制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月19日(木)『英国民謡の伝統と現代』の司会します

仕事復帰の第一弾は、こちら。
ここ8年くらい連続でやらせていただいているJASRAC公開講座ミュージックジャンクションの司会。

毎回おもしろいお話と素晴らしい演奏が聞けて「ご招待」ってことでかなり人気の講座です。
今見たら、残念ながら既に申し込みは閉めきったようですが、このあと、10月、来年の2月と続き、どれもおすすめです。


http://www.jasrac.or.jp/culture/2013/02/21.html

2012年7月19日(木)19:00~20:45
『英国民謡の伝統と現代』

講義概要
英国の民衆音楽は、アメリカ南部でロックンロールを生み出す源流の一つであった。そして、ロックンロールが英国に根づきブリティッシュ・ロックへと変転するときに、要因の一つとなったのが、英国の民謡(フォークソング)であった。1970年代前半ロックの隆盛期に背後で影響を及ぼしていた英国民謡の伝統を紹介する。

講師:三村 明 (帝京大学外国語学部准教授)
 北海道札幌市生まれ。10代でSFとビートルズに出会う。おりからのフォーク・ブームにあおられ、ギターを手にするがすぐに才能に限界を覚え、英文学研究者の道を志す。文学研究と並行して、ロックへの関心を持ち続け、文学と同様ロックからも近代世界の在り様を読み解くことが出来るのではと、大学で講義を展開している。専門は、ルイス・キャロルを中心にイギリス児童文学。


演奏:名倉 亜矢子(ソプラノ)/金子 浩(リュート)

名倉 亜矢子
 ニューイングランド音楽院(米・ボストン)を演奏優等賞を得て卒業。中世~バロック時代の作品を中心に、ソリスト、アンサンブル要員として演奏活動を展開中。CD「やすらぎの歌」は、レコード芸術誌上で「プライヴェート・ベスト5」に選出された。2000年古楽コンクール第3位。青山学院大学聖歌隊トレーナー。
http://nakura.jugem.jp/

金子 浩
 桐朋学園大学古楽器科卒業。オランダのハーグ王立音楽院をソリストディプロマを得て卒業。各地でソロや通奏低音奏者として演奏会や録音に参加した後、1997年に帰国。キングレコードより古楽の枠にとらわれないオムニバスCD「ハートランド」をリリース。独奏、室内楽、通奏低音奏者として、幅広い活動をしている。上野学園大学および洗足学園音楽大学非常勤講師。



第27回:2012年10月11日(木)
  『ボサノヴァ物語 『太陽・汐・南』 の詩人たち』
第28回:2013年 2月21日(木)
『親指ピアノ~暇つぶし楽器の今昔』
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/18578326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayako_HaLo | 2012-07-10 15:03 | HaLo news | Trackback | Comments(0)