、その道を目指す若者たちが、新潟佐渡の研修所で、太鼓漬けの日々をスタートさせ、個が、どうやって一糸乱れぬチームになっていくのかの一端が垣間見れます。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nipp…/x/2017-07-16/…/1077277/

日本を代表する太鼓集団「鼓童」。メンバーになれるのは一握りという狭き門に、この春9人の若者が挑んだ。ライバルと心をあわせ、一つの音を作り上げる挑戦の日々を追う。

佐渡を拠点に世界で活躍する太鼓芸能集団・鼓童。この春、9人の若者がプロの太鼓打ちを目指し研修所の門を叩いた。2年間に渡る共同生活を通し、研修所で繰り返し学ぶのは“心をひとつ”にすることの大切さ。しかし、メンバーになれるのは一握りという競争の中、仲間と心をあわせ、一つの音を作り上げるのは容易ではない。競争と調和の狭間で、若者たちは何を学び、どのような音を紡ぐのか。若き太鼓打ちの挑戦の日々を見つめる。


[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-07-13 23:49 | HaLo news | Trackback | Comments(0)

b0024339_23532317.jpg
7月9日(日)朝6時15分からNHK総合で放送の目撃!にっぼんのナレーションして来ました。
「沖縄戦.遺族からの357通」

沖縄戦という言葉は知っていても、ものすごい凄惨な地上戦が繰り広げられ、20万を超える人たちが亡くなり、沖縄の民間人の1/4が亡くなったというのは、沖縄に初めて足を踏み入れた30代になって認識したこと。

その最前線の800の兵士を率いた隊の隊長が、700名の隊員を失い、戦後、その隊員の最期の聞き取り調査をした上で、ひとりひとりに手紙を書いたそう。その返信を抱え、ひとりで背負って来た重荷を、沖縄に今も散り残るお骨を拾い集めるボランティアに関わる大学生たちに、今回、初めて託したのだそうです。

20代で、そんな活動に関わる若者、そんな若者と交流を続けて来たご高齢の元隊長さん、手紙のご遺族たち。

自分が初めて沖縄に通い始めた頃のことが、蘇りました。ご覧ください。
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2017-07-09/21/11894/1077272/

沖縄戦で戦死した兵士の遺族が、終戦直後に書いた手紙357通。この手紙に、戦争を知らない大学生たちが向き合った。遺された手紙から戦争の現実をみつめる。

沖縄戦で戦死した兵士の遺族が書いた手紙357通の存在が明らかになった。そこには、息子や夫を戦争に奪われた遺族の悲痛な思いがつづられている。これまで、兵士たちが所属していた部隊の隊長が誰にも見せることなく大切に保管してきたが、今回「戦争が何をもたらすのか、ありのままを知って欲しい」と、沖縄戦を学ぶ大学生たちに託された。遺された手紙から、戦争の現実をみつめる。

[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-07-07 23:55 | HaLo news | Trackback | Comments(0)

目撃!にっぽん「一斉解除の町で」ナレーションしました。
6月25日(日)朝6時15〜NHK総合で放送
6月27日(火)午前3:35〜再放送(6月26日(月)深夜27:35〜)

この春に、福島第一原発事故による避難指示が一斉に解除されたことは知っていたけれど、その後、どんな暮らしをされているのか、知らずにいました。

浪江町の住民の二ヶ月を追ったドキュメンタリー。
それぞれの方の想いが、刺さります。
ご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nipp…/x/2017-06-25/…/1077270/
この春行われた福島第一原発事故による避難指示の一斉解除。6年間、人が住まなかった町は変わり果てた姿に。復興に向け帰還した住民たちを待っていたのは?新生活に密着。

この春行われた福島第一原発事故による避難指示一斉解除。6年間、人が住まなかった町は変わり果てた姿に。家屋は荒れ、人の代わりに住み着いていたのは野生動物だった。福島県浪江町では4月の時点で町に戻った住民は1%程。放射線量への不安に加え野生動物という新たな脅威が復興を阻んでいた。その中で故郷を取り戻そうと立ち上がった住民たちがいる。人がいない町での生活、復興へ向けた試練、住民たちの2か月に密着した。



[PR]
# by ayako_HaLo | 2017-06-25 00:20 | HaLo news | Trackback | Comments(0)