制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:mac( 17 )

昨日の夜、突然、PowerBookのほとんどのキーを押しても文字が打てず、
ところどころ、意味不明の場所で数字だけが出て来る、
という症状が現れた。
しかも、心なしか、HDが不穏な音を立てているような…。

【コマンド+C】=コピーなどの操作も出来なければ、
会員ページにログインするときのパスワードも打ち込めない、
クリックとツールバーの中にあるコマンドだけしか使えず、
相方のパソコンを借りてwebメール上からメールの返事を書いたり
メールを読んだり、調べものをしたりしていた。

引っ越しの荷物に紛れてまだ見つからない保証書を見つけたしたら、
ソフマップのワランティを使って修理だなあ、
都内まで持って行って、
何日くらい帰って来ないんだろうなあ、
と思いつつ、昨晩は、HD全体のバックアップを取ったりして、
準備を着々と進めていたところ…。

キーボードの真ん中上に、「きらーん」と光る緑色のランプを発見。
「F6 num lock」と書いてある…。

ん?
キーボードにナンバーロックがかかってたんだ!

という訳で、無事にキーボード戻りました。

良かった!壊れた訳じゃなかった。
何かの偶然で、知らぬ間に押されていたんでしょうね、「F6 num lock」。
アホでした。

ソフマップに駆け込む前で良かった(笑)。



この話を書いていたら、この間すっごい間抜けなことをしたのを思い出した。
高橋悠治さんの70歳お祝いコンサートが、神楽坂で行われた時のこと。

開始ギリギリの時間に、神保町駅に到着。

持っていた地図を改札の駅員さんに見せるもまったく場所が
分からない様子。最寄り駅を聞かれるので
「牛込神楽坂が一番近いと書いてあります」
と言ったら、乗り換えの案内とかをされ始めて、
「電車で乗り換えてる時間はありません!歩くんです」

でも、地図を見せてもらったら、結構遠いことが分かって、
最寄りの駅といわれている牛込神楽坂や、神楽坂の駅からも
現地点は結構離れていて、

「この駅と、半蔵門線の神楽坂の駅はまったく別の駅なんですか。」
「こんなに離れている駅が一緒の名前なんてことがあるんだ!」

とその駅員さんと話をしていたときには、
まったく気づいていませんでしたが、
 (その駅員さんも、そのあと乗ったタクシーの運転手さんも
 一切指摘してくれなかったんだよー。ある意味いい人たちだ)

私は、最初に書いたように神保町の駅にいた訳で、
神楽坂の駅と神保町の駅が別の駅なのは当たり前の話で…。

頭の中で、神楽坂と神保町が、頭の文字ひとつしか一緒じゃないのに
混同してしまっていたんだ、と気づいたときには、
穴があったら入りたいほど…、でも、大笑いしました。

面白いなあ、と思ったのは、
混同しているんだけど、ちゃんと読み分けていたこと。
相方に電話したときには「これから神保町に向かいます」
と言っていたらしい。区別はついていないのに。
相方も「なんで神保町?」と思いつつ指摘してくれませんでした。
(ある意味いい人だ)
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-02 18:57 | mac | Trackback | Comments(0)
b0024339_02261.gif12月4日のニュース。

「FON」が日本での本格展開を開始。エキサイトとの提携も
INTERNET WATCH
2006/12/04 17:29

FONというのはもともとスペインの通信会社のようだけれど、その子会社フォン.ジャパンが、日本でもサービスを始めるらしい。
 FONは、ユーザー宅に設置したアクセスポイントを開放するユーザー参加型の公衆無線LANサービス。自宅のアクセスポイントを無料で開放する代わりに他のアクセスポイントも無料で使える「Linus」、自宅のアクセスポイントを有料開放し、他のエリアも有料で使う「Bill」、アクセスエリアは開放せずに他のエリアを有料利用する「Aliens」の3サービスが用意されている。

言い換えると、自分の無線インターネット接続のチャンネル2つのうち、一つを他のFONユーザー(FONEROというらしい)に解放することによって、自分が自宅以外にいるときも近くにFONEROがいれば、その人の無線ルータを使って無料でWiFiアクセスが可能になるってことらしい。

FONのルーターLa Foneraは九十九電気が制作していて、定価¥1980。この値段も他の無線ルーターと比べて高くないし、どかんと広がる可能性がある気がする。現在12月9日までは、このルーターを送料+代引き手数料=¥945のみで無料配布している。詳しくはこちらFONジャパン。申込の条件に、自分のサービスプロバイダがLa Foneraを利用することを認めていること、というようなことがあったのだけど、やってみないと分からないし,見てみたい、と思ったので、5日にとりあえず申し込んでみた。(14日以降に配達されるらしい)

心配は三点。

セキュリティ、
現存のサービスプロバイダの反応、
それから、個人情報の問題。

セキュリティは、きっといずれ誰かが破るだろうと思う。

サービスプロバイダーや、無線接続サービスを提供している企業から見れば、大きな脅威になりうるかも知れず、色々ともめるんじゃないか、という気もする。まずもって自分の現在のプロバイダが接続を許可するかどうか分からない。

そして、個人情報。FONのmapを見ると、現在どこにFONEROがいるのか見ることが出来る(かなり動きの遅いウェブサイトだけど)。その情報は自分が接続できる場所を探す時には必要なのだけど、番地、マンションの場合は部屋番号まで表示されているんだよね。フル表示の住所を見て、何だかちょっと怖い気がした。ルーターの電波が届く範囲ってどの程度なのだろう。それによってもどれくらい細かい情報が必要か、というのが変わってくる気がするのだけど。一度に何人接続できるんだろうな。

企業側が手を下さなくてもインフラの整備が、ユーザーが増える=インフラが整備されていくという形で進むアイデア自体面白いと思ったし、他の国に行った時に、ネットカフェを探したり、ホテルの部屋で接続出来るようになるまで何時間も試行錯誤、結局アナログ回線の接続になって、電話代にびっくり、なんてことがなくなったら素晴らしい。

FONERO、増えたら面白い。
ちょっと注目。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-12-07 00:23 | mac | Trackback(2) | Comments(0)
数ヶ月前に、ある日突然、普通に使って来たSafari(Appleのウェブブラウザ)の様子がおかしくなり、頻繁に固まるようになってしまった。しばらくして固まる状況は判明し、それは、何かしらのページに「ログイン」しようとしたとき、「キーチェーン」の情報を自動的に入力するはずのページを開いたときに起こることが分かった。本来なら自動的に入力されるはずのところに自動入力されず、それならばと手動で入力しようとすると、最初の文字を一文字入れたところで固まってしまう。この症状の発生が100%の確率だったので、このブログにもミクシーにもログインすることが出来ず、緊急避難的にIE(インターネットエクスプローラー)を使い始めた。

本当は根本的な解決方法をとるべきなんだと思うんだけど、それはつまり、パソコンを一度、初期化してソフトを全部順番に入れ直してみるとか、トラブルに関する過去ログやディスカッションをあたって解決方法を探ってみるとか、私のとっても苦手な作業になってしまうので、尻込みして、数ヶ月前からIEを使い続けて来た。

なんだけど、ここに来て、実はIEの調子も悪くなってきた。これまた急に訳も無く突然終了してしまうようになったのだ。私だけなのかと思っていたら、ミクシーの掲示板でもそんな報告が上がって来ていた。

ついに根本的に向き合わなくちゃいけなくなったのか…、はぁ…。

と思っていたところにFireFoxを使っている人たちが結構いいよ、と言っているのを見て、今日から試しにFireFoxを試しているところ。もともとSafariを使っていたから、パッと見はかなり似ている(単にタブブラウザってことだけか?)から、今のところ違和感はないし、移行もかなり簡単でボタン一つで済んでしまった。

Safariとホントに離れるってことは、.Macの中で使って来たブックマークの更新が自動では出来なくなるので、オンラインのブックマークサービスも試してみることに。
http://www.blink.jp/
http://www.bookmark.ne.jp/index.html

試し始めたのは「Bookまーく」の方。何故こっちを選んだかってのは全くもって「何となく」。
FireFoxのブックマークをアップロードしておけば、外出中でもBookまーくのページにログインすれば、そのアップロードしたブックマークを見ることが出来るみたい。

少し後戻りして、根本的な解決方法を探すよりも、解決するかどうかわからないにも関わらず、またどんな状況が待っているかわからないのにも関わらず新しいことを試す方を選び取っている。やってみてから感じる。私ってそういう人間なんだよなあ。ある意味とってもダメ人間。だけど、今のところ「良し」としよう。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-02-10 23:08 | mac | Trackback(1) | Comments(18)
先週は、何だか結構忙しくてアップできない日があると書いた。他にもいろいろとあったんだけど、理由の一つは、スイス在住のミュージシャンがガールフレンドと二人で東京に来ていたから。

数年前にロンドンに行った時に、HaLoのアルバムでも何曲もベースを弾いてくれているJohn Mckenzieがプロデュースしているグループがレコーディングしているスタジオに遊びに行った。そのとき録音していたのが彼とその相棒(男の子二人)。初めてのアルバムの録音で、うきうきしているし、音も気持ちのいいスタジオだった。

彼らのグループの名前はCATCHA。日本に来ていたのは、このHPのトップの写真の左側、TOBY。二人ともスイス在住のイギリス人。第一言語は育ったスイスで話されるフランス語。だけど両親ともイギリス人なので英語も話す。曲の中でもサビだけフランス語が出て来たり、スタジオの中の会話も英語とフランス語が入り乱れていて面白かった。HPで何曲か曲も聴けるみたい。

私も「スタジオ」という場所自体が好きなので、彼らの録音中のスタジオに遊びに行った訳だけど、TOBYもスタジオが好きらしい。東京の大きなスタジオの見学に連れて行ったり、渋谷で楽器屋巡りをしたり、下北沢のライブに誘ったりなんだかんだと一緒に過ごす時間が長かった一週間だった。

私がロンドンのスタジオに遊びに行ったとき録音していたアルバムの仕上げを現在しているようで、日本への旅行が終わったら一旦スイスに戻り、イギリスに行く、と言っていた。そして私にもコーラスで参加して欲しい、ということなので近々実現するかもしれない。

iPod shuffleやら、ギターエフェクタやらいろいろなものを買い込んで帰国した彼ら。どうしているかな、と思っていたら、いきなりSkypeの呼び出し音が鳴った。実は呼び出されている時にMacの目の前にいて、電話に出たのは初めて。

そのままヘッドフォンも何もしない状態で話しても、話せないことはなかったけど、PowerBookのスピーカから出てくる声をマイクが拾ってしまって彼の方ではかなりのエコーで聞こえている、というので、ヘッドフォンをしてみたら、その問題も解消。

音もクリアだし、手軽だし、何より通話自体は「タダ」だし、すごいね〜。

SkypeOutというSkypeから一般電話に電話をかける、というのは既に試してみて、結構使えそうなことがわかっている。この地図にある国には1分1.7ユーロセント(約20円)

また、最近、SkypeInというイギリス、フランス、香港、合衆国の固定電話の番号を買って一般電話からかかって来る電話をうけられる方式も現れた。3ヶ月10ユーロ(約1300円)で、一年30ユーロ(約4000円)。番号は限られていて、その中から選ばなくてはならないけれど、そのエリアの人たちから頻繁に電話がかかって来る状態で、尚かつ自分の方が頻繁にSkypeの前にいる状態だったら、使えると思う。私も合衆国にハワイの番号があったら考えたんだけど、ハワイのエリアコードはなかった。イギリスも現在売り切れ中で、こちらも買えず。

他に複数で同時に話せるConference callや、ファイルのトランスファー(移送)、Chat機能もあるけれど、まだ試してない。あぁ、一度フランス語で全く知らない人からChatは入って来たけど、Sorry No Frenchと書いて送り返したらそれっきり。いずれにしても、知らない人とのコミュニケーションツールとして使用する気はなくて、もっぱら現状の中での実用を考えている。Skype使用している友人の皆様、連絡してみて下さい。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-03-31 17:41 | mac | Trackback(1) | Comments(0)
結局、前使用していたユーザー辞書を自力では使えるように出来なくて、アップルのサポートにお世話になった。何だかOSXでのバックアップや、移行の備忘録みたいになってきたw

でも、ま、いつかどこかで誰かの役に立ったらいいかな。
結論としては、ユーザー辞書の引き継ぎに成功しました。

残るは、ちょっと古いEPSONのプリンタPM920Cを使って、盤面印刷が出来る設定。これがどうしても戻らない。エプソンのサポートの言う通りにやってみても、その設定画面が現れないし。

まだまだ続くよ、設定の旅。

ユーザー辞書の移行の方法は以下で
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-29 12:31 | mac | Trackback | Comments(0)
今週の月曜日、ばたばたしている合間にPowerBookと1Gのメモリを購入したソフマップのサービスカウンターにPoweBookを連れて行って来た。

アップルのサポートから戻って来てすぐにアップデータが途中で止まって、かからない、ということは、明らかにサポートに出す前の完全にOSのインストールが出来なくなった状況と変わらなくなってしまっている訳で、このまま(再度時間をかけて)バックアップから使用できる状態に戻したとしても、必ずまた動かなくなるだろうと思ったから、すぐに連れて行った。

ソフマップと家でのその後
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-28 15:09 | mac | Trackback | Comments(0)

PowerBookG4 12'ご帰還

今日のお昼過ぎに配送。

修理結果をそのまま書いておきましょう。

故障症状
1)OSの再インストールが出来ない
2)OSの再インストール中にギアが回転する画面になってしまう

修理結果
1)2)ご申告の症状を確認し、他社製増設メモリの不具合によるインストールエラーの為、取り外してハードディスクを初期かしシステムをリストア致しました。リストア後は、他社増設メモリを装着しても、動作正常を確認しましたので、そのまま取り付けてご返却致します。

---

その後の対応
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-23 21:21 | mac | Trackback(1) | Comments(2)
昨日は一日PowerBookくんの調子が悪く、
アドレスブック、メール、サファリが特に変わった作業をしている訳でもないのに続けざまに落ちる。
さ〜っと青ざめるタイプの「普通の」カーネルパニクの続発。
そのうちsafariが落ちた時に、時々「ブックマーク」の情報が完全に消失している、という症状も出た。
カーソルが見当たらなくなって、凍ってしまう状態もあったし(OSXになってからは、そういう凍り方はほとんどしてなかったんだけどなぁ)、
CDRの盤面印刷をしたくても「プリンタが見つかりません。セレクタから選んでください」と言われたり(OSXにはセレクタはないんだけどなぁ)。
それでエプソンのサポートセンタに何度も電話を入れて、プリンタの設定をしようとするんだけど、
「では、これを試して下さい」===できない。
「それでは、次はこれを試して下さい」===できない。
〜繰り返し〜
現れるはずの設定画面が出て来なかった。

数時間繰り返した後、サポート時間の終わりになって、
「では、アカウントをもう一つ作成して、そのアカウント内でプリンタドライバとプリンタの設定をし直してみて下さい」ということだったので、アカウントを新たに作成してプリンタの設定を「プリンタ設定ユーティリティ」で行おうとしたら、設定画面にたどり着く前にまた落ちた。

そして一番最後には、夜中の1時過ぎに、「ゴキブリカーネルパニック」の画面が出て来て、私自身も、「あぁ、もう今日は終了だな。明日アップルのサポートセンタに電話しよう」と思って寝てしまった。

今日の絶望的な症状とアップルとのやり取り〜修理に至るまでは以下。

結構長いので、ご覧になりたい方だけ、どうぞw
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-20 16:08 | mac | Trackback(1) | Comments(0)

Mailのreply-to機能

今日は、アップルのサポートセンターに電話をした。
reply-toの設定が出来ないと、いろいろと面倒くさいことになるからで、私が発見できなくても、存在するならさっさと教えてもらおう、と思ったから。

メールにフィルタをかけるときにも便利なように、ある仕事に対しては、別のメールアドレスに見える仮想アドレスを作ってみた。でも、いくらそのアドレスを人に教えても、reply-toの設定ができないと、私からのメールに相手が返信した時に、その仮想アドレスにメールが届かないから、reply-toが必要なんだけど、その説明をするのが大変。

で、結局、「確認しますので、少々お待ちください」と言われた後、「Mailとしては、reply-toの設定はありません」というのが答えだった。うーん。

更にその他の質問フィルターにあたる「ルール」の設定や、マルチリンガルメールの受信についても、私の求める答えを引き出せなくて、今日は退散することにした。「reply-toの設定ができるように、次のバージョンアップでよろしくお願いします」と伝えて。

ただ、その後、仮想メールアドレスで、別アカウントを設定して、送信だけできるように「詳細」設定で、「新規メールを自動的に受信する時に含める」からチェックを外すことによって設定できることを発見したので、私の「望み」はかなった。

そして、Magellanの方の移行はかなり絶望的。
メールのアドレスさえまだ移行できていない有様。
そして、Mailで今のところマルチリンガルメールを受信できていて、更に、疑似reply-toも設定できた今となっては、Magellan Proに一万円以上払うのか?という根本的なところにぶつかっている(笑)。
試用期間は20日あるので、もうしばらく、受信だけ続けてみようかとは思っているけど。もう移行に体力と時間を使うのが嫌になってきたっていうのが本音かも(笑)。

----
b0024339_2346989.jpg昨日、マックの新製品発表がありましたね。iPod Shuffleが出ました。大きさはガムとほぼ同じで、重さが22gだって!
すごいな〜(笑)。
容量が512Mと1Gしかないので、「本当にいるのか?」と言われたら、NOなんだけど、いいなぁ(笑)。接続するのに私のダイッきらいなコードも必要なくて、直接USB接続っていうのも、いい。いらないんだけど、欲しい。

そしてもう一つ。
b0024339_23542182.jpg
mac mini。小さくてかわいい!今使っているモニターとキーボードを使って、mac使ってみるにはいいよね。¥58,590〜っていう値段も魅力かな。


そして、もうすぐ出るらしい、OS Xの次バージョン、Tigerも良さそうです。ちょっとマックのニュースが多くて嬉しい、昨日今日でした。

詳しくはアップルのHPへ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-13 23:55 | mac | Trackback | Comments(0)
今までメールは日本語と英文しか扱えなくて、それ以外は全部文字化けを起こしていたのが、MailとMagellanでは、かなりの割合で文字化けを起こさずに読めるようになった。

(まだMagellanにはメールアドレスもメールも読み込めてない。検索をしてみて、Magellanにメールアドレスとメール自体を読み込むフリーソフトがココにあるのは見つけたんだけど、OS9上でしか動作しないのか(OS X上のクラシック環境でもソフト自体は開くんだけど)読み込みできてない…。
Mailの方は、85%くらい復帰。まだメールの一部が取り込めていないし、使いやすいようにフィルターの設定を試行錯誤中。Mailって「reply-to」の設定ってできないのか?っていうのが、ただいまの一番大きな疑問)

手っ取り早く文字化けを確認する方法が中国語の繁体字と簡体字のメールを送ってみることだったので、試してみようとするんだけど、意味のある言葉を入力する為にはピンインという漢字の読み方を正しく知っている必要があって、厳しい。
私が知っている数少ない中国語の「音」と「文字」と「ピンイン」は、ほとんど一致しなくて(笑)。

ピンインを覚えたら、知っている単語は打てるようになるはずだから、ちょっとずつ勉強しようと思う。

Mac OS Xの凄いところなのか、どうもどうもこのページには入力メソッドがハワイ語、ギリシャ語も含めて、特殊文字で書いてアップできそうな気がするので、やってみる。以下は中国語の簡体字。日本語と混じるとダメかな〜。中国語の表現自体は合っているかどうか、わかりません(笑)。

我现在可以打中文。
你们可以看吗?
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-12 19:38 | mac | Trackback | Comments(5)