制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:self-build( 5 )

三省堂の大辞林を見ると、二つ目の定義に
【たてかた(建て方)】現場において構成材を組み立てること。木造建築では土台・柱・梁・小屋組を組み上げる棟上げまで
と書いてある。

穂高養生園で行われたセルフビルドのワークショップ第二回目(2006年5月26日〜28日)は、この「建て方」がメイン。遥か昔のことになりつつあるので、完全に忘れてしまわないうちに、少しだけメモを。

5月26日

b0024339_12255653.jpgワークショップ一回目で造った「版築」の基礎の上に、栗の木の「土台」がボルトで止められ、その上に柱が立てられた。大工さんが使う「板図」(板に書いた図面)に従って縦横「い」「ろ」「は」…という番地と「一」「二」「三」…という番地の交わったところに立てる柱を探して運んで来る。柱によって寸法も違うし、ほぞやほぞ穴を刻んであるものが違うので、あらかじめ柱にそれぞれを記して作業が進めれていた。「いの一番」という言葉はここから来たもの。柱の上に乗るのが「梁(はり)」、そして「桁(けた)」。今回のコクーンハウスでは四つの面を直線に製材した材ではなく太鼓材という二面だけを落とした材を使用。材の持つ「弓なり」を利用する。梁として使うとき、山形に据えると、直線の材を使うよりも強度が上がるとか。カッコいいし、強度も上がっていいんだけど、こういう材を利用するってことはそれに伴う細かい作業(梁の上に乗っかる「束」の長さがいちいち違うのを計算したり、ほぞを彫る時に一旦平面を出したり…)が増えるってこともやってみてわかった。

b0024339_1663545.jpg梁の上に乗っかっている短い柱が「束(つか)」。そして束の上に乗っているのが「母屋(もや)」。母屋のうち屋根の一番高いところに当たるものを「棟木(むなぎ)」と呼ぶ。そんなわけで、この屋根の一番高いところの材を設置する作業を「上棟(じょうとう)」とか「棟上げ(むねあげ)」と呼ぶ。この写真ではまだ棟木はかかってない。写真の中で大きな木槌を二人が使っているけれど、この木槌を「掛矢(かけや)」と呼ぶ。「ほぞ」と「ほぞ穴」の関係は、入らないってのは論外だけど、緩すぎてもダメで、この掛矢を使ってがんがん叩いて入って行くくらいがちょうどいいんだってことも体験して分かった。森の中にカンカン響く掛矢の音が気持ちいい。

b0024339_12394115.jpgこの写真では既に棟木が乗っているんだけど、見えない(笑)。棟木から母屋に乗せて「垂木(たるき)」がかけられて行く。まだ骸骨みたいな状態。この状態で上に登ると下が丸見えで結構怖い。それでも大工さんとか木こりのトシェとかは慣れたもので、ほいほい飛び回る。さすが。私は力仕事の連続でもあるし、高いところで足手まといな気がして、すっかり撮影隊(笑)。

b0024339_12463534.jpg一段落したところで登ってみる。まだ骸骨だからちょっと怖いんだけど、垂木を棟木にビス止め中。かなり真剣。


5月27日

b0024339_15185062.jpg垂木がかかったところで、今度は「野地板(のじいた)」を張る。今回は、野地板の屋内面がそのまま天井になるので「化粧野地板」という室内面が化粧板になっている材を釘で垂木に打ち付けて行く。化粧野地板には側面に「実/核(さね):(3)〔建〕 板と板とをはぎ合わせるとき、一方の板の側面につける細長い突出部。他方の板に細長い溝を作ってこれとかみ合わせる。さねほぞ。(大辞林より)」が作ってあって、これを噛み合わせながら打ち付けて行く。材の長さが足りなくて継ぐ時は、必ず垂木の上で。

b0024339_12513267.jpg今回は、屋根の上に土を上げて「草屋根」を造る関係からか野地板をもう一枚張る。低い方から高い方の棟木に向かって張って行く。屋根の上はかなりの大人数だったけれど、寸法を測る人、材を切る人、打ち付ける人、どんどん作業は進んで行く。既に一枚化粧野地板が張られているので、どこに垂木があるのかちゃんと確認出来ないので、垂木が通っている場所に一度「墨」を入れた。この方が安心。

b0024339_1520828.jpgこんな屋根の上でも電動「丸鋸(まるのこ)」を操る。屋根の形を整えているところ。書く順番が前後するけど、野地板を張る前に張りつけた「鼻隠し(はなかくし)」と「破風板(はふいた)」も見える。こういう名称がわかってから建物を見てみると、鼻隠しをしてない建物もあるなあ(寺社など)とか、破風板立派な板で張ってあるなあ、とか建物を見る目が少し変わった。この後、屋根の周りを「唐草(からくさ)」という金属(アルミかな)で囲む。唐草は短いビスで打ち付け、屋根にぴったり潰してくっつけていく。

b0024339_1521144.jpg前に書いた「唐草」っていうのは写真に示してある部分。野地板に屋根材を接着する為の、タールが主材料になっている接着剤を塗って行く。まんべんなく、そして乾きが早いように薄く塗ること。板の間に大量に落としてしまうと天井まで染みてしまう。塗り終えたら完全に乾くまでしばし休憩。

b0024339_1417484.jpg今回の屋根材は、ロールになっているこのシートを一枚貼るだけ。まずは屋根の形にカッターで切りそろえる。裏側は黒いタールのようなものがべたべたしていて、シールを剥がすように薄いビニールを剥がして屋根の上に固定して行く。裏側同士とか、タール材を塗った屋根に一度くっつくとかなりの粘着力。先に張る場所をきっちり決めてから半分ずつ裏紙を外す。雨じまいのことを考えて、屋根材は必ず低い方から張る。言われたら当たり前のことだけど、知らずに張ったら頂点から張ったりしそう〜。

b0024339_14232963.jpg屋根が張り終わったところで、筋交いを入れて行く。壁を塗る時の「木ずり」のことを考えて材の太さを決め、入れ込む材をカットする。これも掛矢で叩いてギリギリはめ込むような大きさにする。筋交いを入れられない玄関方向などは「仮筋(かりすじ)」と呼ばれるいずれ外してしまう細い筋交いを入れて構造を安定させておく。

5月28日

b0024339_14274765.jpg下屋(げや)も一棟だけ建ててしまう。大辞林によると【下屋】とは「母屋(おもや)から差し出して作られた屋根。また、その下の空間。」とのこと。玄関前のポーチって感じかな。この写真では既に当たり前のように立っている丸太の柱は、前に伐採の様子を書いた唐松。基礎は敷石を敷いてあってその凸凹をスクライバーで柱の下面に書き移し、その部分をチェーンソーで削ってぴったり合うように加工されて立っている。お相撲さんが突っ張ったら倒れるかもしれないけど、私が押したくらいではびくともしない。ある意味では立ってるだけなんだけどね…。下屋の桁や梁は垂木の乗るこう配を考慮したり、仕口を「蟻落とし(蟻掛(ありかけ)とも言うらしい)」という形に刻みを入れたり、結構、色々やったんだけど、気づいたら写真を撮ってない。失敗。蟻ほぞは抜けにくくするためにほぞの奥の方が広く扇型になっているもの。

b0024339_14504383.jpg下屋にも垂木がかかって行く。今度もビス止め。かけた後で、必要な長さに墨を入れて、電動丸鋸が入るところまで切り目を入れ、残りを手ノコで落として行く。

b0024339_14584689.jpg鼻隠しと破風板を取り付ける。今回のワークショップはここまで。3棟全ての建て方が終わり、一棟だけ下屋も建てた。事前には雨が降る予報が出ていたので、全天候型で作業が出来るように、とブルーシートのテントの準備まで事前にしておいたけれど、結果的にはほとんど雨も降らず、気持ちのいい天気の中予定していた作業を全てこなすことができた。実際、今回の建て方や屋根張りっていうのは、雨が降っていたら出来ない作業で、お天道さまにも雨の神さまにも大感謝。今回のワークショップに参加したのは10人中、9人が男性で、女性は私一人。女性の参加者が他にいなかったのはたまたまだったのかもしれないけれど、特に構造を組み立てるところは「力仕事」の連続だった気がする。お疲れさま。

更に詳しいレポートは穂高養生園レポート2で。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-07-21 16:01 | self-build | Trackback | Comments(6)
残念ながら自分で切り倒したんじゃないんだけど、あんまり見ることのない伐採を見せてもらったので、書いておこうと思う。

今回は間伐などではなく、必要な材料を調達する為の伐採。丸太の柱にするために必要なまっすぐで太目の木を物色しに山に入る。木の間を「ちょっと曲がってるなあ」「これくらいならいいかなあ」「あちっちの方がいいか…」などと言いながら歩く。この会話は伐採される唐松の側に立ってみると、倒されるか倒されないかを決める為の重大な会話な訳で、「選ばれなかった」とほっとしたり、「選ばれなかったと思ったのに倒されることになってしまった…」と思ったりしてるんだろうなあ、と話しながらちょっと切なくなってしまった。

伐採する木を決めたあと、また、決める時にどの方向に倒すかも決める。今回は倒す木の中に、運び出しやすい方向に倒すと一般道路を塞いでしまうものがあった。それでどうしたかというと、木こりのおじさん、通称トシェが木に登って、長過ぎる分を先に切り落とすことになった。

b0024339_23293923.jpg腰にロープを長靴に金具をつけ、トシェがするするとターゲットの木に登って行く。今回は10mほどの長さの太い丸太が欲しいということで、10mの高さまで登る。10mのところに印を入れたロープをチェーンソーを結びつけて、そのロープを持って登って行く。10mという高さがロープで分かるし、10m登ったところでロープを引き上げるとチェーンソーが手に入るという訳。

b0024339_23462870.jpg地上10mの位置でこの体勢。ここでまずチェーンソーを入れて上の部分を切り倒す。

b0024339_23481375.jpg一本斜めに倒れて行くのが分かるかなあ。倒れて行く。

b0024339_2350186.jpg使い終わったチェーンソーは引き上げたロープを使って降ろす。

b0024339_23513382.jpgそして木から降りて行く。

b0024339_2353479.jpgこちらは大工のみっちゃん。あとで運びやすいように枝を切り落とし、ある程度の長さに切っておく。

b0024339_23543113.jpg木を根元から切り倒す。まずは木を倒したい方向に地面に平行にチェーンソーを入れる。幹の太さの約三分の一程度。

b0024339_23564968.jpg同じ方向に斜め上から切り目を入れる。

b0024339_23584659.jpg既に切り目を入れた側とは逆の方からチェーンソーを入れる。このとき、既に入っている切れ目よりも15cmくらい?上の方に入れる。自重で木は倒れて行く。

b0024339_003829.jpgトシェが木に登る為に使っていた道具。金具は足につけて、長いスパイクのついた長靴にして、その針の部分を木に刺しながら登っていた。

切り倒した唐松は翌日には皮を剥いだ。木の皮をつけたまま転がしておくと、虫が入りやすくなるらしい。木を乾燥させる時には皮を剥いでから。唐松の皮は簡単に剥けた。ぺりぺりと気持ちいいくらい。皮と幹の間にはココナッツみたいな白い層があって、瑞々しくて、なめてみるとちょっと甘かった!松には「脂(やに)袋」がある場合があって、大きいものは中にリットル単位で脂が入っていることがあるとか。今回倒した唐松にはそんな大きな脂袋は見つからなかったけどね。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-06-19 00:10 | self-build | Trackback | Comments(2)
今週末に行われるセルフビルドワークショップの第二回目に参加するために、長野の安曇野に来ている。今回は一週間以上前に入って、作業を教えていただきながら、お手伝いをしているんだけど、先月来た時の「冬~春」という感じとは打って変わって、すっかり「春~初夏」になっていた。先月はようやく山の緑が芽吹き始めたところだったのが、今はすっかり新緑の季節。山を埋め尽くす薄緑色の木々の葉っぱが美しい。

着いた初日は、ちょうど山菜採りに行ってきたスタッフがいてくれたおかげで、こごみ、うど、行者にんにく、ふきのとう、蕗、竹の子などなどの春の味覚の数々の夕食だったし、その後も毎日山菜尽くしの贅沢な食事をいただいている。

今回のワークショップは、土台に柱を立て、屋根を作り、草屋根を作るところまで。
http://www.yojoen.com/2006selfbuild.html

今回はパソコンも持って来ているんだけど、やっぱり毎日なんだかんだと忙しく、まだ自分のマックを繋げてみてもいない状況。写真も撮っているんだけど、そんなわけで、アップできてない。また時間を見つけよう~。
[PR]
by ayako_halo | 2006-05-20 22:25 | self-build | Trackback | Comments(2)
セルフビルドワークショップ@穂高養生園で書いた通り、2006年4月21日〜23日にセルフビルドのワークショップに参加してきた。第一回目は基礎を版築で作ること。そして墨つけと刻みのさわりだけを体験した。
墨つけ:木材に中心線やのこぎりを入れる線などをつけて行く作業
刻み:墨つけに従って、のこぎりを入れる作業


ワークショップ終了後に2日養生園に滞在して、墨つけと刻みを続行した。ワークショップの時に撮った写真も利用して、覚え書き程度の順番を記しておこうと思う。

b0024339_2172699.jpg写真は「梁」。太鼓材と言って、木の皮を剥いで二つの面だけを切り落とした木材。木の皮は剥がしておかないと、虫が湧いたりして腐りやすくなるのだとか。だから、ログハウスや公園のベンチに至っても皮だけは確かに剥がしてある。使用している梁は12cm巾。自然木なのでまっすぐの物ばかりではなく、湾曲しているものもある。梁として使用する時には、必ず湾曲の頂上が上を向くように使用すること。これで湾曲していることでかえって強くなるそう。写真に簡単な書き込みをしたように、地面との水平を出す線を「水墨」といい、柱の中心が来る線を「真墨」という。この辺の用語も知らなくてもいいんだろうけど、知っていると現場でのコミュニケーションが楽。言葉ってそんなものだよね。また記号として「Z」の角が丸まったような印が「真墨」の印。

b0024339_21134562.jpg墨つけは材の6面全てに行う。材の端は垂直に製材されていないので、墨つけする前に垂直に落とす。

b0024339_21152162.jpgこんな感じ。この面がきちんと垂直になっていないと、材の両側にひいた墨がずれてしまうことになる。まっすぐにのこぎりを引くのって難しい。

b0024339_21172679.jpg墨に従って、柱と組み合わさる部分の面取りをする為に、刻みを入れる。横に入れている線まで切り込みを入れ、この部分は削り取ってしまう。これをやっておかないと、(1)柱と「ほぞ」「ほぞ穴」で組んでも、安定が悪い。(2)ほぞが見えてしまって見栄えが悪い。

b0024339_21205343.jpg更に使用するノミの大きさに合わせて(今回は3cmのを使用したので3cm巾)、同じ深さまで切り込みを入れる。これを入れておくと、面取りの線まで削り落とす作業がものすごく楽になる。ノミを横からげんのうを使って入れると、パラパラと剥がれて行く。

b0024339_21244466.jpg最後に面をきれいにならす。木目が面の通りにはなっていないので(当たり前)、平らにするのも結構難しいもの。

b0024339_21392094.jpgそこへ、ほぞ穴の墨つけ(幅30mmx長さ120mm(合わせる柱は120mm角)をする。

b0024339_2126569.jpgそして深さ55mmまで掘り進む。これは、ほぞの高さが50mmなので5mmの余裕をとってのこと。これを全てノミとげんのうだけでやるのはかなり時間がかかった。

b0024339_21291110.jpg電動工具が使えると、インパクトドライバーに取り付けたドリルで穴を空けることによってずっと簡単に穴が掘れる。3cm幅のドリルを使用。インパクトドライバは、充電式と電源に繋ぐタイプがあるが、充電式が使用する場所を選ばない代わりに、充電池、充電器の分値段が高いとのこと。とりあえずは、コードのついてるやつを買おうと思っている。

b0024339_2134394.jpg実際は、柱の上に梁が乗るので、写真は上下逆になるはずだけれど、上の方に見えているのが柱の「ほぞ」で、下の梁にあいている穴がほぞ穴。

b0024339_2135911.jpg入らないのは論外だけど、緩すぎるのもダメ。がしっとげんのうで叩いて入るくらいのぴったりの大きさを目指す。この柱と梁で家を支えるんだもんね〜。


b0024339_2142418.jpg4月22日(土)に仕上げた版築の基礎の型枠を4月26日(水)にはずす。その全体像。遠目にも色粉を入れたところの層が見えている。

b0024339_21444029.jpg近寄って見るとこんな感じ。タンパーで突き固めた上の方は空気が全く無くなり、これ以上ないってくらい締まっているけど、下の方はまだ少し隙間がある。けれど、これも模様になっていてきれい。かなりしっかり突き固められていると思う。

現在、養生園では5月26日(金)〜28日(日)の第二回ワークショップの「建て方」に向けて、スタッフによる更なる墨つけ、刻み作業が進行中。第二回ワークショップでももう少し墨つけ、刻み作業を体験することになると聞いている。草屋根まで葺いてしまうってことだから、こちらも楽しみ。草屋根とは、屋根の上に草が生えるように作ること。防水処理などきちんとしなくてはならないけれど、見た目が面白いだけでなく、断熱効果も期待できるようだ。勝手に種が飛んで来て根付いている草屋根が養生園の中に既に一カ所ある。たらの芽が出てたけど、あれはもうみんなのお腹に入ったのかなあ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-05-07 22:41 | self-build | Trackback | Comments(1)
4月21日〜23日の二泊三日、長野の穂高養生園で行われたセルフビルドでエコロジカルな家をたてよう!というワークショップに参加して来た。実際はワークショップの始まる3日前に養生園入りし、ワークショップが終わって二日間過ごして帰って来たので、まるまる1週間養生園にいたことになる。

まずは、ワークショップ自体のこと。

4月21日(金)1日目。
第一回目の今回は、基礎を「版築」という方法で打つことがメインイベント。b0024339_22394374.jpg写真は、10平米ほどの個室が3棟建つ場所の全景。真ん中の一棟は事前にスタッフの手で版築の基礎は作られていて、今回の作業は、両脇の二棟。

版築とは、土を主な材料にして、突き固めることで壁を作ること。今回は、この穂高の土地で採れた「土」と石灰、セメントを12:1:1の割合で混ぜて使用した。今回のワークショプ前後で、セメントとは何かってことを初めてちゃんと認識。石灰石、粘土、ケイ石、酸化鉄、石膏から成る物質(石灰石が80%、粘土が15%、石膏が5%前後)で、コンクリートやモルタルを作る材料。

b0024339_22574072.jpg写真のような型枠の中に、ミキサーにかけて作った版築の材料を一輪車で運び込み、上からどんどんと突き固める。最初土の間に入っていた空気の隙間を限りなくなくすのが「突く」役目。型枠は合板に補強の板を打ち付け、基礎の下の「捨てコン」に釘で打ち付け、型枠同士を繋いで、更に突いた時に外に膨らんだり、外れたりしないように何十にも補強を重ねてあった。「セパ」と呼ばれる「セパレータ」で固定する場合もあるようだ。

b0024339_2332055.jpgまずは、突き固め得る道具「タンパー」を作る。材料は山の中から思い思いに集めて来た持ちやすそうな枝と角材。

b0024339_2354732.jpg拾って来た枝の下の部分をナタで細くして、ドリルで開けた穴に差し込み、釘を斜め45度に二カ所打ち付けて固定。マイタンパー。道具作りからやるってのもいい。初日は一通り版築体験をして終了。


4月22(日)2日目。
b0024339_039027.jpg朝食前に、宿泊していた建物からほんの数分下ったところにある川辺に散歩。今回はメインがワークショップで時間の余裕がなかったので、一番近い散歩コースになったようだけれど、普段はもっとゆったり歩く散歩が組み込まれているようだ。

b0024339_0443871.jpg2日目は一日もくもくと版築作業の予定。ミキサーで材料を捏ねる。ぽろぽろする程度で、ぎゅっと握ると固まる程度の固さ。この土をトラックに乗せて運ぶ作業が一番瞬間的に体力を使う重労働だったかも。スコップで12杯土を入れたところに、一杯ずつの石灰とセメントを入れ混ぜる。

b0024339_0472178.jpg運んで、型枠の中に入れる。
b0024339_0495520.jpgがんばって作っている版築の基礎は、実は半分程度は土に埋まって見えなくなる。見えなくなるところはただひたすら土を固めて行ったのだけど、地上から出て見える辺りになって、今回は「色粉」を土に混ぜて層を作ってみる。
b0024339_0514487.jpg色粉が入ると土の色ががらっと変わる。青、赤、墨などの色が用意されていた。

そして高さ40cmほど積み上げたところ、だいたい8-9回ほど層を作ったところで、完成。少し作業はこぼれるだろうという主催側の予想を超えるスピードで、二棟の基礎が出来上がった。



4月23日(日)3日目。
朝は60分のヨガ。呼吸を中心に体と心を伸ばす作業。やってみてものすごくボイストレーニングに似ていることを発見。複式を使った呼吸と体を緩めるという意味では同じこと。精神面に重点を置いたヨガと声の出を良くするという実務面に重点を置いたボイストレーニング。面白かった。

作業は、まずセルフビルドに必要な道具たちの説明。
ノミ、のこぎり、差し金、墨壷、げんのう、カンナ、メジャー、水平器。金槌のことをげんのうって呼ぶんだってことや、のこぎりに両刃、片刃があって、両刃ののこぎりの刃の違いによって縦引き、横引きと用途が決まっていることも知らなかった。差し金は直角を出して線を引くだけでなく、直角三角形として目盛りを斜めに使って、材に3等分や4等分の線が引けるっていう実演には、思わず「おおー」と声が出てしまった。ノミ、のこぎり、差し金、げんのうはとりあえずすぐにも手に入れよう。

そして電動工具。丸鋸、インパクトドライバーなんかは最低限、あると便利そう。

カンナ掛けをやらせてもらったけれど、結構難しいもの。腰を入れて、腕を伸ばしたところからスタートし、その腕を引きつけて削る。カンナの刃の調整も大切。

それから、実際の墨つけ+刻み作業。今回の家の「梁(はり)」に墨を入れていく。使う木材は「太鼓材」といって、木の向かい合った2面だけを落とした材。厚さは12cm。「梁」というのは、家の2階以上を支え、柱と直角に交わる部分。

まずは、水墨(水平を出す墨)を引き、それを中心にその他の墨つけが進んで行く。柱の上の方には「ほぞ」が切ってあり、そのほぞを入れる為の「ほぞ穴」を空けるために、中心を出す(真墨)。墨つけは、ワークショップ終わってから居残り作業でやったので、もう一回写真付きでアップするかもしれない。

b0024339_1204679.jpg時間の関係で墨つけ+刻みはほんの少ししか出来なかったけれど、最後に前日に作った版築の壁を1枚はがして確認。色粉の層がきれいに出ている。単調な作業の中で、色粉を混ぜた土を使うっていうのは気分転換にもなったし、型を外した時に見える層が楽しみだから、あった方がいい「遊び心」だと思う。

駆け足で3日間のワークショップをまとめてみたけれど、詳しいレポートが養生園のホームページ内に上がっている。そちらも合わせて見ていただくと全体の感じがより掴めるんじゃないかと思う。


ワークショップの参加者13人。東京で行われたプレイベントには50人ほどの人たちが参加し、その男女比率は3:7程度だったのだけど、実際のワークショップ参加者は、逆転して7:3という感じ。20代の女性から、50代(と思う)の男性まで幅広い人たちが参加していて、3分の1ほどが「自然農」にも繋がっていたことも面白かった。この辺りのことは「パーマカルチャー」という概念を含めて全て繋がっているなあ、と再認識。参加者の人たち、スタッフや講師の方々とお話しするだけでも有意義な楽しいワークショップだった。

家を造るのだって、出来る/やる、と思えば出来る。きっと。

次回は、5月26日(金)〜28日(日)。3回目が6月23日(金)〜25日(日)。どちらも今回と同じようにワークショップ前、ワークショップ後には穂高養生園在住になる予定。楽しみ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-05-05 01:38 | self-build | Trackback | Comments(9)