制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

12月11日(日)9時〜NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」ナレーションしました

b0024339_01535017.jpg
以前、「君が僕の息子について教えてくれたこと」というドキュメンタリー番組のナレーションをしました。その続編とも言える番組が制作され、NHKスペシャルで放送されます。
生きづらさを感じる人たちと、どう向き合うのか。自閉症という枠だけにとどまらず、考えさせられる番組でした。ご覧ください。



「自閉症の君が教えてくれたこと」
2016年12月11日(日) 
午後9時00分~9時49分

この番組は、2014年8月に放送し、芸術祭ドキュメンタリー部門大賞など大きな反響を呼んだ特集番組「君が僕の息子について教えてくれたこと」の続編である。自閉症の作家・東田直樹さんと自閉症の息子を持つイギリス人作家デビッド・ミッチェル氏が交わす往復書簡を軸に、謎に包まれた自閉症の世界を解き明かすとともに、ひとりの若者が世界に広げた希望の物語を描いていく。
東田直樹さんは、日常会話は不可能だが、文字盤やパソコンを通して意思を伝えられるという極めてまれな能力を持っている。謎に包まれた自閉症の世界と健常者の世界の橋渡し的な存在である。13歳の時に書いたエッセイが、同じ自閉症の息子を持つデビッド・ミッチェル氏の目にとまり、翻訳され、世界30カ国でベストセラーとなった。その本を読んで初めて、自閉症の子供の心の声が聞こえたという家族も数多い。
東田さんは24歳になった。一般的なコミュニケーションを取れない自分だからこそ、救える人がいるのではないかと考え、作家活動を始めている。この夏、東田さんは、ミッチェル氏の住むアイルランドを訪ね、自閉症の息子と出会い、その心の声に耳を澄ませた。ハンディキャップを抱える人は、どう幸せを見つけていけばいいのか、自らがガンを患い、ハンディキャップを抱えることになったディレクターの目線で描く感動のドキュメンタリーである。

<a href="http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161211">http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161211</a>

[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/26443530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayako_HaLo | 2016-12-10 01:52 | HaLo news | Trackback | Comments(0)