制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:goods( 9 )

助けて携帯水没!

さっきズボンのポケットに入れたまま洗濯されてしまった
docomo携帯n705iとご対面。

液晶に水が入っているし、もちろん電源も入らない。

という訳でしばらく携帯での連絡つきませんので、
よろしくお願いします。

---

誰かのところにdocomoのいらない携帯が余っていたら
ご連絡いただけると嬉しいです。

あーあ、やっちゃった。
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-06-26 21:15 | goods | Trackback | Comments(0)

さようなら、WILCOM

これまでずっと「携帯電話」を持ったことがなくて
「PHS」を使って来ました。
ずっと東京や都市中心部に住んでいたので、
実家のある佐賀でさえ、自宅にいるときは問題がありませんでした。

笠間に引っ越して、家の中で電波が入らず、
(安曇野にいたとも入りませんでしたが)
いい加減に、PHSとさようならすべきかなあ、と
思っていました。

iPhoneがそろそろ発売なので、
いきなり、iPohne!??
とも思いましたが、
ほとんど携帯電話としても使用しないし、
料金のコースも高いものしか入れないみたいだし、
こちらも断念。

結局、相方名義でdocomoのファミリープランとして
再スタートするのが一番「あんまり使わない人」として
ベストの選択かな、ということに納得し、
本日から、docomoユーザーになりました。

どういう訳か、この決断をするのに
何だか寂しい気持ちが押し寄せ、
うきうきしませんでしたが、
使えないwilcomを持ち続けていても仕方ない
と言い聞かせています(笑)。

という訳で、ほとんど誰にもお知らせしていませんでしたが、
前の番号は一週間ほどで消滅します。
かなりの割合で「不携帯」だし、
持っていても常時「音を消して」あって
自分が掛けるときのためだけ、みたいな携帯ですが、
待ち合わせの時など、番号が必要なときはお知らせ下さい。

新しい携帯は、FOMA N705iです。
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/705i/n705i/index.html
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-07-09 21:38 | goods | Trackback | Comments(4)
3月の頭に引っ越しをします。
バタバタした毎日を過ごしています(笑)。

で。
荷物を減らそうとしています。

前回のように写真などの情報を準備してから
お伺いを立てようと思っていたら、
ズルズルと時間が経ってしまったので、
今回はまずは項目のみお知らせします。

興味ありそうな人があれば、
情報写真など、お知らせします。
■はまだあるもの。△は交渉中。終了したものは一番下に移動します。

△ベッド台(セミダブル。無印良品。10年くらい使用)
   マットレス(同上。相当汚れもあるので廃棄予定)
■音符ハンガー(楽譜の上に音符の形にフックが出ているもの。籐製。1年使用)
■洗濯機(10年近く使用。全自動。動作に問題なし)

■自転車(その1):ママチャリ。10年くらい使用。紺色。

モノは久喜にありますので、取りにきてくださる方優先で
基本的には早い者勝ちで。
よろしくお願いします〜。

引き渡しは、ベッドと洗濯機、食器を置いておくもの、自転車(その1)以外は、
即日〜3月初旬までの間で、ご相談でお願いします。
ベッドと洗濯機、食器を置いておくもの、自転車(その1)は
出来れば引っ越しぎりぎりで。

メインはmixiの日記でやってます。
時々こちらへも状況アップします。

以下、終了〜。
■金属製パイプ棚(無印良品。シルバー。10年くらい使用)
△初代iMac(ボンダイブルー)(OS9。メモリ増設して96Mb。
 後はカタログスペック。相方のお父さんが使っていたので、
 ほとんど使用されておらず、状態はいいと思います。
 でも、そろそろ10年選手)
http://apple.ism.excite.co.jp/page/iMac/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC.html
△自転車(その2):ちょっとかわいめ。もらいもの。白。
△パイプハンガー(二段式。ハンガーをかけるパイプ。20年近く使用)
△机(黒。スチール製。20年近く使用)
△電気スタンド(20年近く使用)
△プランター(既製品) (10年以上使用。土付きでも、土なしでも)
△プランター(トロ箱) (1年使用。土付きでも、土なしでも)
△食器棚(高さ1mくらい。20年くらい使用?)
△扉付きカラーボックス2段(黒。10年以上使用)
△洗った食器をおいておくもの。(1年くらい使用。ステンレス製。2段)

■すだれ各種(アルミサッシに取り付けるフック付き)
■お風呂のコーナーに取り付ける三角形の棚
■お風呂のタイルに貼付ける鏡
■30mホース(水まき用)
■ガスストーブ(6A=東京などのガスの規格)(1年くらい使用)
■しいたけ、なめこの原木各一本ずつ
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-02-04 20:48 | goods | Trackback | Comments(0)

低音を求めて

去年の今頃は、まだ都内に住んでいて、車も持ってなかったし、持つことを考えてもみなかった。けれど、今は埼玉に住んで、軽自動車を持っている。車は純粋に、ばあちゃんちの畑への移動手段として、そして、道を知らないし方向感覚は怪しいので、必要にかられてカーナビは購入したけど、ホントに移動するための最低限度の装備で、それで問題ないと思っていた。

車の中で音楽なんてじっくり聞けるわけじゃないし、私が好むような音楽は車の中で聴くには向かないし、カーナビについているオーディオプレイヤで、もともと車に搭載してあったちゃちいスピーカーを鳴らしていた。

でも、この間、車の中で初めて聞いた奥田民生のある曲を、たまたま家の中の、ちゃちいコンポで鳴らしてみたら、びっくり!ベースが入っていた(笑)。それ以外にも、いろんな音が入っていた。知らなかった。そのことで、どのくらい車の中が何も聞こえない状態だったかを認識してしまった。ベース(低音)は聞こえないなあと思ってあきらめていたし、ヒドい音だとは思っていたけど、それにしても、ヒドい。ばあちゃんのところに行くのに往復で4時間は乗るからなあ。

で、急に車の中の音環境をホントに最低限度でいいから整えようと思っている。

今乗ってる車はEVERY VAN 14年版、カーナビはECLIPSE AVN4405D。純正のスピーカーはダッシュボードに上向きに一対ついているだけ。10cmのもの。

スピーカーをドアに仕込めるかと思って、今日オートバックスに行って聞いてみたら、うちの車はかなり厳しいらしいことがわかった。普通車ではドアカバーになっているところが鉄板で、そこじゃないとすると、パワーウインドウと干渉するかもしれないし、取り付け工賃だけで5万円くらいになるとか。ということで、ドアスピーカー案は却下。

あとは、ここ数日の付け焼き刃の情報と、今日のオートバックスの丁寧なお兄さんの説明から、純正の10cmスピーカーを他のものに替える。サテライトスピーカー(後方から前方に向けて)を取り付ける。サブウーファーをつける。ということかなあ、と思う。

b0024339_2565753.jpgb0024339_2584278.jpgまずは、10cmスピーカーとサブウーファーを考えていて、スピーカーはcarrozzeria TS-J10A、サブウーファーはcarrozzeria TS-WX22Aが有力候補。

まったくここ数日と今日のオートバックスで思いついたことなので、詳しい方、助言をください。予算はできれば合わせて2万円台。お金関係なかったら、今日試しに聞いた口径30cmくらいのウーファー良かったなあ。でもそこまではナシ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-12-12 03:03 | goods | Trackback(1) | Comments(2)
数年前に自宅から合成界面活性剤入りの洗剤を無くしてから、風呂釜洗いは専らシャワーヘッドを外したホースの水の勢いで流すだけ、だった。うちの追い炊きのお風呂は二つ穴。水の勢いだけでも上の穴から、下の穴から、と何度か勢いのいい水を流し込むことを繰り返すと汚れは出て来るので、あまり不便は感じていなかったのだけど、重曹コミュニティの風呂釜洗いも重曹で…というトピックの中で、色々とアイデアが出て来るのを読むうち、やってみようかな、と実践してみることにした。

重曹、セスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダという三つは、ほぼ似たような組成構造を持っていて、全て弱アルカリ性~アルカリ性。[比較(石けん百科)]

重曹でやってみようかとも思ったけれど、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)と大昔に買ったジャ○の容器がなぜかいまだに残っていたので、何となくそちらでやってみることに。(こちらの方がアルカリ度が高い)

1) ジャ○の容器に過炭酸ナトリウムを50ccと台所用粉石けんを少々入れる。
2) お風呂のお湯が温かいうちに、下側の穴に容器を当て、パコパコと蛇腹を10~15回動かし、追い炊き釜の中に過炭酸ナトリウムと台所用粉石けんを入れる。
3) 内容物が追い炊き釜の中に入ったことを確認してから、2分ほど追い炊き。
4) 窯からシュワシュワ細かい泡が出て来るのと同時に汚れも浮き上がって来る。
5) 追い炊きを止め、ホースを用意して下の穴から勢い良く水を入れる。(水は溜めたまま)
6) お風呂の水を落とす。
7) バスタブを洗っておしまい。

重曹も重曹が溶けている水溶液の温度が上がると、アルカリ度が上がり、更に重曹が一番泡を発生させるようだから、次は過炭酸ナトリウムの代わりに重曹を使ってやってみようと思う。

(一つ穴の場合は、もっと多めの過炭酸ナトリウムをギリギリ追い炊きが出来る程度の水の量(穴から5cmほど上まで)に溶かして、追い炊きの設定温度を上げて追い炊きを数分。しばらく放置して流すだけ、でいいみたい)

普段からお風呂のお湯に重曹を溶かしておくと、風呂釜掃除的にも、コレからの季節、体を芯から温めるっていう意味でも良さそうだから、カップ半分〜1杯くらいの重曹を溶かしてお風呂に入るようにし始めようと考えているところ。バスボム的に、クエン酸も一緒に入れるとシュワシュワ炭酸ガスが発生して楽しそうだし、エッセンシャルオイルを入れると香りも楽しめそうだし、色々と試してみたいところ。

また、コレまで使っていた重曹ペースト歯磨き粉がちょうど切れたところだったので、歯磨きのペーストも重曹で作った。

重曹:大さじ4
グリセリン:大さじ1
はっか油:数滴

前に作ったのは、これにクローブの粉を少々足していたのだけど、相方に不評で使ってもらえなかったので、今回はこの三つ、で止めとけば良かったんだけど、つい、実験心が湧いて来て、ココにクエン酸も加えてしまった。(歯磨き粉のレシピにクエン酸も混ぜるって言うのがあるのを見たので…。ただ、そちらはグリセリン(水分)を入れずに片栗粉と重曹、クエン酸を混ぜるっていうものだったのだけど…)

重曹(アルカリ性)とクエン酸(酸性)はともに粉末。水が介在するとシュワシュワと反応を起こすってことは知っていたんだけど、グリセリンの水分で、シュワシュワし始め、容器をはみ出してブクブクになってしまった。水分の量をうまくコントロールすれば出来ない話じゃないと思うんだけど、あまりにも適当にやりすぎて、ドンドン反応が始まってしまったので、溢れて来た分はそのまま湯船の中へ。考えてみたらバスボムの材料(+グリセリン(保湿効果あり))なんだから、ちょうど良かったと気を取り直し、新しい材料で歯磨き。口の中でしゅわ〜っとする新感覚の歯磨き粉になった。(このしゅわ〜っとする感覚は今後も持続するのか、反応中のモノを使ったからなのかは、今後わかるはず)

調子に乗って、この歯磨き粉のペーストで顔を洗ってみようかと、ペーストを顔に塗ってみて、これまた失敗。しゅわ〜っとしている刺激なのか、はっか油の刺激なのか、その両方なのか刺激が強すぎ。あわてて洗い流した。重曹のアルカリ度は石けんよりも低いみたいなので、洗顔用のペースト(重曹+グリセリン=洗濯物の部分洗いにそのままつけておいてもいいみたい)はまた別に作ってみようと思う。気に入らなければいつでも湯船に入れてしまえばいいっていうのも実験するのに気持ちが楽。

そろそろ重曹をキロ単位で買うときが近づいて来たようだ…。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-10-24 15:00 | goods | Trackback | Comments(2)
しばらく涼しい日が続いたと思ったら、昨日は蒸し暑い一日になった。そんなわけで蚊取り線香の出番。

10年ほど前は、「○○ノーマット」なんていう液体の防虫剤を使ったこともあったけれど、何となく使わなくなり、ここ数年は「夏にある程度蚊がいるのは仕方ない」という状態のまま放置して来た。今年6月の猛暑の夜、寝苦しい時に耳元で蚊がぶーんと飛び回った時、蚊取り線香を導入してみよう、と思い立って取り寄せた。


b0024339_1153382.jpg菊花せんこう。どうも正しくは「蚊取り線香」ではないらしい。蚊を殺してしまう訳じゃないみたいだから。「蚊遣り線香」と書かれていた。「あっちに行ってね」ということらしく、なんだか今の私の気分にはぴったり。もちろん刺された瞬間、痛みに反射的に殺してしまっていることはあるけれど、特に眠る時に私の耳元で飛び回る訳じゃなかったら、今、東京で見かける程度の蚊を殺してしまいたい訳じゃないから。

ちなみに、今回この菊花せんこうを買うまで実は知らなかったけれど、
一般的な蚊取り線香は、ピレスロイド系の農薬成分が配合されており、蚊取り線香が緑色をしているのは、着色料の色です。
とのこと。まぁ、今どきこの緑色の蚊取り線香を使っている人もそれほど多くないか…。

b0024339_1155737.jpgこの蚊遣り線香の成分になっている防虫菊。こんなにかわいい花なら育ててもいいようなものだけれど、これも
日本では以前は盛んに生産され世界中に輸出されていましたが、ピレトリン類似化合物のピレスロイドが殺虫成分の主流となり産業としての除虫菊の栽培は現在では行われておりません。
ということで、残念だ。今は原料の植物は中国産のよう。ハワイでも沖縄でもこの防虫菊とは別の草を燃やして蚊遣り/虫除けにするという植物があったなぁ、と今思い出した。名前は忘れちゃった。今度また聞いて来よう。ちょっといい香りだったような記憶がある。

b0024339_116588.jpgこの菊花せんこうは、懐かしい香り。蚊遣りになりつつ、お香を焚いているような感じでもある。外に出かける時に必要になることもあるかなということと、床においていたら間違いなくいずれ私が蹴飛ばしてしまうだろうと思ったので、こんな風情のない入れ物を手に入れてしまったけれど、そのうちもうちょっと風情のある陶器の入れ物も手に入れるかもしれない。

私が何となく止めちゃったものって後で考えると無意識/意識的に関わらず「気持悪くなっちゃった」ものが多い。「○○リキッド」って製品は手軽だけれど、ピレスロイド系の農薬成分を気化させて部屋で使用するっていうのもどうかと思うし、電力ないと使えないし、この香りが「夏」って感じもするから、蚊遣り線香どうでしょう?
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-07-11 11:15 | goods | Trackback | Comments(6)
去年、近所に(外から見るとちょっと怪しいw)中国の食材と、明らかにテレビ放送かなんかをVHSにダビングしたものを「レンタル」していそうな小さなお店が出来た。用事もなく入る勇気がなくて、ずっと眺めていたんだけど、「干しえび」が欲しいな、と思って数日前、思いきって入ってみることにした。

入ったら、まずお店番をしていたお兄ちゃんに「你好」と言われた。
日本人はほとんど入って来ないんだろうなぁw
「你好」とは返事する勇気がなくて(だってその後、だぁって中国語で話しかけられてもわからないw)、「こんにちは」って言ったら「あ、こんにちは」と言ってくれた。

探すより、と思って「干しえびありますか?」と聞いてみたら、「うーん、ないですねぇ」とのお答え。残念ながら目的は達することが出来なかったんだけど、しばらく小さなお店にある「何に使うのかよくわからない瓶詰め」とかを眺めてから(まだ買う勇気なしw)、佐賀にいるときは「よりより」と呼んでいた揚げ菓子と「ヒマワリの種」を買って帰った。

「よりより」は私が佐賀で食べていたとっても硬くて歯が立たないものとは少し違って、簡単に歯で噛める柔らかいものだった。それに少し油も多かったかな。美味しかったけど。

「ひまわりの種」の方は、パッケージに印刷してある日本語が面白かったw

b0024339_1813133.jpg「歳」はおそらく略字体ではこういう風に書くのかな。
「3歳以下の子供にはあばないひ下さい」
「げ」と「ば」は確かに似ている。
「で」と「ひ」も、うん、似ている。


b0024339_1853539.jpgで、こっちの方。
まず「コしステ口ール」。
カタカナの「レ」とひらがなの「し」は似てるw
確かに。
カタカナの「ロ」と漢字の「口」に至っては、同じと言ってもいいかもしれない。
だけど、それより面白いのは、
「豊富な天然コしステ口ール」という表現。
コレステロールはたとえ天然であっても、わざわざ摂取したいものなのかw?
面白い。
パリパリっと殻も割れて簡単に中身が出てくるからいいんだけど、ちょっと嘘くさい味つけが濃すぎる感じかな。味付けしてないのがあったら、ほしいな。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-22 18:13 | goods | Trackback | Comments(2)
2002年の年末に中国に行った時に、ちょっとした事情があって湯たんぽを購入した。

雲南省にJと行った時に、あとから合流したfさんが、ついた時には高熱でうんうん唸っている状態だったので、Jと二人で町中を氷と氷枕になりそうなものを探して歩き回った。その時に、とっても氷枕に形がよく似ている緑色のゴム製の「湯たんぽ」を購入したという訳。氷枕に比べて入り口がずっと小さく、ねじ式の蓋をねじ込んでしめる。雲南から帰る時に、その「氷枕」として使用した「湯たんぽ」は、どうしようかと思ったけど結局持って帰って来た。

その後、毎年冬になると湯たんぽとして重宝して使って来た。
この冬はずっと暖かかったので、出すのが随分遅れて、1月に入ってから使ってみたら、ゴムにひびが入ってちょっと水漏れするようになってしまっていてショック。

冬にお布団の中で湯たんぽを入れるのはかなり気に入っていたので使えないとわかると残念で、すぐに新しいのを買おうとネットで調べてみた。

たまたま中国で手に入れた湯たんぽがゴム製だったというだけで、特にゴム製がいいんだとは思ってなかったので、「今度は昔から使われているという銅製のもいいなぁ」とも思っていた。こんなの。
純銅 ドーム湯たんぽ小(袋付き)贈り物に大人気!今なら「送料無料」!

でも、うちの連れ合いも「ゴムのがいい!」って言うし、ゴム製が好きな人もいるみたいで、こんなゴム製の湯たんぽのいいところ(悪いところ)をまとめたサイトを読んでみて、やっぱり「ゴム製にしよう」ってことになった。

中国で買ったのは、数百円くらいだったと思うんだけど、日本で「天然ゴムで」ということになると選択肢は、二つしかないみたい。
ダンロップ製¥3600
サイズ:315×180mm
容量:適量約1.0L
湯たんぽ

b0024339_1431997.jpg私は容量の大きい方を選んで、オンリーワンのにした。¥3990
サイズ:18 X 25 cm
容量:1.5L〜1.6L

早速届いて使っているんだけど、ゴム製のいいところは、上のサイトでも書かれているけど、やっぱり一番はその「やわらかさ」かなぁ。ぷにょぷにょで気持ちいい。
あとは、他のと比べないと良さがわからないのかもしれないけど、確かに逆さに吊るしておくと中の水は完全に抜けるからカビも生えないし、ゴムだから錆びることもない。それに夏に水枕にして涼しくなるのもいいなぁ。

湯たんぽ、おすすめ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-21 14:18 | goods | Trackback | Comments(8)

英語メインの電子辞書

SHARP PW-A8800去年の年末に買った。

周りから、「電子辞書はいいよ」とずっと言われ続けていたけど、なかなか手を出せずにいた。普段のちょとしたことは、ネット上の辞書で済ませていたからなんだけど、ネット環境の無いところでは、お手上げ状態だった。紙の辞書は持ち歩くのに向かないしね…。

で、ほぼ周りの英語関係の人たちが電子辞書に乗り換えたのを見届けてから、「どれがいい?」と聞いて、その後継機種を購入したのが、SHARP PW-A8800
機能詳細はこちら

いや、確かにみんながイイって言ってたのがわかる。
軽いし
小さいし、
検索も早いし、
説明の中に、例えば対義語が入っていたら、そこに「ジャンプ」して、その単語も調べることが出来るし、
一度調べた単語は「しおり」に残っているし、
英和、英英の複数の辞書をまたがって同時に調べられるし
連語になっていても、複数単語を入力したら調べだしてくれるし。

スロットにSDカード方式で、辞書が足せるから、ちょっと買い足してみようと思ってる。

欲を言えば、それぞれの単語のサンプル発音が収録されていたらいいな。
でも、これももう既にカラーの液晶の辞書/辞典と音声対応のものが出て来ているから、しばらくしたら、そっちに塗り替えられることでしょう。
まさか紙の辞書では音は出せなかったものね〜。
値段的にも紙の辞書で全部そろえることを考えたら、とてもリーズナブルです。
(作る方もコストもかからないだろうね…)
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-16 14:57 | goods | Trackback | Comments(0)