制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

HaLoゲスト出演 宮武希ライブ無事終了

2005年11月2日(水)の下北沢ラカーニャでの宮武希ライブ(HaLoゲスト出演)は盛況のうちに無事終了。来て下さったかた、本当にありがとうございました。

ラカーニャは普段はカフェバーで、ライブがある時はテーブルをどけて60人〜80人が限度という大きさの場所なのだけど、完全に満席。でも立ち見が出ることもなく、マスターの「数字の読み」と「座席の配列」がどんぴしゃり、だった。毎回この数字の読みによって、座席の配列が微妙に違うのも見ていて面白い。

19:30にスタート予定だったのが、予約を入れていて到着されないお客さんのために、少し遅らせて20:00くらいにスタート。一部は希ちゃんが、小笠原の曲、自身の別ユニットkikoeの曲、高田渡さんの曲など織り交ぜて7曲。

間に休憩を挟んで、二部の最初に三曲歌わせてもらった。
1) 「やさしい光」("blue""yellow"に別アレンジでそれぞれ収録)
一切のPAを使わない、初めての試み。(と言ってもやってるライブの数が少ないからねぇw) 生音を聞いてもらうチャンスを少しずつ作りたいと思う。快く協力してくれた音楽家の皆さん、PAの藤井さん、ラカーニャのマスター、どうもありがとう〜。

2) 「butterfly blue」("blue"に収録)
この曲は高い音がキモになっているところがあるので、声が出ないと厳しい曲なんだけど、何とか「裏声」が戻ってくれたのでやることにした。ライブで人前で歌ったのは初めて。(blueを発売した時のインストアイベントで「カラオケ」でヤルかと試みたことはあったのだけど、(アルバムを聴いていただくと分かるんだけど)録音したときは、私が歌いだすタイミングに合わせて演奏してくれたので、歌いだしのタイミングが「再現不能」で断念していた。今回のライブではメンバーが「いつ歌いだしてもいいよ〜」と言ってくれていたので、歌いながらとか、歌おうとしている時に数えられない私はホントに助かった)

3) 「つつじ」("yellow"に収録)
アルバムではアコースティックギター(+同じギターによるオーバーダブ)だけで録音されているので、今回の4人の音楽家が演奏してくれるっていうのはとても楽しみだった。今回、ライブの為に「チンダルレ」という言葉(コリアンで「つつじ」という意味)を検索してみたら、どうも私の頭の中に描いていた日本で見るつつじとは少し種類が違うかも知れない、ということを発見した。濃いピンクの花で、枝には葉っぱが全く着かない状態の時に花だけが咲くようなのだ。姜恩喬さん(原詩の作者)が想い描いていたチンダルレの花をいつか見に行ってみたい。梅などと同じ時期、冬から春に変わる時期に咲く花なのだそう。

その後、希ちゃんの歌が4曲。Ring Linksの1枚目のアルバムなど大好きな曲が続く。引っ込んだあと、裏で勝手にコーラスをやっていた。彼女の歌う歌はホントにいい。そして彼女の作る歌もホントにいい。そしてまた、彼女が選んで来る他の人の歌もいい。彼女を通して出会える曲も楽しみの一つ。

まだ宮武希宮武希を経験されていない方は、是非機会を見つけて下さいね。一番近いうちに聴けるのは、11月18日、19日に行われる「高田渡生誕会・57」@スターパインズカフェ(吉祥寺)。両日ともに18:00オープン、19:00スタート。前売り\4,000(当日\4,500, 通し券\7,000)。どっちも行きたいんだけど、今のところ18日(金)は行こうかな、と思っているところ。4月に渡さんのお通夜に言った時にこのブログに書いたいただいてきた、ユキノシタ、ドクダミはうちのベランダで元気に増えている。何だか嬉しい。

話を2日のライブに戻す。アンコールは希ちゃんと二人でアフリカの曲「マライカ」を歌う。松永孝義The Main Man Special Bandツアーの時には全く出なかった高音でのハモリも当初の予定通り何とか出た。

ライブでも言ったけど、喉の調子は90%復活。あとの10%は戻るのか、それともこういう声変わりを起こすことになるのか、まだ不明。女の人も声変わりを起こすと聞く。私の声変わりはココだったってことになるのかもしれない。全く出なくなる訳じゃなければ、それはそれでヨシ。

いや、本当に楽しかった。前日のリハーサルも丸くなって完全に生音だけでやったのも凄い気持ちよかったし、本番(なぜか「緊張」しなかった。不安も無かった。ニブくなってきているのか、とも思ったり…)、頭の中がカーンと晴れ渡るような感覚も久しぶり。またライブやろう。遠くない将来にやろう。そのときは、是非、また足をお運びください。

今日は、これからLonesome Strings(今回のライブでギターを弾いてくれた桜井芳樹さんとベースを弾いてくれた松永孝義さん、それとペダルスチールギターの田村玄一さん、バンジョーの原さとしさんがやっているバンド)のライブ@Mandara-2(吉祥寺)18:30オープン、19:30スタート。当日2,800円。に行く予定。このバンドもとてもイイので、お時間ある方は是非。って誘うのちょっと遅すぎたか。ごめんなさい。

■追記■
2007年9月 宮武希のHPが立ち上がりました。http://miyatakenozomi.com
宮武希を検索してこのページにたどり着く人が多そうなので、追記しておきます。
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/3723658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jing at 2005-11-06 20:39 x
ayakoの歌も宮武希さんの歌も聴きたかった!!!
本当に残念だ。。。涙
タダイマ!
Commented by ayako_HaLo at 2005-11-08 15:49
>Jing

オカエリ。ちょうど外遊中だったんだよ。
また機会があると思います。その時は是非。
Commented by hiro at 2005-11-09 22:43 x
ライブ、行きたかったです! 気づくのが遅くてのがしてしまいました…! 宮武希さんのライブもぜひ行きたく思いました… この夏、フィンランドでJPPのライブをみて、Timoと話したのですが、HaLoのayakoはすごいよ、と言ってました。会うことがあったらよろしく、とのことだったのですが…今回はのがしてしまったので、書かせていただきました。次の機会をぜひぜひ楽しみにしています。HaLoのアルバム、大好きです!
Commented by ayako_HaLo at 2005-11-10 10:02
>hiroさん

こんにちは。コメントありがとうございます。この夏にフィンランドでJPPを見られたなんて、素敵。しかもTimoからのそんな素敵なメッセージを携えて帰って来て下さったなんて。あぁ、私もTimoやMariaなどなどなどのフィンランドメンバーに会いたい〜。

今度、機会があったら是非ライブいらしてくださいね。
by ayako_HaLo | 2005-11-04 15:20 | HaLo news | Trackback | Comments(4)