制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

テーマ曲を歌っている番組でナレーションしました

HaLoの「やさしい光」をテーマ曲に使って下さっている
テレビ番組が二つあります。

一つは、フジテレビの『一葉の想い』
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/hitoha/index.html

5分で一通のお手紙を紹介するこちらの番組は、
毎週、ナレーションもさせてもらっています。

もう一つは、全国民協教系列の『いきいき!夢キラリ』
http://www.tv-asahi.co.jp/yumekira/

ちょっと先のことになりますが、この番組で2月頭に放送の
ドキュメンタリーのナレーションをさせてもらいました。
静岡放送制作で、浜松市にお住まいの
聴覚障害を持ったマラソンランナーが主人公の番組でした。

これまた色々と考えさせられた番組でした。

★★
http://www.minkyo.or.jp/01/2007/10/0172172.html
第172回 それでもぼくは走り続ける〜47回目のラストスパート〜
2008年02月02日(土)(テレビ朝日OA) 静岡放送制作
全国の放送日時はこちらをご覧下さい

静岡県浜松市在住の永井恒さん(51)はこれまで46都道府県の市民マラソンで優勝。2007年、岡山県でのレースに挑戦して、全都道府県制覇を狙います。「うれしいことに、ぼくは、多くの大会で沿道からたくさんの声援をいただきます。そんな皆さんの温かい“心”は届くのですが、残念なことに、ぼくにはその“声”を聞くことはできません」。永井さんは生まれつき耳が聞こえません。聴覚障害を持ったランナーです。人生はよくマラソンに例えられますが、永井さんが走り続けてきた道も、決して楽なものではありませんでした。障害を理由に結婚が破談、音のない世界で味わった孤独な都会での暮らし、そして、一人息子の小児がん・・・。これまでに数々の困難や挫折を経験してきた永井さん。しかし、走ることでいつも逆境を乗り越えてきました。番組では、永井さんの波乱に満ちた人生を振り返りながら、残りひとつとなった岡山県での挑戦<ラストスパート>を描きます。


★★

ちなみに、この『いきいき!夢キラリ』は、
これとは別の番組ですが、
12月28日から1月末までインターネット上で
一作品、見ることが出来るようになっています。
http://dogatch.jp/special/kirari/index.html

見始めたら釘付けになって最後まで見てしまう番組でした。

見て、更にアンケートに答えると、
抽選で30人に3000円の図書券が当る、
ということみたいなので、お知らせ。
私も応募しちゃいました(笑)。

★★

2008年もすぐそこ。
今日は、おせちを作って過ごします。
みなさま、今年もお世話になりました。
また来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/7882230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayako_HaLo | 2007-12-31 01:32 | HaLo news | Trackback | Comments(0)