制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 10 )

b0024339_21301583.jpg

BS1スペシャル「ハミルトン 大ヒットミュージカルが問うアメリカ」

ナレーションしました。
プワホワイトの問題、マイノリティが特権を持ってることへの不満、
さまざまなことが、蓄積してきている感じは、
世界的に共通する気もしました。

-----------------
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-04-09/11/14088/2899050/
いまブロードウェイで話題沸騰の「ハミルトン」。カリブ海から移民してアメリカ建国の父となったアレクサンダー・ハミルトンの生涯を描いた作品だ。オバマ元大統領などが絶賛するこのミュージカルに対し、トランプ支持者たちはボイコット運動を繰り広げている。去年11月にペンス副大統領が観劇した際には客席からブーイングで起きて大騒動となった。移民問題によって分断が進むアメリカ社会の現状を「ハミルトン」を通して描く。

[PR]
by ayako_HaLo | 2017-04-07 21:32 | Trackback | Comments(0)
b0024339_00220695.jpg

7月29日(金)19:30〜20:43 中国地方のNHK総合で放送のNHK広島放送局制作の「被爆前夜の広島で…」のナレーションをしました。

戦争に入る前の広島の街の様子が、戦争が始まってから一変するも、そこには、ささやかな毎日の暮らしがあったことが、被爆者の証言から伝わってきます。ご覧ください。

---------------------------------------------------

平和記念公園で被爆遺構の掘り起こしが進む中、原爆投下前の広島の姿に注目が集まっている。 今回NHKでは、被爆前夜の様子を記録した「被爆体験記」や被爆前の街の姿を捉えた「写真」など、失われた街の貴重な記録を改めて検証。 街はどんな姿をしていたのか、そこにどんな暮らしがあったのか、人々は"前夜"をどのように記憶しているのか…。 新たな証言とともにみつめ、一瞬にして日常を奪われた人々の思いに二部構成で迫る。

 第一部は「"投下予告"~8月5日 市民の記憶をたどる~」
 被爆者が書き残した原爆の体験記の中に、「もうすぐ広島は焼け野原になる」といった米軍による原爆投下の予告があったという手記が複数残されている。 徹底した情報統制で米軍からの投下予告はなかったはずだが、なぜそうした記述があるのか。体験記や証言を残した被爆者の今をたどり、その証言に込めた思いに迫る。

 第二部は「そこには確かに"暮らし"があった~写真でよみがえる廣島~」
 7年前廿日市市内で、広島市内の川で泳ぐ子供たちや人々でにぎわう商店街など被爆前の広島の街や人々の姿を撮影した1万点を超える写真がみつかった。 被爆直前まで普段と同じように暮らしていた市民の様子を写真と映像そして証言でたどり、一発の爆弾で"日常"が奪われる戦争の悲惨さを伝える。

再放送は翌30日(土)朝10:05〜11:18

http://www.nhk.or.jp/hiros…/hibaku71/program/program_07.html



[PR]
by ayako_HaLo | 2016-07-28 00:23 | Trackback | Comments(0)
イベント自体の23日(土)の宿泊はいっぱいになりました。
その他の日の宿泊もお問い合わせください。
味噌玉をご自宅で熟成していただくのはまだ可能です。


末尾のトピックを中条村農業お手伝い隊のコミュに書き込みました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2427695

これは、私が去年の夏に立ち上げたコミュニティなんですが、
今年はチャレンジとして村の共同作業場の発酵機で
玄米麹を仕込んでみようとしています。
ただ、大きな機械なので、出来上がりの量が半端でなく、
70〜105kgほど出来てしまいます。
でも、みんなで分けたら少しずつだなあ、と思って、
家で熟成させたい方を募集します。

もしも、味噌仕込み含め、農業お手伝い隊にご興味がある方は、
コミュニティ自体に参加してみて下さいね。

自宅熟成にご興味ある方は、以下、よく読んでコメントください〜。
それほど多くないかもしれませんが、リスクも少しあります。


http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=26622672&comment_count=5&comm_id=2427695
2月の作業日に味噌と醤油を仕込もうとしています。

 2月22日(金)23日(土)24日(日)

醤油の方は大きな樽に入れて、2年寝かす、という代物なので、
参加いただいただいた方たちで、少しずつもって帰ってもらう、
というのは難しいかな、と思っていますが、
味噌なら過去2年間少量持ち帰りの実績もあるので、
可能かなあ、と思っています。
  お持ち帰りの味噌は、秋口以降には食べていただけます。

今年の味噌は、ちょっと実験的に玄米麹(厳密には玄米ではなく、
8分ヅキくらいのお米になります)を麹から仕込もうとしています。

この麹の仕込みはかあやんも経験がなく、
ちょっと実験的になってしまうので、
必ず出来る!という保証はありません。
が、まあ、出来るんじゃないかな、と思っています。

そこで、このリスクを負った上で、
玄米味噌の味噌玉を持ち帰って、
自宅で熟成させてみよう〜、という人たちがどれくらいいるのか、
知りたいと思ってトピックを立てました。

実は、今年とうやん、かあやんのところの大豆の作付けが
例年より少なくて、また、うちで収穫した大豆も、
味噌と醤油分、発酵機二つ分をいっぱいにするほどの量にならず、
友人から有機大豆を15kg〜25kgほど購入しようとしています。

大豆だけで、1300円/kgということなので、
結構な額になりますから、注文してしまう前に、
みなさま、どれくらい欲しいか、というのを計算に入れたいということです。

味噌玉何キロを持ち帰るか、に応じて
(また施設の使用料なども含めて)
経費を頭割りにしたいと思っています。

味噌作りの日の、最終日に中条村にいてもらえたら、
その日のお昼には味噌玉が仕上がりますので、
計ってお持ち帰りいただけます。

また、たとえ味噌作りの日に参加できなくても、味噌玉だけ購入して
家で熟成させるよ、という人がいれば、何キロくらい欲しいか、
表明して下さい。

その場にいらっしゃらない場合は、送料もご負担いただいて、
お送りすることになると思います。

みなさまの反応によって、大豆を15kg〜25kgのうち
どの程度購入するのか決定しますので、
★1月30日(水)★までに返信をお願いします。

出来上がりの総量によって、施設使用料、種こうじ代などの
頭割り金額が変わりますので、
目安ですが、味噌 1kgにつき、600円くらいかな、と想像しています。
お送りする場合の手間を考えて、3kg以上1kg単位でどうでしょうか。

全体量として70kg〜105kgくらいの味噌玉を作る感じになりますので、
万一、希望多数の場合は(笑)、相談しましょう〜。


◎注意点:熟成するうちに、表面に白いカビが生えてきたり、
食べられない部分が発生してしまうので、
食べられる分量が多少目減りすることをあらかじめお伝えしておきます。
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-01-07 01:14 | Trackback | Comments(0)

OPEN HOUSE 10月7日or8日

OPEN HOUSEは実はずーっと前から、やろうやろうと思っていた。
いろいろなことを考えていたし、
いろいろなことも試したいと思っていた。

だけれども、かなり毎日忙しく、
ちゃんと準備したり、ちゃんと計画したり
ちゃんと時間を作ったり、ということがなかなかできずに
実現しないまま何ヶ月も過ぎていた。

逆にここのところ、
日記を書く時間もない程忙しくなったので、
どーせ家でやること/やりたいこと/やらなくちゃならないこと
があるんだから、そのことを一緒にやろうか〜って
軽い気持ちで先週末呼びかけてみた。

誰か来たら一緒にやったらいいし、
誰も来なくてもどっちにしてもやるんだし、
それでいいじゃないか、と思って。

誰か保存食作りに来ませんか?
と声をかけてみたら、
遠いのに久喜まで4人も来てくれて、
結果的にとっっても楽しかった。

手はせっせと動かしながら(栗の渋皮煮のための鬼皮むき)
口は、ほとんど「問わず語り」。
来てくれた人たち同士は全く面識がなかったけれど、
何だか身の上話みたいなことまで飛び出して、
ある意味でとても濃い時間だった。

そうなのだ。
優雅にお茶を飲みながら、お話しするのもいいけれど、
手仕事をして手を動かしながら、
色々な話をする時間って素敵なものだ。


今度は10月7日or8日。
どちらかより多くの人が来れそうな日に設定しようと思う。

やること/やりたいことのリストは、
 2×4材でCD棚を作る
 マロングラッセ(週末前に再度栗が収穫出来たら)
 自家製天然酵母のパンorベーグル
 柿酢仕込み
 豆腐作り
 スタイ(よだれかけ)作り
 マリーゴールドの種ほぐし
 胡麻の実の選別

きっとまだ出てくると思うけど、とりあえず。
この中でどうしてもコレやりたい!
というのがあれば、それをやるし、
なければ優先順位の高いのからやらせてもらおうと思う。

もしも10月7日(日)or8日(祝)に久喜のウチまで来る気のある方、
いらっしゃったら、コメントにてご連絡下さい。

日時:10月7日(日)or8日(祝)13:00-22:00頃まで
    どっち希望かお知らせ下さい。
    同数の場合は翌日休みの7日(日)にします。
    前回も結局ほとんど終電でお帰りだったので。
最寄駅:久喜(湘南新宿ライン宇都宮線or東武伊勢崎線)
徒歩13分ほど。

こんな場所なんで多すぎて困るってことはないと思いつつ、
作業する関係上、限度は3人くらいで(笑)。


★★注意事項★★

何度か言っているんですが、
恐らく過大な想像をされている方もいると思うので
再度お伝えしておきます。

家自体は特に見るべきところはありません(笑)。
ごく普通の、いわゆるチープな平屋の一軒家です。
新建材バリバリで、夏暑くて冬寒い超薄い壁。
しかも、家の中は種やら乾物やら
保存食のビンやらが散乱してかなり雑然としています。

OPEN HOUSEというのは、単に
「誰か特定の人をお招きするのではなく家を開放します」
という程度の意味です。

ゆるーく遊びに来ていただいて、
私の家でやることになっている作業を
一緒にやりましょうか、という感じで考えていて
それ以外の仕掛けも、何もありません(笑)。

一人でいてもやらないといけない作業を
せっかくならおしゃべりしながら一緒に、ということです。

ということでご理解の上、いらしてくださいね(笑)。

ごはんは一緒に食べよう〜と思いますが、
別段「おもてなし料理」でもありません(笑)。


★★注意事項2★★

持ち物について。
マロングラッセを作ることができるようだったら
栗の皮をむくために使い慣れた包丁はあったほうがいいかな。
あとはお持ち帰りされるようならそのためのタッパーかな。
何か持ち帰れるものが存在するかどうかわかりませんが(笑)。

エプロンとかつけたい場合はお持ち下さい。
私は普段は何もつけないので用意はありません。

大工仕事する場合は、木屑とかが飛ぶので、
汚れてもいい服装で。


★★前回の報告★★
写真はウスターソースからお好み焼きソースに変わったもの
参考にさせていただいたページ
ウスターソースの作り方(男の趣肴)
材料を刻んで鍋に。
 トマト
 人参
 ニンニク
 ショウガ
 煮干し
 椎茸
 昆布
 タマネギ
 ミカンの皮
 デーツ
b0024339_1283948.jpg

スパイス投入
 黒こしょう
 クローブ
 月桂樹
 シナモン
 タイム
 七味唐辛子
b0024339_132410.jpg

 醤油
 りんご
 米酢
 砂糖
 塩
を加えてさらに煮てからミキサーへ
b0024339_1344335.jpg

粗い目のザルで裏ごしして
b0024339_1354470.jpg

煮沸したビンに詰めて、脱気
b0024339_1362754.jpg


一緒に作った栗の渋皮煮とともに瓶詰め完成
b0024339_1372291.jpg

[PR]
by ayako_HaLo | 2007-10-02 01:22 | Trackback(2) | Comments(0)
またまたお久しぶりになってしまった。
この間も色々な人たちに出会い、いろいろなモノを見て、色々なことを感じて来たけど、そのスピードがブログに間に合わない。
そのうち少しずつ、と思ううちにあっという間に時間が過ぎる毎日。

一つ早めにお知らせをしておこうと思う。

前回、「是非来て欲しいコンサート」というポストでスウェーデンのニッケルハルパ奏者、ヨハン・ヘディンの所沢でのソロコンサート2006年10月28日(土)のお知らせをした。
(15人限定のワークショップの方はあと2席残すのみ。今のところフィドルとニッケルハルパでの参加の方達ばかり、とのことだけど、それ以外の楽器でもOK。何台かのニッケルハルパのワークショップ風景っていうのも私は個人的に楽しみ。見学も受け付けてるので、興味ある人はどうかな?コンサートの方はあと半分ちょっとくらい席があるので、迷っている人も是非!この距離でこの少人数で聞けるってなかなかないチャンスだと思います。私に連絡して来てくれてもいいです〜)
彼は翌日関西に移動して神戸でもう一つコンサートを行うのだけど、そこで私もゲストとして何曲か歌うことになった。何をやるか現在ヨハンとやり取りしているところ。ニッケルハルパと歌だけなんてちょっと楽しみ〜。

b0024339_025560.jpgb0024339_032225.jpgb0024339_033546.jpg関東で、ここしばらく開催されているイベント「スウェディッシュ・スタイルin関西」の一環として。コンサートの会場は、古民家を改装したカフェのようで、何だかとってもいい雰囲気(ここにあげた写真を見せていただいただけなのだけど、いい感じでしょ?)。

詳細は以下。興味ありそうな方に転送大歓迎。
詳しい情報はハーモニーフィールズのHPスケジュールで
10月29日(日)は神戸でお会いしましょう〜。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Swedish Style in KANSAI 2006
トリプルトリップ SWEDEN楽園パスポート デザインと音楽、食の旅

● Rakuen楽園トリップ1—音楽の旅 〜オープニングパーティ〜
タイトル「日本の古民家とスウェーデンの民族楽器の饗宴」
 インテリアデザイナーのオーナーが自ら古民家を改造した、大人の隠れ家的カフェ「HANARE」で、スウェーデンの伝統楽器「ニッケルハルパ」の音色を楽しんでいただきます。演奏するのは、今北欧トラッド界でいちばんクールなニッケルハルパ奏者として名を馳せる、スウェーデン人作曲家のヨハン・へディン。DJ兼オープニングアクトとして、FMcocoloでパーソナリティを務め、番組でも「北欧音楽」を広く紹介しているYANEKAが北欧の音楽の魅力や、ニッケルハルパについてヨハンにインタビューを行います。ヨハンとアルバム共演した音楽家で写真家のayako(HaLo)もゲスト出演します。

*ヨハン・ヘデイン Johan Hedin—12歳よりニッケルハルパを演奏し始め、23歳にして「リクススペルマン」(スウェーデン政府から優れた音楽家に与えられる名誉称号)を獲得。ワーナーからソロ・アルバム『天使の島々』をリリースし、1999年、初来日を果たす。
 —場所)ギャラリー&カフェ HANARE(ハナレ)
    〒666-0017 兵庫県川西市火打2-15-24  tel:072-757-0922
 —日時)2006年10月29日(日) 開場:17:30 開演:18:00
     *会費 5,000円 1ドリンク&ワンプレートスウェーデン料理
 —お問い合わせ)ハーモニーフィールズ 担当/寺田(てらだ)tel:072-774-8838
e-mail:terada@harmony-fields.com
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-09-17 00:06 | Trackback(2) | Comments(15)
最近は、遠方からお葬式に出る人たちがいる関係で、お葬式の時にまとめて初七日の法要までやってしまうことが多いんでしょうね。
今回もお葬式の後、出棺、火葬場を経て、お寺に移動して、初七日の分までお経をあげていただきました。
祖母のところの宗派が浄土真宗で、意識のある浄土真宗のお葬式は初めてだったんですが、お経の一部が「歌」なんですね…。
しっかりとメロディがあって、しかもそのメロディがかなりモダンな感じがして、驚きました。
いつ頃、どんな風にあのメロディがついたんでしょうね…。
その宗派の付属高校では、「合唱隊」みたいなものも組織されているという話も今回聞いたし、かなりキリスト教の賛美歌と近いものを感じました。
まったく知らなかった…。

葬儀を終えて…
[PR]
by ayako_HaLo | 2004-10-08 00:39 | Trackback | Comments(0)
祖母は、とても静かに逝ったそうです。
今は、棺の中で眠っているようです。
私も今は安らかな気持ちです。明日はお葬式。

天気もよくて、久しぶりに親戚家族一同そろっていて、少し幸せな気持ちもしています。
最後に間に合わなかったのは本当に残念だけど、きっと祖母は今幸せなはず。
良かったね、おばあちゃん。
[PR]
by ayako_HaLo | 2004-10-01 00:28 | Trackback | Comments(0)
たった今、祖母が旅立ちました。
母からの電話でした。
私が帰るまで何とか待っていてほしかったんですが。
あと半日で良かったのに…。

とにかく、明日佐賀に帰ります。
こんな書き込みばかりでごめんなさい…。

大事に大事に育ててくれた祖母でした。
[PR]
by ayako_HaLo | 2004-09-29 22:35 | Trackback | Comments(0)

佐賀に帰ります

ここ数日はもしかしたら、読んでくれている方にはご心配おかけしていたかもしれませんが、だいぶ元気になりました。
泣き方が変わりました。
涙を流すたびに「ありがとう」という気持ちです。中がきれいになっていくような、ちょっと強くさせてくれるような、繋がってるような、スピリチュアルな感じです。慰めてくださっている方達も、本当にありがとう。

で、突然実家に帰る理由ですが…(今朝チケットを取りました)
小学校卒業するまでは親と過ごすより長く一緒にいたので、私はすごい「おばあちゃん子」なんですが、その大好きな祖母の容態が良くないと…。
この前のときは、私が帰ったときは元気になったので、今回も元気になってくれたらいいのですが。
来月長期タスマニアに行ってしまうので、後で「最後になぜ会いに行かなかったんだろう…」なんて悔やむのは嫌なので、一目だけでも会って来ます。人物認識が怪しくなっているらしいので、私をわかってくれたらいいんですが…。

周りでも近しい人たち(やずっと一緒にいた犬)を亡くしている人たちがちいます…。
そういう時期なのかもしれません…。

東京は雨が降っています。
[PR]
by ayako_HaLo | 2004-09-29 19:35 | Trackback | Comments(0)
b0024339_1453093.jpg自分でブログを作ってからは自然に他の人のブログページを見ることが多くなって、まぁ、もちろん大幅にデザインを変えて自分で作っちゃうようなそんな高度なこと(笑)は横に置いておいても、自分の恐ろしく長いポストが巻物みたいにトップページに表示されるのは見にくいなあと思ってた。

他の人たちのページはヘッドラインみたいな内容だけ表示させて、それ以下は「続きを読む」とかをクリックしたら読めるようになっていて、初めて覗いたページでも「ざぁっと」読めるように作られていて「カッコいいな」と思っていた。

そのうち誰かに聞こうと思いつつ、いつものことで「後回し」にしていたことだったんだけど、この度、偶然「発見」(笑)!

b0024339_1455939.jpg「投稿」する画面の中に「More」というチェックボックスがあって、そこをチェックしたら二分割画面になって「続きを読む」だろうが、「read more」だろうが、表示させたい言葉で簡単に区切れるようになっているではないですか!

も少し読んでみる
[PR]
by ayako_HaLo | 2004-09-24 02:02 | Trackback | Comments(2)