制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スウェーデンのラジオで未発表曲が放送されました

10月末にニッケルハルパのヨハン・ヘディンが来日して、東京/所沢/川西でコンサートをやったり川西のカフェでは私自身がゲストとして一緒に3曲歌ったのは、随分前にここに書いた。
コンサート@所沢についてhttp://fromayako.exblog.jp/5415462/
川西のゲスト出演についてhttp://fromayako.exblog.jp/5698663/

どちらもかなり好評で、無事に終了し、本当にほっとしているところ。会場に来てくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。

書いてなかったんだけど、実はそれだけじゃなくて、ヨハンとは川西のコンサートの翌日大阪で録音もした。"green"のリリースも決めていないので、今回の録音はきっとその後にリリースするかなあ、と思いながらの録音。

一曲は『今のわたしに』
スウェーデンのトラッド曲に私がトモダチの日記を読んでインスパイアされて書いた日本語の詞を載せたもの。ヨハン編曲。ロングダンスという種類の踊りの曲をテンポをずっと遅くして、ニッケルハルパと歌だけの録音。ロングダンスというのは、隣の人と手をつないで、長ーい列になって部屋の中をステップを踏みながら先頭のリーダーの後を追って動くダンスらしい。実は川西のコンサートではこの曲も歌った。会場の中に曲のメロディーをしっていらして、口ずさんでいらした方達もいらっしゃったので、かなり知名度の高い曲なのではないかと思う。

録音は、ニッケルハルパと歌の同時/一発録音。向かい合って座り、とってもリラックスして歌うこと/演奏することができた。

もう一曲は、『はらはらと ゆらゆらと』
これは作詞作曲ともに私。一昨年秋に大好きなギリシャの友人を癌で亡くした。その傷がなかなか癒えなくて、思い出す度に今でもじわっとしてしまうのだけど、ようやく曲と言う形にできるところまで心がしゃんとしてきたのだと思う。

録音は、ヨハンと録音する前に、東京にてtico moonというアコースティックギターとアイリッシュハープのデュオのお二人とベーシックトラックを録音をしてあって、それにニッケルハルパをオーバーダビングしてもらう、という形。ベーシックトラックの部分は同時/一発録音。10月某日、下北沢にあるラカーニャという大好きなカフェバーのお昼間の時間を貸してもらって録音したもの。もちろんブースもセパレーションもないから、実は私は念のためトイレで歌ってる(笑)。だから、かなりトイレリバーブが歌にはかかってるけど、まんまで鳴ってるから取れないんだよね。tico moonのお二人はずっと好きで、いつか一緒に録音したいなあ、と思っていたから、この機会に実現してとってもうれしい。また機会を見つけてご一緒したい!ライブなんかもいいねえ、とそのとき実は盛り上がった。

それだけでもかなりいい感じだったので、更に、その上にヨハンのニッケルハルパが加わって私としてはとても満足。

ここまで説明してようやく今日のblogのタイトルなんだけど、この二曲が帰国したヨハンが受けたラジオインタビューの中で、「日本での活動の紹介の一部」として紹介された、というわけ。(もちろん私サイドの了承済み。ラフミックス)

スウェーデン語わからないので、何を話しているかわからないのだけど、「日本ではコンサートやって、ニッケルハルパのワークショップして、どちらも凄い盛況で、日本のシンガーのHaLoと録音もしたんだ」ってなことを言っているんじゃないかと想像(←誰か分かる方教えてください!)スウェーデン語がわかる方にはこのラジオインタビューも面白いと思うのだけど、言葉がわからない人にとっても、まだまだリリースはきっと先になるこの2曲の一部が流れるので、一足先に聞いてただけたらと思う。

スウェーデンのラジオSR
タイトルはJapansk sång med det svenskaste instrument som finns - nyckelharpanイメージ的に、日本人がスウェーデンのインストの曲を歌ったってな感じ?←勝手な想像ですが(笑)。
どんどん下がって行ってしまうみたいなので、I programmet 15 november 2006のところをご覧下さい。10月15日放送だったはず。
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/6121614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from from ayako at 2006-11-30 18:12
タイトル : 神戸でヨハン・ヘディン(ニッケルハルパ)と共演します
またまたお久しぶりになってしまった。 この間も色々な人たちに出会い、いろいろなモノを見て、色々なことを感じて来たけど、そのスピードがブログに間に合わない。 そのうち少しずつ、と思ううちにあっという間に時間が過ぎる毎日。 一つ早めにお知らせをしておこうと思う。 前回、「是非来て欲しいコンサート」というポストでスウェーデンのニッケルハルパ奏者、ヨハン・ヘディンの所沢でのソロコンサート2006年10月28日(土)のお知らせをした。(15人限定のワークショップの方はあと2席残すのみ。今のところ...... more
Tracked from from ayako at 2006-11-30 18:12
タイトル : 是非来て欲しいコンサート
1999年、ひとりのニッケルハルパ奏者が来日し、スウェーデン大使館で演奏した。1枚目のソロアルバム”angel archipelago(試聴あり)”(ワーナーから『天使の島々』というタイトルで日本盤も出たけど日本盤は廃盤みたい)をリリースしたばかりのJohan Hedin(ヨハン・ヘディン)だった。 このとき幸運なことに私はその場にいて、間近に演奏を聴くことが出来た。そしてニッケルハルパというそれまで見たこともない不思議な楽器のルックスと微妙な響きを持つ音、ヨハンの演奏に全くヤら れてしまった。...... more
Commented by Rieko at 2006-11-30 23:45 x
15にちの番組にたどりつけません(涙)。
聴きたいのに。
Commented by ayako_HaLo at 2006-11-30 23:58
>Riekoさん
真ん中の部分を下に下がってみてください。
ヨハンの写真があります!
Commented by hiroyama at 2006-12-01 04:07 x
コンサートにとてもとても行きたかったので、演奏を聴けてとてもうれしいです。ウェブラジオかあ...いい時代です。
ニッケルハルパ、丁寧な音のつぶつぶの響きがとても素敵ですね。ayakoさんの声とよく似合っていて心地よいです...トイレって妙に落ち着くよなーなんておかしな想像をしてしまいました(笑
Commented by ayako_HaLo at 2006-12-01 21:26
>hiroyamaさん
生で聴いていただきたかったけど、確かにいい時代ですよね。
ニッケルハルパ、確かに音のつぶつぶがありますね。
共鳴弦がついているので、クリスタルクリアーな音じゃなく、
味わい深い音になります。

トイレは確かに落ちつきますな(笑)。
by ayako_HaLo | 2006-11-30 17:45 | HaLo news | Trackback(2) | Comments(4)