制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

鳥のパラダイスおじさん

今日、乗換駅で、慌てて電車に飛び乗ったら、
一カ所少し狭いながらも席に空きがあったので
おずおずとその前に行って「すみません」と座らせてもらった。

結構人がたくさん乗っている状態の電車で、
座席がそこだけ空いている場合って、
他の人たちは意識的にか、無意識にかはわからないけど
何となくこの人の側に座るのをためらったのかなあ、
と思うこともあるんだけど、
私は、よっぽど「いやーな気」を発していて、
自分がその影響を受けちゃいそう、とまで思わない限り、
「すみませーん」と言って座っちゃう。

引っ越してから、電車時間が長くなったのもあると思う。
座ったらゆっくり本読めるしね。
順調にオバサン化しているっていうのもあると思う(笑)。

で、今日の場合は、恐らく、隣に座ることになったおじさん。
つばのある帽子、色の濃いサングラス、顔の半分を覆うひげ。

そして、
「すみません」と言って座ろうとした時にちょうど気づいたのだけど
おじさんの膝の上に置かれた小さな籠の「フタの上」で
白い文鳥くんが自由にのびのび動き回っていて、
目が合った。

籠のフタの上ってことは、もちろんどこにも繋がれてないし、
つまり電車の中で放し飼いになってて、
のびのびとあっちこっちストレッチ運動したり、
足で体をガリガリ掻いたりしていた。

つい
「飛んじゃったりしないんですか?」
と話しかけてしまい、それからおじさんが先に降りるまで
20分くらいずーっと話し込んでしまった。

おじさんは、15階建てのマンションを持っているんだけど、
その14階と15階のフロアを自分で使ってるそうだ。
そして、その屋上では、数十羽もの色々な種類の鳥を
「放し飼い」にしているんだとか。

エサをあげるときには、飼ってる鳥たちだけじゃなく、
その辺一帯の鳥たちが集まるみたいで、
体中に何羽もスズメが停まったり
普段、都会では見かけないような鳥たちも集まって来るので
おじさんもそれぞれに応じたエサを用意しているらしい。

屋上にはポリバケツが90個くらい置いてあって、
それ全てに水が張ってあり、ボウフラを湧かせ、
メダカや金魚を飼って、それらが鳥のエサにもなっているし、
カラスには、余り物の唐揚げをもらって来て、
マヨネーズ和えにして出してあげたり、
まー、鳥の立場から見ればパラダイスな屋上みたい。

話を聞いていると屋上がビオトープなんだよね。
植物をどれくらい植えているかまでは聞かなかったけど。

都会でパーマカルチャーのアイデアとして
「屋上」はとっても利用したい。

ちょっとだけ変わった雰囲気のおじさんだったけど、
連絡先聞いておけばよかったかなあ(笑)。

おじさんちの目の前にはゴミの集積所があるらしいんだけど、
この集積所はネットをかけたりしてないけど、
カラスに荒らされたりすることは全くないんだって。

もっと美味しいもの食べてるから当たり前かもしれないけど、
きっとおじさんのとこだって判ってもいるんだろうなあ。


ちなみに、おじさんの膝の上にいた文鳥も
屋上で放し飼いにしているコで、
これから一緒に公園にお散歩に行くところだった。
電車の中で飛び回ったりすることはないんだそう。

公園では放すと勝手に飛んで行くんだけど、
帰る時には戻って来るんだって。
おじさんがいたずらして隠れているときには、
隠れているって判ってて出て来ないんだよ−、
とすごい嬉しそうだった。

あーあ、カメラ持ってなかったのがホントに残念。
また会えるかなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/6543063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by spoonful at 2007-03-01 23:02 x
僕も会いた----い!
Commented by ayako_HaLo at 2007-03-02 15:51
>spoonfulさん
ふふ。私もまた会いたーーい。
by ayako_HaLo | 2007-02-28 21:45 | thoughts | Trackback | Comments(2)