制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

近況報告と近い未来の話

茨城に引っ越して来て、そろそろ3ヶ月が経ちます。
相変わらず、ゆったりと忙しくしていて、
日々のご報告も出来ていませんが、
ここらで、まとめてご報告を。

近い未来の話。

■9月21日(日)
シブヤ大学という企画の一部として、
暮らしの中のハテナから続く未来を考える
〜日本版エコビレッジ・デザイン・エデュケーションEDE〜
というタイトルで話をさせていただくことになっています。
http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=241

お陰さまで、抽選までに定員以上のお申し込みをいただいたそうで、
抽選の上、既に参加いただける方には
ご案内を出していただいたそうです。
現在、がんばって準備中(笑)。


■9月24日(水)
いつもお世話になっている音楽評論家北中正和さんの
「音楽は誰のためにあるのか」というタイトルの講義の一部として
アカペラで、2-3曲歌わせていただく予定。
練馬公民館主催で、区民で65歳以上のシニアの方を対象にした
寿大学という講座の一部らしく、
何を歌おうか、最終決定中。
自分の歌とともに、恐れ多くも美空ひばりさんの歌を歌おうか、
とも考え中。


■9月27日(土)
うちでオープンハウスを計画中。
詳細はのちほど、また。


■10月16日(木)
何年か司会をさせていただいているJASRAC(日本音楽著作権協会)主催の
ミュージックジャンクションというワールドミュージックをご紹介する
イベントで、司会予定。
http://www.jasrac.or.jp/culture/schedule/2008/0710.html#02
今回は、2008年10月16日(木)19:00〜20:45
テーマ『アラブ古典音楽の魅力』
 アラブ古典(芸術)音楽を中心に、歌や器楽のさまざまな形式、旋法、リズムなどアラブ音楽の特質を概説しながら、主要な作曲家や芸術家、優れた作品の数々を紹介する。
講師: 松田嘉子(ウード奏者・多摩美術大学教授)
演奏: ル・クラブ・バシュラフ
http://www.arab-music.com/le_club_bachraf.html


更に、来年、2009年2月5日(木)19:00〜20:45
テーマ『森の息吹と共に呼吸する北欧の伝統音楽』
 森と湖に囲まれ、そして白夜が訪れるおとぎの国。そんな北欧圏の伝統音楽を、演奏や北欧文化の話も交えて分かりやすく講義する。
講師: 浜島広樹(ノルディック・ノーツ)
演奏: 大森ヒデノリ(フィドル奏者)
http://www.omorihidenori.com

も予定されてます。
現在、どちらも申し込み受付中。


★★★


せっかくなので、
自分が関わっていなくて、行きたいなあ、行けたらいいなあ、
行こうと思っているイベントやコンサートのお知らせも。

■9月19日〜21日
高橋悠治さんの70歳のお誕生日祝いを兼ねたコンサート。
---------------------------------------
「トロイメライ——子供の情景(2008)」
如月小春原作(1984)によるポータブル・シアター
9月19日(金)19.00
  20日(土)19.00 
  21日(日)15.00
シアターイワト(神楽坂)
http://www.theatre-iwato.com
30分前開場
入場料:4,000円(予約/当日とも)
自由席/100名限定

高橋悠治:構成、台本、作曲、ピアノ

白く明るい 言いようのない痛ましさ 少年の心にひろがる空白を いまにも切れそうな細い糸でつなぎとめて いのちの側へとひきもどす少女の物語を 断片となったことばと音と沈黙の織物として再構成し 数年前にこの世界から消えてしまった如月小春の影を追う夜の航海

Ayuo:声、ギター
遠藤良子:サキ
鈴木光介:カイ
梶屋一之:人類

音響:島猛/協力:水牛/制作:シアターイワト

予約メール:haru@jazz.email.ne.jp(←@が大文字になっています)
【問】03-5228-6403 

--------------------------

■10月3日(金)
駒沢裕樹+田村玄一によるダブルペダルスチールギター奏者のコンサート
@マンダラ2(吉祥寺)
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
18:30/19:30 2800円/3000円+drink 前売券店頭発売 9/3〜
予約:p_steel@infoseek.jp(←@が大文字になっています)


■10月7日(水)
サステイナブル・コミュニティづくり講座
http://www.pccj.net/community/2008/04/49.html#more
第6回 10/7(火)18:00〜20:30 (開始時間が異なります)
  テーマ「コミュニティと家族、暮らし、再生」
      アマゾン先住民メイナク族と小チベットと言われるラダックの
      の記録映像を鑑賞し、ヒトとして、共同体として生きる原点を、
      共に考えてみましょう。
第7回 11/4(火)18:30〜20:30
  テーマ「コミュニティと経済」
一般1,500円、 PCCJ会員・学生 1,000円
@EPO環境パートナーシップオフィス(渋谷)


■10月12日(日)/11月22日(土)/12月13日(土)/2009年1月24日(土)/2月21日(土)
日本の有機農法講習会
「茂木ゆうきの里づくり協議会」では、有機農業の普及・定着を図るために、国の有機農業総合支援対策(地域有機農業推進事業)を活用して各種事業を取り組んできています。取組の一つとして、有機農法による野菜づくりの考え方を学ぶべく、下記のとおり、講習会を 開催します (全5回シリーズ)。

当協議会の会員が参加する講習会でありますが、この取組については近隣の有機農業者などにも幅広く参加して活用していただきたく、ご案内させていただきます。

お知り合いの有機農業者などにもお声かけていただきまして、多数のご参加お待ちしています。

1 講習会の内容、開催日時 下表のとおり
2 開催場所 1 茂木町町民センター
      2 鯉渕学園農業栄養専門学校
3 参加方法 原則、事前申込。現地集合
4 参加料 無料 (但し、テキスト代として、 3000円(事前申込による会場での購入額)必要となります) 使用テキスト: 解説)日本の有機農法 (筑波書房)
5 講習会指導者 鯉渕学園農業栄養専門学校
6 参加申込・お問い合わせ先 協議会事務局 松井ファーム(0285-65-7028(Tel/Fax兼) (E-Mail stonepine@msb.biglobe.ne.jp) ←@が大文字になっています

★ ★研 修 会 開 催 予 定
10月12日(日) 有機農業における土づくりの技術 2鯉渕学園
11月22日(土) 作物管理の技術 1茂木町
12月13日(土) 病害虫回避の技術 2鯉渕学園
1月24日(土) 有機農業と連動させる資源循環、 省エネルギー 1茂木町
2月21日(土) 「不耕起栽培」の可能性 環境保全とゾーニング 1茂木町

★ 各回、午後3時~午後5時 まてでの開催となります。
全回を通じてテキストに沿った講義になります。事前もしくは会場でお買い求めください。 茂木ゆうきの里づくり協議会 会長 高田 信廣
[PR]
トラックバックURL : http://fromayako.exblog.jp/tb/9513001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayako_HaLo | 2008-09-17 02:22 | HaLo news | Trackback | Comments(0)