制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自然農の農業実習@シャロムヒュッテ安曇野

これは、ワークショップのレポートとしてまとめたもの。このページに掲載予定のもの

9月11日(日)
9:30-11:00「パーマカルチャーとセルフケア」ワークショップ
「農業実習」臼井健二

薄曇りの朝。
b0024339_11402339.jpg全員で農作業器具を宿泊施設から農園に運ぶ。一輪車二台、鍬、シャベル、ポット苗、種、(菜種油で動く)草刈り機。たどりついたのは自然農の畑。草が一面に生え、その中に「野菜」が顔を出しているところもあれば、埋もれているところもある。

一面、草が生えている場所で、まず臼井さんからの最初の言葉「どうやって種を蒔きたい?」参加者の一人が答える。「ば〜ってそのまま蒔いちゃう」。
そして、その言葉通りの実践。

[イチバン原始的な方法]
講師の臼井さんがミレーの「種を蒔く人」のように金だらいに入っている「野沢菜の種」を膝から股ほどの高さもある草が生えているところに、ばんばんまき散らす。そして、そこに生えている草を根元から刈り込み、その場に倒して行く。

自然農の一つの基本:「草を敵にしない」
排除して取り去ってしまうのではなく、取り込む。種を蒔いた上に草を根元から切って倒すことにより;
1) 地面の乾燥を防ぐ/適度な湿度を保つ
2) 太陽光が直接当たらなくなったことにより、その場所に更なる草が生えて来るのを押さえる
3) 草はいずれ土に還り、腐葉土となり、肥料になる

この「草に対する考え方」は全ての基本となる。

注意:この[イチバン原始的な方法]が使えるのは、大量に蒔く種があるときで、秋蒔きの時だけ。春に同じことをやっても、春から夏にかけては「草の勢いが強い」から草に負けてしまう。


[粘土団子を作って蒔く方法]

b0024339_11415357.jpgたくさんの種類の袋入りの種を、一輪車にどんどん空けてゆく。実は最初、袋入りの種が大量に出て来た時はちょっと不思議な気がした。どうして「自家採種」の種ではなく「売り物」の種なのだろう…。でも、その疑問にはすぐに答えが出た。これらの種は、「買って来たもの」ではなかった。通常種の袋には「消費期限」というものが印刷してある。そして、その消費期限をすぎた種たちは、種やさんからはゴミにされてしまうのだと言う。今日、ここに段ボールいっぱいあった種は、それらをまとめて「いただいてきたもの」だった。「廃棄物の有効活用」。これもパーマカルチャーの考え方の一部。

b0024339_1144526.jpgごちゃごちゃに混ぜられた種を粘土にくっつける。本来の福岡正信さんの提唱されている粘土団子の作り方では、一つの粘土の中に3粒ほどの種を入れる、ということらしいのだけど、福岡さんの方法では粘土の固まりに種をくっつけるような方法は取らない。粘土と種を撹拌して、団子状に押し出す方法を取られていたと思うので、彼の考える「省力という概念」の方に忠実になれば、3粒ずつ、なんて数の話より、どれだけ簡単か、という方が大切、ってことなんだと思う。ここではもっと大胆に、粘土に種をくっつくだけくっつけてそれを内側に包み込んで団子を作る。

b0024339_1144183.jpgそれを畑に好きなように投げる。粘土を作ってはどんどん投げる。これは、単純に楽しい。遊びだ。そして、遊びの要素はいつも必要なんだと思う。

b0024339_11445458.jpg種を包んで、地面に着地した粘土。粘土は種に水分を与え、乾燥を防ぎ、鳥たちから種が全て食べられてしまう事から守る。この団子たちの中から、何がどこで芽を出し育つのか、ということを想像し、見守ることを考えるだけで楽しい。


[鍬で種まきを助ける方法]

b0024339_1146415.jpg鍬で地面の表面を薄く剥がして行く。雑草の種があるとすれば、それは表面にあるはずなので、野菜の種が雑草の種と競争しなければならなくなる可能性を下げてやる。表に出て来た土は、土と土の固まりが密接なので、少しだけ中に空気を入れてやる。種が入って来る余地を土に作ってやる。これが「耕す」ということであり、そこら中を全部掘り起こしてかき混ぜてしまうことでは決して無い。そこら中をかき混ぜて本来の「繋がり」まで断ち切ってしまったら、雑草の種も同じように撹拌してしまうことになり、かえって雑草と「戦わねばならない」状況に陥る。うまく雑草の種を避けてやるこの方法の方が、雑草の生えて来る確率がぐっと下がる。

b0024339_1148981.jpg種を蒔く。ぱらぱらと。

b0024339_11491250.jpg蒔いた種に薄く土を被せてやる。この土はどこから持って来るかと言うと、種まきをする土の境目のところに鍬を入れて少しだけ持ち上げ、雑草の種の含まれていない5センチほどの深さのところから。

b0024339_11503648.jpg鍬で押さえて馴染ませる。

b0024339_11514339.jpgそのまま土を裸にしておかないで、近くにある草を上から被せておく。これで適度な湿気が保たれ、水まきをする必要はない。

概念としては、これが基本的な「種まき」になるかと思う。後は、鍬を使わない場合の鎌で草を刈り込みながら種まきをする方法もあるが、やることは基本的に同じ。


[対象区に苗を植える]

b0024339_1152110.jpg二列分完全に耕してある土にポット苗を植える。苗はキャベツ。キャベツという植物は自分でどんどん大きく広く葉を広げ、自分が吸収するのに必要な周りの土から他の雑草が生えて茂るのを自然に防ぐ。そうしておいて花芽を作り、種が出来て地面に落ちる時には、次の命の栄養になる成分に自分自身の体が変わって朽ち果て、種の成長を助ける。

b0024339_11563912.jpg外葉を広げ、内側の葉が巻いてゆくのを助けるキャベツ。

苗を定植する時は、ポットと同じ大きさの穴を掘り、その穴に先に水を少し与えてから苗を植え、周りの土で軽く押さえる。


[チキントラクター]
b0024339_11575117.jpg簡素な作りのこの鶏小屋は、可動式。中には二羽のメスの鶏がいた。鶏の役目;
1) 卵を与えてくれる
2) 台所から出る生ゴミを入れておくとその生ゴミを食べて処理してくれる
3) 食べたものをふんとして土に落とし、鶏糞は肥料となる
4) 爪で地面を引っ掻き回す習性から、地面の糞と土をかき混ぜる役割を果たす
5) 鶏小屋の場所を移動させることにより、除草+土作りの役割を果たす


b0024339_1225189.jpgこれらの自然農の実践を見た後、圭一さんの口琴とAKOさんのホーメィの共演を、さっき粘土団子を蒔いたばかりの畑の中で聴く。後ろではトラクターの「耕す」大きな音。前には空と風に溶け合い混ざり合う音の波。どちらがより気持ちのいい音かということは、耳を澄ませばすぐにわかるはず。

b0024339_11541752.jpgb0024339_11554485.jpgb0024339_1251298.jpgb0024339_1244977.jpgb0024339_1252350.jpgどこまで「手を加えなくて済むか」を考える。
敵を作るのではなく、抱え込み味方にする。
廃物を利用する。
60点でヨシとする。
完璧を目指さない。

持続する為の智慧。

畑の恵みの美しさ。
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/3472271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from from ayako at 2005-09-15 17:20
タイトル : 自然農
週末に東青梅の山の中に自然農法で作る「畑の学校」の見学に行って来た。ここはNPO法人:東京賢治の学校が、青梅の山の地主さんから土地を借り、子供たち(一般募集も含む)が田畑、農作業から学ぶ場所であり、その残りの土地を小区画に分けて少しずつ会員に貸す、というもののようだ。 事前に二冊の自然農法に関する本を読んだ。 一冊はこの畑の学校に講師として教えに来ている奈良のお百姓さん川口由一著の『自然農から農を超えて』。そしてもう一つは、農学部を出てから長野の自然農法国際研究開発センターで研修を受けH1...... more
Tracked from from ayako at 2005-09-15 17:21
タイトル : 『自然農法を始めました』村田知章著
少し前に読んだ『自然農から農を超えて』川口由一著と合わせて一気に読んだ自然農法に関する本。彼の方が川口さんよりずっと若く、まだ農大を出て自然農法国際研究開発センターで研修の後、自然農法を初めて数年というところなので、何となく始めたばかりのフレッシュさがある。書き方や書いてあることが少し違ったりしているものの、図解なども入っていて読みやすいかもしれない。川口さんの方は、ご自分の長いお百姓経験の中で、農薬で一度体を完全に壊してしまった後、自然農法に転換した、という体験から出る言葉の持つ重みが大きかった。川...... more
Tracked from from ayako at 2005-09-15 17:22
タイトル : 自然農法『わら一本の革命』福岡正信著
思い起こせば数年前から、回りに「ガン」という病気を患った人たちが次々に現れ、そのうちの何人かが「生還」するという喜びを得たり、亡くなってしまうという悲しみに満ちたりして来た。原因は色々なことがあるのだろうから「どうして」とか「どうすればいい」という結論も答えも当たり前ながらない。ただ個人的にはそのお陰で、ある人が採ることになった食事療法の「食べていいリスト」「出来るだけ食べないリスト」「食べてはいけないリスト」というものを見せてもらったところから、実は病気とは離れたところで「自分が口にするもの」に向か...... more
Tracked from from ayako at 2005-09-15 17:22
タイトル : 自然農川口由一さんの田植え実習
立川にある「賢治の学校」が主宰する「畑の学校」の実習として、川口由一さんを迎えての「田植え/畑実習」が7月2日(土)にあった。賢治の学校の子供たちも同時に田植え実習。総勢何人くらいいたんだろうなあ。子供が60-70人、大人が一般参加者、父兄、スタッフまで入れて50-60人ってところかな。さほど広くない田んぼに凄い数の実習者だった。心配されたお天気にも恵まれ、野外の長時間作業にはぴったりの薄曇り。午後に少し日が射して気持ちいいという一日になった。 場所はJR青梅線小作(おざく)からバスに乗って移動...... more
Tracked from from ayako at 2005-09-15 17:23
タイトル : 自然農川口由一さんの畑実習
7月2日(土)の午後短い時間だったけれど、自然農の畑での種の撒き方の講座があった。畑は以前見学に行ったこともあり、草の中に作物が植えてあったり、草を生やした状態で休ませてあったりと気持がいい。地主さんが「畑の学校」のに貸して下さっているものを、半年単位で会員になって2-3畳分を借り自然農を学ぶ場。急な山道を登ったところにある。 この日の畑の実習は川口さんが種の撒き方を数種類教えて下さった。今回教わったのは「直播き」と呼ばれる「種を蒔いた場所でその植物が一生を終える」撒き方。 1)インゲンな...... more
Tracked from from ayako at 2005-09-15 23:26
タイトル : 物事には必ず二つの側面がある
週末、長野県安曇野にある舎爐夢(シャロム)ヒュッテという場所に行って来た。表面上は所謂「プチホテル」。表面上は、と言ったのはその言葉だけでは決して表現できない、もしくは「一言」では表現できない場所だったから。(ここの関わっていることの深さは、ホームページの階層の深さに現れているように思う。まだ私は全部見きれていない。まだたくさん「隠れている扉」があるはず…) 4月終わりに「自然農」という概念に出会ってから、むさぼるようにその核心について学び続け、その概念と繋がる世界を次々に体験/学習し続けて来て...... more
Tracked from 里人日誌 at 2005-09-17 22:21
タイトル : 今頃真っ赤でおいしいトマト
トマトの旬はと言えば、やっぱり夏なんだと思います。 でも、ここの畑では植えたのが遅かったのと 肥料分が足りないからなのか、今が最盛期です。 トマトといえば、最近は競うように糖度をあげている。 甘いトマトもおいしいとは思うが、 独特な香りを放つトマトの...... more
Tracked from from ayako at 2005-11-09 13:53
タイトル : 10月23日の自然農の田んぼの実習川口由一さん)メモ
だいぶ時間が経ってしまったけれど、当日取ったメモから。 7月始めの田植え実習の後、田は水をいっぱいに張って、干すという作業を繰り返す。 7月後半に一列おきに草を刈る。 8月前半に二回目の草刈りをしたあとは草刈りはせずに放っておく。茎が扁平から丸くなったのを確認。稲は「養穂の営み」に入る。二回目の草刈りの時は、前回刈っていないところは全部刈り取る。残りは様子を見ながら。ザリガニが穴を開けて水が抜けるので水の管理は毎日行う。 8月中旬に稲穂が出て来る。餅米が早く、うるち米、黒米/赤...... more
Tracked from from ayako at 2005-11-09 13:54
タイトル : 自然農の農業実習@シャロムヒュッテ安曇野
これは、ワークショップのレポートとしてまとめたもの。このページに掲載予定のもの。 9月11日(日) 9:30-11:00「パーマカルチャーとセルフケア」ワークショップ 「農業実習」臼井健二 薄曇りの朝。 全員で農作業器具を宿泊施設から農園に運ぶ。一輪車二台、鍬、シャベル、ポット苗、種、(菜種油で動く)草刈り機。たどりついたのは自然農の畑。草が一面に生え、その中に「野菜」が顔を出しているところもあれば、埋もれているところもある。 一面、草が生えている場所で、まず臼井さんからの最初...... more
Tracked from from ayako at 2005-11-09 13:56
タイトル : 自然農川口由一さんの田植え実習
立川にある「賢治の学校」が主宰する「畑の学校」の実習として、川口由一さんを迎えての「田植え/畑実習」が7月2日(土)にあった。賢治の学校の子供たちも同時に田植え実習。総勢何人くらいいたんだろうなあ。子供が60-70人、大人が一般参加者、父兄、スタッフまで入れて50-60人ってところかな。さほど広くない田んぼに凄い数の実習者だった。心配されたお天気にも恵まれ、野外の長時間作業にはぴったりの薄曇り。午後に少し日が射して気持ちいいという一日になった。 場所はJR青梅線小作(おざく)からバスに乗って移動...... more
Tracked from from ayako at 2006-02-12 00:37
タイトル : 稲の苗床作り@千葉自然農の会(君津)
今週2月6日(月)に千葉に新たな物件を見に行って来た。そのことはまた書くとして、その時にせっかく千葉に行くんだから、ということで千葉自然農の会のお世話係の方に連絡を入れ、お宅にお邪魔して少しお話を聞かせていただいた。君津にある小香棚田という場所で行われている自然農の田んぼにも連れて行っていただいた。その時に、11日(日)に1月からずっと延期になって来ている田んぼの「苗床作り」の作業があると伺ったので、急遽参加させていただくことにして、今日行って来た。 必要な苗代の広さ:条間40cm x 株間25...... more
Commented by uzura_egg_happy at 2005-09-15 14:46
おもしろい~!!
読んでるだけで、楽しくなります(^^)
「敵がいない仲良し畑」でできた作物は
とってもおいしいんだろうなあ~。
鶏さんだって、みんなのためになる仕事を与えられたとなれば
きっと、一所懸命お仕事に励んでくれてるのでしょうね。
楽しくなってきます~(^^)
Commented by boro2n at 2005-09-15 19:24
昔の人がしてきた薬や化学肥料を使わない農法が地球にも体にも一番いいですね。
昔の人がしてきたことには、理にかなったちゃんとした理由があって、それを知るたびに、本当に昔の人はえらいって思います。
粘土団子投げ楽しそう~。どんな芽がでるのか楽しみですね。


Commented by ayako_HaLo at 2005-09-16 12:18
自然農の畑で採れた野菜は美味しいです。気持ちの助けもあるのかもしれないけれど、嬉しい味がする。

鶏さんは、「お仕事」しているつもりはないと思うんだけど、がんばってくれるんですよね。違う目線で見ちゃうと、そこら中引っ掻き回して「困った」存在になっちゃうのかもしれないものを、「引っ掻き回してくれてありがとう」という風に見られる状態にしてあるんだと思います。

自然農は薬や化学肥料を使わないだけじゃなくて、草も虫も排除しないですから、すごいな〜と思います。人間の体と同じで、健康な状態を作っておくことができたら、そうそう全部が壊れることはないはず、という畑や田んぼに対する「信頼」なのかもしれません。

粘土団子投げ楽しいです。子供が絶対喜ぶはず。その後、何週間かしたらそこから「何かの」芽が出て、それが実って、更に美味しく食べられるなんて、そんな幸せなことってない〜w

自分でも粘土団子投げで種を蒔きたい〜。
Commented by kusabowbow at 2006-01-17 05:25
いいじゃあないですか! ぜひ遊びにもいらしてください!
Commented by ayako_HaLo at 2006-01-19 16:11
kusabowbowさんのところの畑は粘土団子で種を蒔いているのですか?どこにあるのかなあ。遊びに行きたいです。
Commented by kusabowbow at 2006-01-19 22:16
かなりのおうちゃくものらしいので 粘土団子がつくれません...

自然農の野菜を 言葉で表現することは 可能ですか?
Commented at 2006-03-30 15:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ayako_HaLo at 2006-03-31 02:46
>粘土団子
非公開のコメントになってましたが、ここにお返事するしか方法がないのでこんな形で書きますね。

粘土団子は種が粘土に包まれて湿度を保ち、鳥から種を守るという役目があると思います。また投げて着地した時にバラバラに崩れても困ります。なのである程度の湿り気は必要だと思います。

このポストで書いたのは福岡正信さんの粘土団子とは違う方法ですし、福岡さんの方法はまだ体験したことがありません。

でもこの方法でもたくさんの芽が出て来て育ったようですよ。
Commented by JIRO(0^_^0) at 2007-11-25 15:47 x
 粘土団子にとても興味があり、調べているうちに、このブログに行きつきました。早速、自分の回りから実践してきます。
 お暇なときにでも、私のブログに遊びに来てくださ~い。
Commented by ayako_HaLo at 2007-12-05 21:36
>JIRO(0^_^0) さま

コメントありがとうございます。
「一緒にESD!〜環境・人権・参加の新世紀教育」という本に
興味がわきました。面白そうです。
そちらのブログにもコメント残しますね。
by ayako_HaLo | 2005-09-15 12:19 | plants/farming | Trackback(11) | Comments(10)