制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:exhibits/events( 35 )

第8回13人のグランマザーの国際会議が今年2010年10月22日~25日に奄美で開催されます。
現在、着々とその準備が進んでいます。
http://www.motherspirit.org/grandmother/8th-meeting.html

この会議は色々な先住民族の13人のシャーマン、ヒーラー、メディスンウーマン、長老のおばあちゃんたちが集まって、地球のいろいろなことについて話合い、それぞれの部族の伝統的な祈りを捧げる場です。

順番に13人のおばあちゃんたちのベースのある土地で会議が開催されています。ブラジルのアマゾンの森に住むクララ・シノブ・イウラというおばあちゃんが日系の人で、日本でやりたいという彼女のたっての願いで、今年は日本(奄美)開催が決まっています。

「祈る」ことを通して、それぞれの人間が自分自身のリーダーシップを取り戻す
女性達が女性的なリーダーシップを取り戻す
また、知恵を持ったおばあちゃん(おじいちゃん)がエルダーのリーダーシップを取り戻す
一つの象徴的な動きではないかと思います。

国際会議の実際の話合いと、パワフルな祈りは映像関係を完全にシャットアウトして行われますので収録されていませんが、その周辺の様子がおさめられているドキュメンタリーがあります。
http://www.motherspirit.org/grandmother/movie.html

見た後に話をする機会を持ちたいので、出来れば少人数で鑑賞したいと思っています。当日は第5回の会議(サウスダコタ/USA)に参加し、今回もボランティアとして動いているヒラカタを囲んで話をしたいと思います。ピンと来た方はぜひ、ご参加ください。

〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★

「世界を癒す13人のおばあちゃん ~これからの七世代と、さらに続く子供たちへ~」
ドキュメンタリー映画上映とシェアリングの会

日時:2010年9月17日(金) 朝の部:9:45受付~12:30
             一品持ち寄りランチの部:12:45~14:30
 昼の部:14:45受付~17:30
 夜の部:18:15受付~21:00

場所:友部公民館 討議室
    笠間市中央3丁目3-6 0296-77-7533

   地図:http://bit.ly/dqQaJp

<朝の部>
9:45 受付
10:00 13GMの紹介
10:05 ドキュメンタリー鑑賞
11:30 自己紹介&シェアリング
12:30 解散

<一品持ち寄りランチの部>
12:45~14:30 一品持ち寄りランチ
(みんなで食べるための一品をお持ちください。参加費:500円のご寄付をお願いします)

<昼の部>
14:45 受付
15:00 13GMの紹介
15:05 ドキュメンタリー鑑賞
16:30 自己紹介&シェアリング
17:30 解散

<夜の部>
18:15 受付
18:30 13GMの紹介
18:35 ドキュメンタリー鑑賞
20:00 自己紹介&シェアリング
21:00 解散

参加費:一人1,000円のご寄付をお願いします。(お茶付き)

託児:各回(ランチ以外)、託児環境を手配中です。ご相談下さい。

持ち物:マイカップ、マイプレートをご持参ください。
    ランチの回にご参加の方は、みんなで食べるための一品をお持ちください。
    自分だけで食べたらお腹いっぱいになる量+αが目安です。

お申し込み: お申し込みメールはこちらまで
     ◎お名前
     ◎ご住所
     ◎メールアドレス
     ◎当日緊急連絡できる携帯電話番号
     ◎どの回(朝、ランチ、昼、夜)に参加希望か
     ◎見守り託児が必要な場合は人数
     ◎何で/どこでこの会を知ったか
      を書いてお申し込み下さい。


ご寄付:
おばあちゃんたちを、その付き添いの人も含め世界中から呼び寄せるため、40人近い人間が海外からやってきます。そのため渡航費、日本国内の移動、宿泊代などを捻出する必要があります。

しかし金銭的に足りない状態が続いており、日本側の受け入れスタッフは(通訳なども含めて)全てボランティアで動いているのですが、この上映会も、このファンドレイズ/資金集めの意味合いも持っています。

金銭的な寄付に加えて、売り上げ(の全部、または一部)を寄付していただけるものを是非お持ちください。

例えば、お茶を飲みながらいただく甘いものでも、スナックでも、ご自分の活動の宣伝になるものでも、誰かが欲しがりそうな余剰物/いらないものでも、何らかのサービスでも構いません。寄付の形として託児スタッフをして下さる方も募集中です。


主催:第8回13人のグランマザー国際会議サポートいばらき
共催:つながる勉強会
協力:環欒舎、のうふのパン、美津プロジェクト、キッズ海さち山さち、草っぽ農園、蕎麦とマクロビスイーツ「和味」、コミュニティ・ファシリテーション研究所、HaLo


<映画情報>ドキュメンタリー映画 「FOR THE NEXT 7 GENERATIONS」
邦題 「世界を癒す13人のおばあちゃん ~これからの七世代と、さらに続く子供たちへ~」

13人のグランマザーたちは、メディスン・ウーマンでありシャーマンである。
自然の声に謙虚に耳を傾け、自然界の掟を守り、感謝の祈りを捧げながら、自分たちの暮らしのなかで薬草を大切に扱ってきた。一方で多くの人々は物質的な世界を求め、その結果、自らの手で自らの命を破滅させている。地球が病んでゆくことを、グランマザーたちは真剣に心配している。地球の未来の子供たちのことを真剣に想っている。もう、地球は手遅れになるかもしれない。いや、手遅れにならないようにと、グランマザーたちは共につながり、世界にむかって動き始めた。

b0024339_153276.jpg
映画 「FOR THE NEXT 7 GENERATIONS」

2009年/アメリカ/カラー/85分/リージョン2/NTSC/日本語字幕付

Directed by Carole Hart and Bruce Hart
Produced by Carole Hart
Product of CENTER FOR SACRED STUDIES and THE INTERNATIONAL COUNCIL OF 13 INDIGENOUS GRANDMOTHERS

日本語版製作
企画・製作 いのちの環
日本語字幕 株式会社フォアクロス

2004年、地球という星の未来を憂い、世界の4つの方角から13人のグランマザーたちが集まりました。歴史的意義の深いこの会合において、彼女たちは同盟を作ることを決意しました。こうして結成されたのが「13人のグランマザー国際会議」です。この映画はその13人のグランマザーたちの物語です。制作・撮影期間は4年にわたり、アマゾンの熱帯雨林、メキシコおよび北アメリカの山岳地帯での撮影、インドで行われたダライ・ラマと の非公式会談の様子が収録されています。叡智を持ったグランマザーたちが団結したとき、何が起こるのか・・・。映画「For the Next 7 Generations」のカメラはその瞬間瞬間をとらえています。危機的状況に陥った世界に直面して、グランマザーたちは癒しのヴィジョンを語り、手遅れとなる前に私たち人類が今すぐ変わらねばならないと訴えています。この映画には、グランマザーたちが辿った比類なき旅の軌跡と、時代を超えた叡智に基づいた行いが映し出されています。

http://www.motherspirit.org/grandmother/movie.htm
l
b0024339_15325195.jpg
b0024339_1533689.jpg

[PR]
by ayako_HaLo | 2010-09-12 15:38 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
1月より茨城の水戸/笠間近辺で動き始めた「つながる勉強会」のご案内です。

月一回集まりを開催して、今度で9回目になりますが、
少しずつ人も増え、この中でやりたいことも出て来て
話合いの場も育って来ている気がします。

ご興味ある方に転送いただけたら嬉しいです。

  2010年8月29日(日) 9:30〜友部公民館での
  「つながる勉強会(つな勉)vol.8」のご報告はこちらです。
  http://tsunagalu.exblog.jp/11210756/

次回の「つな勉」は休日企画です。
前回からあまり間が空いていませんが、
今週の日曜に迫りました!

リクエストのあった「パーマカルチャーってなあに?」
という入門編をDVDによるパーマカルチャーサイトのご紹介を含めて
行う予定です。

パーマカルチャーとは。http://www.kyoto-nicco.org/permaculture/index.html

もっと深く知りたい、という方がある程度の数いらっしゃれば、
この入門編の後に、もう少し深く学ぶ機会を作ることも
検討しようかと思っています。

お誘い合わせの上おいでください。


■つながる勉強交流企画 vol.9
http://tsunagalu.exblog.jp/

「パーマカルチャーってなあに?」

地域のこと、未来のこと、食のこと、健康のこと、
楽しいこと、困っていること、いろんなことが、
話してつながることによって何かが動き出すかもしれません。

月一回の「つながる勉強会」でこれまで接点のなかった人たちと
また、顔見知りだった人と、更に深く出会ってつながりませんか?


日時:2010年9月11日(土) 13:00〜18:00頃

場所:日本農業実践学園
    http://www.nnjg04.com/11gaiyou/gaiyou.html#access_map

    JR常磐線 内原駅よりタクシー:5分、徒歩:20分
    常磐自動車道 水戸ICより10分
    〒319-0315 茨城県水戸市内原町1496

会場:研修館1F
a0161713_15555759.jpg


   実践学園直売所横の道を中に入ってすぐの右手の建物(研修館)1F。


募集人数:先着20名程度

参加費:今後の活動継続のために
     茨城県在住/在勤の方は、大人 1口500円〜
     県外の方は、2口〜のご寄付をお願いします

お申し込み: お申し込みメールはこちらまで
     ◎お名前
     ◎ご住所
     ◎メールアドレス
     ◎当日緊急連絡できる携帯電話番号
     を書いてお申し込み下さい。
     先着順にメールの返信をもって受付とさせていただきます。

持ち物:(1)持ち寄り一品(ランチ用)
    (それだけ食べたら自分がお腹いっぱいになる量
     +αをお願いします。少し多めでお願いします)
    こちらで汁物をご用意します。

    (2)(1)の内容を書いていただいた紙
    (食事を並べるときに説明として一緒に置いていただきます)

    (3)マイお椀、マイ皿、マイカップ、マイはし

    (4)物々交換の品物/サービス

    (5)(4)の内容を書いていただいた紙
     (今後、また欲しいという人が出たときに対応できるかどうか
      合わせてご記入ください)

    (6)必要であればお知らせ、告知、チラシなど(ネットワーキング用)


当日の予定(変更の可能性はあります)

9月11日(土) 午後

12:50 集合 会場のセッティング等お手伝いください
13:00〜14:00 ランチ 自己紹介
14:00〜14:30 物々交換、ネットワーキング

14:30〜15:30 DVD レインボーバレーファーム@NZ
15:30〜16:00 感想とまとめ(DVDの復習)
16:00〜17:10 DVDを受けての話 参加人数が多ければワールドカフェ+α
17:10〜17:30 シェアリング
17:30〜18:00 後片付け、退出

お誘い合わせの上、お気軽においで下さい。
事前にお申し込みいただけると助かります。

また、時間が長いので、
ランチ、物々交換、ネットワーキングだけ参加したい
とか
パーマカルチャー関連だけ参加したい
という方も参加しやすいように、
いつもと順番が違いますが、
先に物々交換/ネットワーキングを持って来ました。


■物々交換

自分のところでは不要だけれども、
誰かは喜ぶかもしれないなあ、というものや、
自分を自己紹介するのにいいもの、
手作りのもの、
そんなものをお持ちください。

物々交換そのもので話をすることによって
お互いのことを知ったり繋がったりできたらと思います。


「誰かこういうものを持っていませんか?」
という「ください」リストも長くなって来ました。

「2010/8/29くださいリスト」
・アイロン

・2リットル以上のペットボトル 

・ビール瓶、できれば大。中でも可。

・健康サンダル 近くで売っている情報も含めて 

・国分寺か通える有機農家/農業法人の情報 
 できれば有給がありがたいが、無給の研修でも可

・子供用の自転車 

・つな勉で、願い事を言うと叶うと聞いているので…「雨を降らせてほしい」

・飯田さん、片野さんの畑を見学したい 

・250ccのバイク ←話が進んでいます。

・ピアニカ 

・4WDの軽トラか軽のワンボックスカー。できたらこの半年の間に欲しい 

これより以前のものはweb上でご覧下さい。

http://tsunagalu.exblog.jp/11210776/

また、この会用に

・マジックセット
・名札ケース
・名刺サイズの紙(名札用)

も不要な方がいらっしゃいましたらご提供いただけるとありがたいです。
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-09-08 11:06 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
毎日暑いですね。
今日はお昼に雨が降ると思ったので、
早朝から畑に種まきに行ったのに、
ちっとも雨が降る様子もなく、
晴れてどんどん気温が上がっているので、
ぐったりしています…。

8月7日(土)のお昼から、8月8日(日)のお昼まで
藤野のパーマカルチャーセンタージャパンにほど近い
「しのばらの里」でパーマカルチャーのギャザリングが行われます。
http://www.ops.dti.ne.jp/~shinoba/
ここは、廃校になった小学校を町の集まりの場や
宿泊/研修所として利用しているところ。

私たちのパーマカルチャーの卒業制作は
このしのばらの里のパーマカルチャーデザインでした。
なつかしい。

今年の夏のパーマカルチャーギャザリングは、
歌いに来ないか、というお誘いを受けたので、
行くことにしました。

以下、概要。
http://www.pccj.net/event/pages/000091.html
直前ですが、パーマカルチャーに興味のある方は受け入れてもらえると
思います。お問い合わせ下さい。
------------------------------------------------
1.日時
 
   2010年8月7日(土)14:00〜8月8日(日)14:00
 
2.開催地

   ・パーマカルチャー・センター・ジャパン
 
   ・相模原市藤野町しのばらの里 
 
3.交通

 ・電車でいらっしゃる方は

   13:01か13:31JR中央線藤野駅着の電車でおいで下さい
。送迎に行き
ます。ただ、送迎車に限りがありますので,お待ちいただく事もあるか 
   と思います。車をお持ちの方は出来るだけ送迎に協力して頂けると助か
   ります。

 ・車でいらっしゃる方は
   しのばらの里駐車場に車を停めて
下さい。駐車料金が200円程かかり
 
   ます。
4.参加費
  ・本年度の藤野の塾生(デザインコース、実習コースともに)と
   神戸のデザインコーススクール生は無料。
  ・他のコースの塾生および卒業生は1日1,000円
  ・一般参加者は1日1,500円

5.宿泊

 ・パーマカルチャー・センター・ジャパンとしのばらの里宿泊室及びテント
 
  *藤野の塾生は一部テント泊になるので寝袋をお持ち下さい

  *一般の方の宿泊費は食費と込みで4000円になります

6.持ち物

・特に作業などはありませんので、ご用意いただく衣類や靴
などはありませ
  んが、朝晩は冷えることもありますので、上着になるものを
ご用意下さい。
・物々交換会を催しますので、不要品や提供できるサービス
を交換できる形
  でお持ち下さい。

7.スケジュール


8月7日(土)

 13:00〜 受付 しのばらの里

 14:00〜 開会挨拶・オリエンテーション

 14:30〜 自己紹介

 15:30〜 発表

      ・劇(藤野デザインコース生)
 16:30〜 市
 
      ・物々交換や食べ物、品物等の販売・交換など
      (地域通貨を使います)

      ・種の交換

 18:30〜 夕食

 20:00〜 キャンプファイヤー・ミニコンサート


8月8日(日)
 7:00〜 農作業

 8:00〜 朝食

 9:00〜 プレゼンテーション

      1.藤野長屋暮らし  山田貴弘


      2.畑作り      10期生      

      3.祭り       レンジ

      4.グリーンマルシェ 設楽
       そのほか
 10:30〜 夢紬

      これからどんなことをすれば永続可能な社会になっていくか
       皆で語り合いましょう。
 12:00〜 屋台で昼食(皆さん出店してください)
 13:30〜 豊作を祈る荒馬踊り


 8. 連絡先

   パーマカルチャー・センター・ジャパン e-mail: info@pccj.net

   電話:042-689-2088

[PR]
by ayako_HaLo | 2010-08-03 15:27 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)

EDE説明会のご案内

立ち上げ前のカリキュラムの翻訳から
足掛け5年ほど関わっている
エコビレッジ・デザイン・エデュケーションという
プログラムの第二年度が間もなく始まろうとしています。

今年度は、栃木県の「アジア学院」を主な会場としての開催です。
http://www.ari-edu.org/main.html

サステイナブルな暮らしを取り戻すための
ひとつの解決策としての「エコビレッジ」や
「地域のつながりを取り戻すこと」を柱に、
そのためには、私たちは何を考え、知り、行動する必要があるのか、
そんなことを共に作り上げて行くプログラムです。

一年の長期にわたるつながりの中で、
様々なバックグラウンドから参加された
一年目に参加した人たちの協力体制や
つながりは、現在も続いています。

今年度の開催に向けての説明会が予定されていますので、
ご興味のありそうな方への転送も含めて、
検討してみていただけたら嬉しいです。

----以下、転載、転送歓迎--------------------

みなさま

持続可能な生き方、ライフスタイルを創り出す人々のための
エコビレッジ・デザイン・エデュケーション(EDE)の説明会
(7/16(金))のご案内をいたします。

エコビレッジには関心はあるけど、「誰とどうやって始めるの?」
「コミュニテイづくりに必要なものは何?」という方に、

説明会では、今年9月開催のEDEやタイのEDEをご紹介しながら、
「どんな雰囲気で、何をどうやって学べるの?」「どんな人たちが参加
するの?」などの質問にお答えします。

EDEには、コミュニテイーの疑似体験など、これからの時代に役立つ
学びがたくさん盛り込まれています。

「EDE参加したいのだけど・・・」とお悩みの方は、ぜひお気軽に説明会に
お越し頂いてで、疑問をスッキリさせてください!

第2期EDE運営委員会、日本エコビレッジ推進プロジェクト
林 悦子

★第1期EDEでは申込者多数でキャンセル待ちになりました。
 EDEへの申し込みは、7月末が早割の期限となっておりますので、
 ご関心がある方はお早目にお申し込みください!

お知り合いや関係者などにも転送して頂けましたら幸いです。

*******<<<転送歓迎>>>******************
<<第2期EDE説明会参加者募集中!>>

■エコビレッジ・デザイン・エデュケーション(EDE)説明会
日 時: 2010年 7月16日(金) 19:00〜21:00
会 場: 男女共同参画センター“らぷらす” 11階 研修室4
世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール
下北沢駅南口から徒歩4分
     TEL 03-5478-8021 FAX 03-5478-8026
参加費: 無料
内 容: 日本のEDEに関する具体的な説明と質疑応答、
     タイのEDEやヨーロッパのエコビレッジの最新レポート
発 表: 鎌田陽司・林悦子ほか
主 催: 第2期EDE運営委員会
共 催: NPO法人懐かしい未来、日本エコビレッジ推進プロジェクト

■お申し込み・お問合せ
件名に「説明会申込み」と明記の上、下記メール宛にお申し込みください。
※当日参加もできますが、準備の都合上、なるべく事前にお申込みください。
→ 第2期EDE運営委員会、E-mail: お申し込み/お問い合わせメールはこちらまで
  Twitter: http://twitter.com/edejapan

日本では第2期目となるEDEプログラムが2010年9月〜5月にかけて、
学びのコミュニティとして注目を集めているアジア学院(栃木県那須)で、
いよいよスタートします。

・分かち合い、信頼関係を育む場。
・地域に根ざし、自然と調和する場。
・心を支えあい、成長を促しあえる場
・一人ひとりが役割を果たせる(見つけられる)場
・土と心と社会の統合的実践が可能な場
・大きな夢やビジョンをみんなで叶える場

そんな場としてのコミュニティ、エコビレッジを創りだしていくことに
関心がある方、ぜひご参加ください!

EDEの参加募集パンフレットは、URL: http://www.ede-japan.org/ で見れます。
概要については、下記をご参照ください。

***********************************
<<EDE:未来を創造するための学び>>

エコビレッジ・デザイン・エデュケーション(EDE)は、国連の「持続可能
な発展のための教育の10年」の一環として正規に認証された、国際的な
教育カリキュラムです。コミュニティや地域づくりを通じて、持続可能な
暮らしを実践する包括的な学びのプログラムとして、2007年度以降、世界
21カ国で開催されています。 

日本版EDEは世界各国で行われているカリキュラムを、日本の社会状況に
合わせてアレンジしたユニークなプログラム。経済、社会、世界観、環境
の4つの視点で統合的かつ体験的に学んでいきます。
コミュニティの再生という時代の課題、対話と合意形成、新しいリーダー
シップ、地域の力の回復、伝統の知恵と文化の継承、分かち合い、心の成長、
自然との深いつながり、コミュニティと健康、農的暮らし、食やエネルギー
の自給、未来をつくる仕事など、先が読めない時代の中で理想的な暮らし方
を身近なところから実現していくのに必要となる実践的な内容が盛りだくさ
ん。各分野では専門の講師陣を迎え、集中的に効率よく学びや気づきを深め
ていくことができます。日本では2008-2009年に第1期が開催されました。

● 開催日程   2泊3日のワークショップを毎月1回、合計9回 
        (2010年9月〜2011年5月)
● 定員  30名 
●主な講師/ファシリテーター
古橋 道代:グローバル・エコビレッジ・ネットワーク・オセアニア&
      アジア・日本大使。木の花ファミリー在住
榎本英剛:CTI(The Coaches Training Institute)ジャパン創立者/顧問。
     NPO法人トランジション・ジャパン共同創設者
廣水乃生:コミュニティ・ファシリテーション研究所代表
田中 優:未来バンク事業組合理事長、天然住宅共同代表
鎌田陽司:NPO法人懐かしい未来代表
内山 節:哲学者。NPO法人森づくりフォーラム代表理事
糸長浩司:日本大学生物資源科学部教授。パーマカルチャー・センター・
     ジャパン代表
藤村靖之:非電化工房、発明起業塾主宰。日本を代表する発明家の一人

●主な開催場所 アジア学院 那須セミナーハウス 
http://www.ari-edu.org/main.html
●主催、後援団体
主催:第2期EDE運営委員会
共催:NPO法人懐かしい未来、日本エコビレッジ推進プロジェクト
後援(予定を含む):グローバル・エコビレッジ・ネットワーク(GEN)、
         エコビレッジ・ジャパン・ネットワーク(EJN)、環境省等
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-06-30 07:06 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
おととし、13人のグランマザー国際会議in ラコタに行って来て、
今年は、秋に日本で国際会議が開催されます。
私はほとんどスピリチャルなことを頭では理解していませんが、
ものすごくスピリチャルな体験だったなあ、と思います。
その時のことを少し書いています。
http://fromayako.exblog.jp/7060251

そのプレイベントが近々開催されますので、
ご興味ある方、ぴんと来た方はおいでください。

私はおととしは、あれ?という間にサウスダコタにいました(笑)。

13人のグランマについて。
http://grandmas.exblog.jp/http://grandmas.exblog.jp/

以下、東京のプレイベント情報の詳細です。
他に、名古屋、奄美で開催されます。
詳しくはこちら。
http://gaiacafe.exblog.jp/


13日の昼の回では、おそらく歌うことになると思います。

----------------------------------------------

13人のグランマザー国際会議 in JAPAN プレイベント
 このシマ(地球)の未来を想う

ドキュメンタリー映像「FOR THE NEXT 7 GENERATIONS」(85分)上映と
グランマザー・クララ×発起人ジョティ×龍村ゆかりのトーク

日 時 2010年3月31日(水)
昼の回 
14:30 受付
15:00 上映&トーク
17:30 終了

夜 の回
18:30 受付
19:00 上映&トーク
21:30 終了
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター
     国際交流棟 第1ミーティングルーム
参加費 1000円
(当日会場にてお支払いください。釣銭なきようご準備をお願いいたします)
お申込先 
e-mail: お申し込みメールはこちらまで (龍村ゆかり)

メールにてお名前と人数をお知らせくださ い。
人数が定員を超えた場合のみ、お返事差し上げますことご了承ください。
主催 いのちの環 080-5453-9449
http://www.motherspirit.org
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-25 10:45 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
b0024339_112334.jpg

2007年に来日したサティシュが再来日中。
関西方面のイベントを終えて、14日(土)からは関東圏での
イベントが続きます。

彼の自伝的著作『君あり故に我あり』も素晴らしいですが、
読むだけでなく、ぜひ直接会って話を聞いてみてほしいな、と思います。
前回、来日したときのことをブログで書いていますので、
ご存じない方はその時のメッセージの一部をご覧下さい。
http://fromayako.exblog.jp/6897232

前回来日時のインタビュー映像
http://www.japangreen.tv/life/#/000259

前回の来日の出会いでも環が広がり、
『宇宙に融けこむエコー・ハートフルな生き方』
『ブッダとテロリスト』という本の出版、
『地球巡礼者』という映画への出演などもあり、
(部分的な映像あり) http://www.earthpilgrims.com/japanese/
今回は早々に各地のイベントが満員御礼になっているようですが、
まだいくつか残席があるものもあるようです。

ピンと来られた方は、ぜひご参加を。
私は、既に満員御礼ですが、14日(土)@葉山にお邪魔します。

-------------------------------------------------------------
全体のスケジュールはこちらにあります。
http://www.anhjapan.com/event/Satish.html

11/14(土) ★満員御礼
 【講演会(討論会?)】つながりを取りもどすために 「土」と「心」と「社会」
  17:00〜21:30 葉山
  URL:http://www.kamawa.net
  共催:NPOかまわ・トランジション葉山・トランジション鎌倉・NPO法人懐かしい未来
-------------------------------------------------------------
11/15(日)
 【舞台挨拶】「朗読劇:ブッダとテロリスト」
  13:30〜(未定) 本郷「求道会館」
  主催:「平和への祈り」実行委員会(連絡先:梶本恵美)
  URL:http://www.myrtle.co.jp/05events.html
-------------------------------------------------------------

11/18(水) ★満員御礼
 【講演会】つながりを取りもどすために「土」と「心」が創る「持続可能な社会」
  14:00〜18:00(予定) 広尾
  URL:http://afutures.net/
  主催:NPO法人懐かしい未来
-------------------------------------------------------------
11/19(木)
 【講演会&対話】平和で持続可能な社会を創る方法
  10:30〜15:30 九段下「インド大使館内 講堂」
  URL:http://www.bodymindspirit.co.jp/20091119.html
  主催:(株)ボディ・マインド・スピリット(連絡先:渡邊愛子)
-------------------------------------------------------------
11/21(土) 
 【1day シューマッハ・カレッジ】「持続可能なエコノミー、聖なるエコロジー」他
  10:00〜16:00 虎ノ門「発明会館」
  URL:http://www.bodymindspirit.co.jp/20091121.html
  主催:(株)ボディ・マインド・スピリット(連絡先:渡邊愛子)
  -----------------------------------------------  
 【平和フォーラム2009】Be the Change〜“おかげさま”からつながる世界
  18:00〜20:00 築地本願寺
  共催:ナマケモノ倶楽部(連絡先:馬場直子)、東京朝市アースデイマーケット
  URL: http://www.sloth.gr.jp/aboutus/event/2009/091121.htm
-------------------------------------------------------------
[PR]
by ayako_HaLo | 2009-11-13 11:03 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
父が出品している関係で、
私自身は必ず見に行っている展覧会が今年も開催。

離れて暮らすようになってから
どんな絵を描いているのか途中経過を知らないから、
展覧会の会場で、ふーん、この一年はこんな感じだったのか、
と見ることになる。

父から何枚か招待状が届いたので、
会期中に見に行きます!と言う人がいれば送りますのでお知らせを。
一枚のはがきで二名様まで入場可です。

さらに、国立新美術館で同時開催中の
THEハプスブルク〜華麗なる王室と美の巨匠たち
も二紀展の会期中に限り、割引で見られるそうですw

絵画&彫刻 第63回二紀展2009
10月14日(水)〜26日(月) 10:00amー18:00pm (最終日14:30pm)
  入館は30分前まで 10月20日(火)休館
国立新美術館 http://www.nact.jp/
 地下鉄「乃木坂」直結/地下鉄「六本木」徒歩5分


東京のあと、巡回展が行われるけれど、父の作品が展示されるのは、
おそらく福岡と長崎じゃないかなあ。未確認

名古屋 2009年11月3日〜8日@愛知県美術館
京都      11月17日〜23日@京都市美術館
広島  2010年1月19日〜24日@広島県立美術館
福岡      3月30日〜4月4日@福岡市美術館
長崎      4月6日〜18日@長崎県美術館
金沢      4月27日〜5月5日@金沢21世紀美術館
浜松      6月9日〜13日@クリエート浜松
[PR]
by ayako_HaLo | 2009-10-10 10:48 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
今住んでいるところの近所に(車で5分くらい)
鯉淵学園栄養農業専門学校というところがあります。
http://www.koibuchi.ac.jp/

何度か私が話題に出しているので
聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

去年の6月に今住んでいる友部に引っ越して来て、
すぐ8月にオープンキャンパスがあったので、
高校生に混じって参加させてもらって、
そのときにお会いした涌井義郎先生のご好意で
あちこち繋いでいただいて結構大きな畑を借りられたり
鯉淵学園の中にある「農の詩」という有機の直売所に
今年の春にエンドウ豆類を出荷させていただいたり、
そこから更に繋がって…というご恩のある学校です。

今年の春から日本で始めて
有機農業だけを扱う学科を設けただけでなく、
社会人や一般の人向けにも
週末を利用したコースをいくつかに分けて開催しています。
http://www.koibuchi.ac.jp/training/business/index.html

併設している「農の詩」という直売所も
主に近所の有機農家さんが出荷していて、
都内では考えられない値段でとても新鮮なお野菜が手に入ります。
http://nounouta.cool.ne.jp/


お世話になっている涌井先生がホントに素敵な先生で、
先生が去年出されたこの本は相当いい本だと思います。

解説 日本の有機農法—土作りから病害虫回避、有畜複合農業まで

その鯉淵学園が今年の8月にもオープンキャンパスを開催します。

専門学校の専科に興味のある人だけでなく、
鯉淵学園に興味のある人
社会人のためのコースに興味のある人など
幅広い人の参加を受け付けてくださる、ということを
伺っています。


■鯉淵学園栄養農業専門学校オープンキャンパス
http://www.koibuchi.ac.jp/open/index.html
日時:2009年8月27日(木) 11:00〜
  10:30常磐線友部駅集合 バスによる送迎あり

去年の例で行くと(今年も同じかどうか知りませんが)

始めに学校の概要についてのお話を聞き、
キャンパス内の食堂でお昼ご飯をごちそうになり
学校内見学/体験
 有機のほ場見学
 なしの収穫体験
 畜産の厩舎に移り、見学
 子牛への授乳体験
個別の相談、質問の時間
学園産のぶどうのお土産!

という一日でした。

この中にある相談/質問の時間に
涌井先生からいろいろなお話を聞かせていただいて、
全体のお話が終わった後に
学園内にあるビオトープにも特別にご案内いただいて
パーマカルチャーも目指す循環のしくみを
取り入れていらっしゃるお話を聞きました。

私も今年、また改めてオープンキャンパスに
参加させていただこうと思っています。
ご一緒にいかがでしょうか。


事前に鯉淵学園にお申し込みが必要です。
電話:029-259-2811
Eメール:こちら
お申し込みの際には希望学科と参加人数をお知らせください。

とのことです。


私の方にも、「申し込みましたよ〜」という
ご連絡を入れていただけると、
お会い出来ることがわかって嬉しいです。

お会い出来るのを楽しみにしています。
[PR]
by ayako_HaLo | 2009-08-23 22:55 | exhibits/events | Trackback(1) | Comments(0)
全国あちこちを木を植えて歩きながらイベントを開催中のようで、
各地で大きな反響を呼んでいるようです。

関東近辺でこの週末に行われますので、
ピンと来た方は足を運ばれてみてください。

2009年6月6日(土)東京都・清澄、7日(日)神奈川県・江ノ島
ポール・コールマン&ジュネス・パーク 講演会
6日(土)清澄庭園 http://www.anhjapan.com/event/20090606.html
7日(日)江島神社 http://ameblo.jp/earth-peoples/entry-10256207062.html
6月9日(火)には岐阜県・高山で、11日(木)には京都でと講演会が続きます。
こちらの方も、近隣にお住まいでご都合の合う方は、ぜひ足を運んでみて
下さい。詳しくは http://www.earthwalker.com/index_jp.html へ。
(このURLの画面下の方にありますので、スクロールをお願いします。)

〜以下、転送歓迎〜
http://www.anhjapan.com/event/20090606.html
18 年間地球を歩きながら、木を植える続けているアースウォーカーのポール・コールマンさんは、2008年「グリーン・オリンピック・ウォーク」のために約1 年間、中国を歩いてきました。ポールさんが見た中国の環境の現状とはどのようなものだったのでしょう。それが、私たちの食生活に与える影響とは?そして、私たちには何ができるのでしょうか?

植樹やパーマカルチャーによる食づくりを通して、南アフリカの人々が再び大地とのつながりを取り戻せるように手助けをしている環境活動家のジュネス・パークさんをゲストにお迎えし、持続可能で幸福で豊かに暮らしていくための秘訣をお話していただきます。

食べ物と私たちの間に経済システムが介入した為に生まれた様々な問題が顕在化している中で、あらためて土と食とのつながりを取り戻すきっかけと知恵と情熱を与えてくれる、貴重な機会となることでしょう。

※お席はまだございます。どうぞふるってご参加下さい!

6月6日(土)
17:30開場 18:00開演 (終了予定20時)
会場: 清澄庭園「大正記念館」 定員150名
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index033.html
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
アクセス: 地下鉄半蔵門線/都営大江戸線
「清澄白河」駅 徒歩3分 
参加費: 前売り 3000円 / 当日3500円

—お申し込み方法—
Eメール:20090606☆bodymindspirit.co.jp(☆→@)
または FAX: 03-6768-3052 宛てに
【参加者ご氏名】(複数可)、
【お電話番号】
【(FAXの方は)FAX番号】
【どちらでこの講演会のことをお知りになったか】
をご記入の上、お申し込み下さい。
折り返し、振込先ほか詳細をご連絡いたします。
主催: 株式会社ボディ・マインド・スピリット
協力: アライアンス for a New Humanity
協賛: CSOピースシード(ピースシード新サイト)
    パーマカルチャーセンタージャパン
    エコ村プロジェクト
    NPO 「私にできること」
    NGO大森林(リンク先はmixiコミュニティ)
    鯉淵学園農業栄養専門学校
    HaLo
    パーマカルチャー・ハーバリスト・プロジェクト
    やさい暮らし


ポール コールマン
【アースウォーカー、環境活動家】  1954年、イギリス、マンチェスター生まれ。1990年、アマゾンの森林保護を訴えるため、カナダから第一回地球環境サミットの開催地ブラジルまで、2 年間かけて徒歩の旅を敢行、メキシコでは1万人の人々と歩き、それに刺激されたチアパス州政府は125万米ドルを熱帯雨林保護に充当することを決定した。以来、39カ国、4万7000キロを歩き、支援者によって1130万本以上の木が植えられた。環境の再生と持続可能な社会の実現のために「個人が行動することの重要性」を伝えている。 1994年から国連ピース・メッセンジャー・イニシアチブ 「カルチャー・オブ・ピース・イニシアチブ」大使。 www.earthwalker.com

菊池木乃実
   【作家・通訳】1965年茨城県生まれ。2004年、アースウォーカー、ポール・コールマン氏の講演会に参加。彼の活動に感銘を受けたことがきっかけで、翌年、コールマン氏の半生を執筆し、角川書店より出版した。その後、沖縄本島を歩きながら木を植える旅に参加し、2005年9月にコールマン氏と結婚。以来、コールマン氏と共に、中国、韓国、日本など約5000キロを歩き、共に活動を行っている。著書に「木を植える男 ポール・コールマン 4万2000キロ徒歩の旅」(角川書店)などがある。 http://blogs.yahoo.co.jp/earthdaywalk


ジュネスパーク
 【NGO 「フード・アンド・ツリー・フォー・アフリカ」代表、 環境活動家】 1953年、南アフリカ、ヨハネスブルグ生まれ。アフリカでは、北のワンガリ・マータイ、南のジュネス・パークと言われ、マータイ氏と並んでパワフルに活動している環境活動家。1990年、NGO「Food And Trees For Africa」(食と森をアフリカに)を設立。アパルトヘイト政策によって荒廃してしまった貧困地域(南アフリカの人口の66%が住む)を森にする「Urban Greening Forum」や、政府から初めてマイホームを支給された人々に、庭に植える木をプレゼントし、失われてしまった大地とのつながりを取り戻してもらうと同時に環境教育と地球温暖化の防止を行おうという「Trees For Homes」、130以上の学校で子供たちが校庭で無農薬野菜を育て、給食にしたり、地域に販売したりできるパーマカルチャー教育「EduPlant」などを展開している。2007年には国連環境計画(UNEP)から環境活動家に与えられる名誉ある賞、「UNEP笹川賞」を受賞。 www.trees.co.za
[PR]
by ayako_HaLo | 2009-06-04 00:11 | exhibits/events | Trackback | Comments(1)
なんだかんだと怒濤の日々を過ごしております。
そんな中、今日、39歳の誕生日を迎えました。パチパチ。
30代最後の一年が始まりました。
果たして一年後、私は「不惑」になっているんだろうか(笑)。



昨日は、朝起きたら、キヨシローさんが他界した
というニュースが飛び込んで来て、
そんなにファンだったとか、
直接会ったことがあるとか、
そんなことがある訳じゃないのに、
彼が私の中に占めていた部分に気づいて、
喪失感を感じてしばらく追悼の時間を持ちました。
すごいたくさんの人たちが同じような感覚を持っていることを知って、
その時間を共有した感じがして、じんわりといい時間でした。



昨日、今日は畑に行って、
サヤエンドウ、スナップエンドウ、グリーンピースの収穫
ジャガイモの土寄せ、草刈り
などをやっています。

現在は、全部で2反くらいの畑をやるようになったのだけど、
東京に住んでいたときは、ベランダ菜園で
どこまでやれるんだろう、ということを実験していた気がします。

今思うと、「あんなものの苗を買うなんて、ぷぷ…」というような
種から自分でやってもすっごい簡単な植物の苗を買い込んで来たり、
こんな狭いところで、無施肥(肥料なし)でできるのか??
とか、
それぞれの植物の受粉の仕組みを知らずに、
そんなんじゃ、実はつかないよなあ、
というようなことをやろうとしていたり、
無自覚の実験を繰り返していたなあ、と思います。

まあ、それはそれでいいんですけどね。

でも、ある程度、どういう実験なら面白いのか、
ということがわかって実験できたら、
有意義な実験結果が出るんじゃないかな、
と今は思います。

あんまりいろいろ知らずに、
または、もっといろいろなことを知りたいと思いながら
都会に住みながらベランダや屋上に菜園を作ってみよう、
とされている方を対象にワークショップを開催します。

こういうことに興味を持ち始めていそうな
ご友人たちに転送大歓迎です。

よろしくです。

以下のイベントは延期になりました。
また、日程が決まりましたらお知らせします。


〜JEPP Energy Garden presents 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
屋上菜園ガーデンのススメ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日本では、農ある暮らしへの転換が始まろうとしています。

「JEPPエネルギーガーデンプロジェクト 屋上菜園ガーデン」が目指すのは、都市の限られたスペースを利用して家庭内自給率をアップすること。都会でも、屋上やベランダ、また部屋の中など、各家庭の条件にあわせて、菜園づくりのお手伝いをしていきます。
5月から始まる全3回のワークショップシリーズでは、講師に屋上菜園の製作と普及をすすめる阿 部義通さんをお迎えし、種まきから収穫までの間、各家庭のガーデンデザインや栽培についてアドバイスしていきます。

【どうして屋上でできるの?】
JEPP屋上菜園ガーデンのヒミツ、それは「土」。吸水性が高く有機成分を多く含む泥炭を使っているので、少量の土(深さ10cm以下)でも野菜がスクスク育つ環境をつくることができるのです。だから構造上重いものをのせられないマンションやアパートでも、限られたスペースを利用して菜園ガーデンをつくることができるんです 。屋上は日当たりが良く、風も通るので野菜づくりには最高の場所。賢く活用していきましょう!

【地球を幸せにする3つの工夫】
<土> 「ルーフソイル」は吸水性と保水性に優れているので、夏場でも週2回の水やりでOK。乾燥しても風に飛ばされないので、市街地でも安心して使えます。
<木枠> 国産のヒノキ間伐材を使って社会福祉法人で製作しています。
<種&苗>種や苗から有機、固定種栽培にチャレンジ!

【野菜づくりをもっと楽しくする Mixiコーチング】
参加者にはミクシのコミュニティでプロが栽培のアドバイス。種まき後のハプニングも楽々解決! コミュニティで自慢の野菜を披露しちゃいましょう!

========●WS開催日時&募集形態●==========

第1回 5月9日(土) 14:00-16:00
「屋上で、ベランダで!自分でつくる無農薬野菜
〜オリジナル菜園キットによる実習〜」
第2回 7月25日(土) 14:00-16:00
「旬の完熟野菜をつくる〜糖度計と舌でおいしさをチェック!〜」
第3回 9月26日(土) 13:00-16:00
「おいしい野菜にシタツヅミ〜成果報告&収穫祭〜」

◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇

<講師>阿部義通(NPO法人大江戸野菜研究会・技術管理部会長/ミヨシフロンティア代表取締役)
<募集形態>単発参加可能、連続参加歓迎!
<料金>単発=1回1500円、連続=4,000円(ガーデンキットの購入は別料金になります)
<募集人数>各回50名
<会場>第1回/文京区シビックセンター地下一階アカデミー文京・学習室
第2回・第3回/文京区シビックセンター、または近隣施設を予定しています。

◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇・◇

主催:JEPP(日本エコビレッジ推進プロジェクト) http://jepp.org/
●講座のお申し込み・お問い合わせ
メール/saien.garden[@]gmail.com 電話/090-3613-6262(澤田)
●当日連絡先/090-6043-1962(板谷)
[PR]
by ayako_HaLo | 2009-05-04 21:12 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)