制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:news( 33 )

昨日の朝、この福島の農家が自ら命を絶ったというニュースが流れてきて、
それ以来、ずっと何が出来るか考えているし、動いている。
http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY201103280468.html

まずは、風評被害には陥らないこと。
一昨日の夜、ホントにたまーに出荷している
有機農産物の直売所の生産者の会があって、
参加してきたのだけど、
その時に話題に出たのは、茨城産というだけで、
全く関係のないものまで値段が暴落しているということだった。

3月26日発表(3月30日現在最新)の発表によると
パセリとほうれん草、原乳は出荷を見合わせているが、
それ以外の以下の作物に関しては、検査をした上でクリアしている。
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/nousanbutsu/20110326/index.html
【農産物】18品目
 ネギ、キャベツ、レタス、レンコン、ハクサイ、トマト、イチゴ、キュウリ、ニラ、ミズナ、チンゲンサイ、ピーマン、エシャレット、大葉、切りミツバ、セルリー、小玉スイカ、サニーレタス

【畜産物】4品目
 牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵

【水産加工品】2品目
 揚げかまぼこ、シラス干し
------------------------------------
茨城関連の最新情報はこちらでチェックを。
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/nousanbutsu/

しかも値段が下がってるのは、お米とか、さつまいもとか、
収穫が311より明らかにずっと前のものも含まれている。
これは、どう考えても風評被害でしょう。

食物からの放射線の内部被曝に関しては、
一定の安全基準の数値が出ているところを
自分のラインにするのか、しないのか、というところが
一つ自分で決断するところだと思う。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030306/03.gif

友人が仮に算出してくれた値。
例えばヨウ素の場合、成人が年間限度50ミリシーベルトに達するのには
  ヨウ素が2000ベクレル含まれた野菜を227gづつ365日毎日食べる
  ヨウ素が300ベクレル含まれた乳製品を105gづつ365日飲み続ける
  ヨウ素が300ベクレル含まれた水分を1.65リットルづつ365日取り入れる
  この3つの条件が合わさってようやく制限値の66%に達する
  つまり、かなりの悪条件が一年続くと健康を害する可能性大ということ
--------------------------------------

前にも書いたとおり望んだわけじゃないけれど、
私たちが今、この現状に暮らす覚悟をする・せざるを得ないならば、
自分の中でどこかに線を引く必要があると思う。
その線が見えたら、防御できるものは防御しつつ、
受け入れるものは、受け入れるってことになるんじゃないかな。

私自身は、自分の畑で採れるものは現在はよく洗って食べている。
放射性物質は表面についている、という段階だと思っているから。
これが、根から吸い上げた内部的なものになったときには、
またもう一度、数値とにらめっこして考えるのかもしれない。

そんな訳で、福島、茨城産の農産物も制限されている物以外は
大きな影響はないと考えて食べようと思われた方は、
サポートできそうな範囲でお願いします。

ツイッターやっている人は、
〜『東北や関東の農家の方から、直接農作物を買いたい!繋がりたい!』
ハッシュタグ #p2pfarm でいろいろ上がってきます。

以下、今日見かけたその中の一部(茨城)
茨城県北部の野良の会 http://ow.ly/4p493
木の里農園 http://konosato.blog2.fc2.com/
風だより http://goo.gl/ViLqe
まったりー村 http://bit.ly/9QE4o0 鶏卵その他対応可



それでも、小さな子どものいるご家庭とか、
やっぱり微量でも不必要なものは体に入れたくない
という結論に達するのも、それはそれで仕方ないと個人的には思ってる。

そんな苦しい決断をせざるを得なかった人たちも知ってるし、
子供たちに安全な食べ物を、子供たちの未来に健康な環境を
と思って有機農家の道を選んできた人たちにとって、
今の現状はどれほど苦しいものか、と思うと涙が出る。

だから、買って食べるという以外のサポートの方法もあっていいと思う。
違う産地の野菜を選んだときに、選んだ分の半分を寄付するとか
割合を決めてもらって、長くサポートしてもらえたら嬉しい。

私も会員になっている日本有機農業研究会が有機農家のサポートに動いている。
汚染地域の農家のリロケーションのサポートもしようとしているけど、
いろいろと難しい部分も含む、先の長い活動になりそうだと思う。
私もわずかばかりでも義援金を送るとともに
お手伝いできるところはやろうとしている。

--------------------------------------------------------------------------
http://www.joaa.net/moyoosi/mys-90-0317.html
日本有機農業研究会 緊急声明
                東北関東大震災にあたって

 このたびの東北・関東大地震、津波により被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

 本会は、被災された有機農業者をはじめ、関係する方々の生活が平常に復するよう、有機農業生産者と消費者のネットワークを活用しながら、できる限りの支援をしていきたいと思います。

 日本有機農業研究会事務局に被災対策の窓口を設置するとともに、3月13日から義援金の募集を始めております。
 下記について、お手数ですが、ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

1.本会関係者の被災・被害状況などについて。
2.避難場所をお探しの方、避難場所をご提供できる方。
3.支援物資を求めている方、支援物資をご提供できる方。
4.支援活動にボランティアとして参加できる方。(現地、物資輸送、事務局)
5.今春からの作付けを増やせる方。品目、量について。
6.本件についてのご意見、ご提案。
         
        3月22日 日本有機農業研究会

 連絡先は次のとおりです。

    〒113−0033 
    東京都文京区本郷3−17−12−501
    特定非営利活動団体  日本有機農業研究会事務局

  電話 03−3818−3078 
  FAX 03−3818−3417
  メール info@joaa.net

震災義援金は、次のゆうちょ銀行振込口座に「義援金」と明記して送付してください。
No. 00180−0−165363
口座名 日本有機農業研究会 
              
海外からの送金は以下で。  
As for the donation from oversea,
it will be better sending by direct bank transfer.

The bank code of Japan Organic Agriculture Association:
Bank: The Bank of Tokyo-Mitsubishi-UFJ,Ltd.
Swift code: BOTKJPJT
Branch: Hongo Branch
Number: 351-4647363

Name: Tokuhi-Nihon Yukinogyo Kenkyukai
phone (81)-3-3818-3078
e-mail info@joaa.net
3-17-12-501 Hongo Bunkyo-ku
Tokyo, Japan 113-0033

-----------------------------------------------

私自身は、今必要なのは、いろいろな事情や考え方はあっても、
サポートしたい、サポートしようと思っている
という表明自体じゃないかと思ってる。
そういう人たちがいるということを伝えたいし、
実際に支えたいと思う。
ぜひ、ご一緒に。
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-03-30 22:20 | news | Trackback | Comments(2)
友人に教えてもらった国民審査のための判断材料。

これまでの選挙でなかなか全員のことを調べることができないまま
ギブアップ!になっていたので、参考にさせてもらえるのはありがたい。
http://www.jdla.jp/kokuminshinsa/2009shinsa.html

-----このページより------
国民審査とは
 私達の憲法は、立法、行政、司法の三権分立を大原則とし、相互にチェックしながら平和・民主主義・基本的人権がきちんと守られるように組み立てられています。立法は国会(衆、参両院の議会)が、行政は内閣が、司法は裁判所がそれぞれ担い、特に、裁判所には、違憲立法審査権が認められ、「人権の砦」の役割が課されています。
 裁判所の頂点に立つ最高裁判所の裁判官人事(定員15人)は、内閣が独占し(任命。長官だけは政府が指名して天皇が任命する)、この最高裁が全国の下級裁判所裁判官に対する人事権を握る仕組みになっています。
 最高裁裁判官の人事が時の政府に独占されるのでは、政府や行政、政治に影響力を持つ政治勢力に事実上迎合し、あるいは、国民の常識から大きくかけ離れた判決を下すような最高裁にならざるを得ません。かつて、自民党内閣は、最高裁裁判官を恣意的に入れ替えて政府に有利な判例変更を図ったり、司法への介入を疑わせる行動を行なった例が少なくありません。これでは、最高裁は、「人権の砦」、「護憲の府」としての本来の役割を果たすことは期待できません。
 そこで、事後的ですが、憲法第79条は、政府による最高裁の裁判官人事に問題がないか否かを審査し、不適格な裁判官を罷免(辞めさせる)する権利を主権者である国民に保障し、これを具体化するために国民審査制度が設けられたのです。

---------------------------

あとは
エコ議員つうしんぼ
http://giintsushinbo.com/

というのも今回からお目見えした。

うちの選挙区は誰も答えてないけどね(笑)。

どっちも判断材料として、こういうのが出て来たっていうのは
いいなあ、と思う。

今日、これから期日前投票してきます。
[PR]
by ayako_HaLo | 2009-08-28 07:46 | news | Trackback | Comments(0)
b0024339_2347268.jpg

一ヶ月くらい前に発起人の一人の高橋健太郎さんが
日記の中で、このネット署名活動を立ち上げようと
していることを知った。

柏崎刈羽原発のまわりには活断層があることが
今回の地震ではっきりわかったし、
地震で設備的にかなりのダメージを受けているのだから、
更なる悲劇を生まないために、
この柏崎刈羽原発に対して「おやすみなさい」を言おう、
というもの。

この夏の暑い盛りにも、柏崎刈羽原発なしに
首都圏は乗り切れたのだから、
現状あるものだけでまかなう努力ができたことを喜んで、
余る程、電力を作っていなくてもいいんじゃないか、
そう思う。

柏崎刈羽原発で働く人たちにも、
自らの身を守るために、そして近隣の人たちに
更に日本全体に、また地球全体に被害を及ぼさないために、
署名して欲しい、そんな想いもある。

どうぞ署名をしてください。一分かかりません。
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

そしてこの署名活動を広めて欲しいと思う。

★★

mixi内コミュ「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2571019

毎日新聞の報道
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070906k0000m040032000c.html

この活動を知って自主的に描かれたというイラストレーター
はらだゆきこさん(友人の友人)のブログ記事。
イラストがかわいい。
トップに貼付けたイラストがその彼女の作品。
バナーとして使わせていただくことを快諾してくださった。
http://blog.goo.ne.jp/worldsendsupernova/e/6ea5501f5c934ebfaee5fe6192


以下、署名文ーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

柏崎刈羽原発の運転再開は危険です。

柏崎刈羽原発の周辺には、大きな地震を引き起こす活断層が存在しています。
しかし、その調査が十分に行われないままに、原発は建設されました。原発の耐震設計の基準値は、現実に起こった地震をはるかに下回っているようです。また、火事を起した配電施設を始め、多くの関連施設は岩盤の上ではなく、柔らかい地面の上に建設されています。

今回の地震で、老朽化が懸念されていた一号機を始めとして、七基すべての原発およびその関連施設が損傷を負いました。原発の敷地そのものが大きな隆起、沈下を起こし、デコボコになっている箇所もあります。目視では確認できないヒビやゆがみを含め、原子炉の主要な機器・配管にも損傷が及んでいる可能性があり、再び地震に襲われれば、より重篤な事故を起しかねません。

周辺の活断層が今後、さらに大きなマグニチュード8に達する地震を引き起こす可能性も示唆されています。施設がどれほど修復されたとしても、地下の活断層を取り除くことは出来ません。
取り除けない不安を無視して、柏崎刈羽原発が再び稼動すれば、それは不安の連鎖を引き起こし、社会に必要な信頼を失わせるのではないでしょうか。

柏崎刈羽原発がこのまま静かに役目を終わらせることを私達は望みます。

賛同者:
坂本龍一、高橋健太郎、 shing02、吉原悠博、飯野賢治、空里香、吉村栄一、山口モトキ、大林ミカ、高谷史郎、村上龍、 SUGIZO、名和晃平、大貫妙子、松武秀樹、サエキけんぞう、青木孝允、桑原茂一、濱野貴子、高田漣、高野寛、カクマクシャカ、米田知子、谷崎テトラ、西健一、テイ・トウワ、祐真朋樹、石川直樹、平間 至、堀信子、田島一成、飛矢崎雅也、瀧本幹也、佐々木直喜、椎名和夫、 kyoka、もりばやしみほ 、 Oto(以上、artists' power)
田中 優(未来バンク)、辻信一(ナマケモノ倶楽部)、中村隆市(ナマケモノ倶楽部)、信藤三雄(CONTEMPORARY PRODUCTION)
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-09-07 23:52 | news | Trackback | Comments(2)
おとといあたりからちらほらニュースになってきているようだけど
陸上自衛隊の「情報保全隊」というのが、
自衛隊の活動に批判的な市民運動の動向を調べ、
リスト化していたらしい。
 
 自衛隊のイラク派遣に反対する集会やデモなどの関連だけで
 四十一都道府県の二百八十九団体・個人に上り、
 高校生も含まれている

んだそうだ。

沖縄タイムス社説(2007年6月8日朝刊)
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20070608.html

この社説に書かれている通り、
イラクへの自衛隊派兵に反対したということで、
自衛隊の「情報保全隊」にリスト化されることも問題だけど、
その事自体を、全く問題視していない、
政府や、防衛庁長官の感覚自体が
とても危うい気がする。

そして、その感覚を私たちが受け入れてしまうのなら、
それが一番の問題!

自衛隊の「自らを衛る軍隊」という言葉の中の
自ら≠日本の国民
であり、
自ら=国という枠組みや、軍隊自体
ということを再認識。

こういうことを書くこと自体、
監視の対象に入るんだろうな、と
思わせるだけで、効果はあり、
モノが言いにくくなる世の中へと
ずぶずぶ進んでいくこの怖さ。

asahi.com 社説2007年06月07日(木曜日)付
http://www.asahi.com/paper/editorial20070607.html

共謀罪やらなにやらの一連の法改正の動きによって
私たちは自分の首が少しずつ締められている状態にあること。
改めて認識しておくべきだと思う。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-06-09 15:13 | news | Trackback | Comments(0)

これもどうなのよ??

シベリア抑留者:「特別給付」廃案へ 補償は絶望的に
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/20061216k0000m010076000c.html
毎日新聞 2006年12月15日 20時18分
 シベリアなどに戦後抑留された旧日本兵の補償問題に関し、特別給付金を支給する野党提出法案の採決は15日の参院本会議で行われず、19日の会期末に廃案になることが決まった。ほとんどが80歳を超えるシベリア抑留者にとって悲願だった不当な労働への補償は絶望的になった。

 民主、共産、社民3党が提出していた。抑留者や引き揚げ者への慰労活動を続けてきた「平和祈念事業特別基金」を解散し積立金400億円を原資に、抑留期間に応じて1人30〜200万円を支給する内容だった。

 一方、補償はせず、基金を解散させ、積立金の一部から慰労品を贈る与党提出法案がこの日可決、成立した。10万円の旅行券が支給されることになる。

 補償を求めている全国抑留者補償協議会の事務局長、平塚光雄さん(79)=東京都中野区=は「われわれが求めているのは、慰労ではなく補償だし、旅行券などもらっても旅行できる人は少ない。仲間は(高齢化して)どんどん減っていくが、あきらめていない」と話した。【青島顕】


教育基本法の改悪の騒ぎのために、私自身もちゃんと追えていなかったけど、
多数決で決まった答えがこれなんて。
日本軍としてたまたま大陸に居た人たちがシベリアに抑留され、
信じられない生活/労働をせざるを得ない状況にあったのに、
その補償もしてくれない国…。

「旅行券10万円」で済ますのか。
歳末のくじ引きじゃない!

旅行券ってどこの会社のものなんだ?!
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-12-16 13:16 | news | Trackback | Comments(0)

違和感

今に始まったことじゃないんだけど…。
ずっと政治には違和感がある。

今回の「改正」教育基本法が可決されたのもその一つ。

積極的に政治に関わりたいとは思って来なかったし、
「政治的」なことは苦手だし好きでもない。
でも、逃げていいことじゃないと思って、
これまでも、意見を表明出来る機会があれば
自分の理解の範囲内で考え、言葉にしたり、署名をしたりしてきた。
(今回は国会議事堂まで行ったりまでした)

けれどどういうわけか、少数派に属すことが多く、
(少数派の方を選んでいる、という訳でもないと思うのだけど)
今回も、少数派だったんだろう。
133対91という得票差で可決されてしまった。
(議員の数ではなく世論調査だったら、
少数派だったかどうかさえわからないんだけど)


子供の頃、学級会で何かを決めるとき、
「民主的に多数決で決めましょう」
ってなことで投票したりして、いろんなことを決めてた頃には
多くの人が支持する考えの方が、
より良い結論な(可能性が高い)んじゃないか、
と漠然と思っていたような気がするんだけど、
(そう思わされていたのかもしれないけど)
本当にそうなのか???

多数決は民主的なのか?

教育基本法や憲法なんて大事なことを
多数決で決めていいのか?
今日は参議院議員の多数決だったんだけど、
その選挙のときの投票率は何%だったのか?

自民党、公明党は、一人のもれなく、賛成に投票したんだろうと思う。

ある政党に属するということは、
全ての内容に対して同じ意見を持つということなのか?

郵政民営化の議論の時に、自民党案に反対した「造反議員」は
その一点において、党を追い出され、
党の決定に従わなければ、(議員としての)存在権を脅かされる
という様子を見せつけられた。

 「反省文を書け」だとか何とかいう話になってるのを見た時には、
 これは、だいの大人の世界の話なのか?とも思った。

そういう政党という枠組みの中で、
多数決という仕組みを使って行われる政治は、
本当に最善と思われる結果を導き出せるのか。

本当に最善の決断だったのかどうか、
っていうのは結局、しばらく後になってみないと
判断のつかないことかも知れない。
最善ではなかったのではないか、という結論が出たとしたら
その時に、ちゃんと反省して取り戻せるのか。

日本という国は、反省して取り戻す、
ということがとても苦手なような気がする。
だから、おいそれと「じゃあ、試してみようか」とは思えないし、
事前に可能性を限りなく話し合って欲しかった。
話し合うべきだった。
教育という、本当に大事な大切なことを扱う議題だったのだから。


悲願の防衛省昇格も「すんなり」可決してしまって、
ホントにこの国どうするの???


この政治制度で運営されるこの国にいる以上、
この制度についてはもっとちゃんと学ばなくてはならない気がしている。
偉い人たちに任せておいたら、大変なことになる。

そう改めて思った今日だった。
根幹から変えないとダメなんじゃない?
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-12-16 00:46 | news | Trackback | Comments(7)
昨日、仕事の後、国会議事堂前に行って、
ヒューマンチェーンに参加してきた。
雨の中、傘をさした人たちが、
手にキャンドルを持ち、衆議院議員会館の周りを
少なくとも3重に(三列に)並んで、
リレートークを聞いていた。

教育基本法「改悪」反対!というコールに続き、
今の国会で取り扱われている
たくさんの内容に反対する声を上げた中に

お国のための教育NO!
戦争をする国NO!

というような言葉もあり、
そんな当たり前の、
そんな戦前のようなことに
反対を表明しなくてはならなくなった
今の自分の置かれている状況を思ったら、
涙がこみ上げてきてしまった。

前回のヒューマンチェーンの時にリレートークした
芸人さんの偽安倍晋三動画というのが
yutubeに上がっている。
短く笑いながら見れるので、ちょっと見てみて欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=ZChBDYx-354&eurl=

子供のための教育ではなく、
お国のための教育に変更されようとしている
教育基本法の「改悪」。
衆議院では強行採決され、
明日、あさってにも参議院で強行採決しようとしてる模様。

教育基本法「改正」情報センター
http://www.stop-ner.jp/

というところの、真ん中の緑色のブロック二つ目に
■いますぐできる告発・抗議行動
http://www.hyogo-kokyoso.com/webmail/kyoikukihonho1.shtml

というのがあり、そのページの下の方に、メールアドレスが判明している人たちに対しては、

# 参議院関係者
# 与党、および、その議員と文部科学省関係、創価学会
# 野党、および、その議員
# 共産党と社民党、および、その議員
# 全国紙・通信社
# 地方紙
# テレビ局
# 雑誌
# 出版社
# 教職員組合

これらの人たちに対して「一斉に」
(もしくは相手を選ぶことも可能)
講義や要望のメールが送れるフォームが作ってあった。

今日にも採決されてしまうかも知れない。
昨日の夜中に要望メールを送った。

更に、今日、【教育基本法】に関して働きかけるなら、
という10人のリストをまとめてくれてる「ロビイスト」の人がいた。

昨日読み始めたメルマガ+ブログだけど、
自分が毎日国会を傍聴したり絶対出来ないし
直接議員に働きかけも出来ないけど、
こういう人がいてくれるのは頭が下がる思い。

関組長の東京・永田町ロビー活動日記
http://sekigumi.ti-da.net/e1206950.html

とりあえず、これからFAXも流してみるつもり。


今日、明日に採決されてしまったら、
後々きっとこの日は忘れられない日になることと思う。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-12-14 11:38 | news | Trackback | Comments(1)
重複して他のところでも読まれている方、ごめんなさい。

現在、「教育基本法」がなし崩しに変更されようとしています。
この動きは明らかに、日本を暗い方向へと向かわせている気がして
なりません。


以下、友人から回って来た反対署名です。
私も署名しました。あまり時間がありません。
賛同されそうな方に回していただけたらと思います。

とりあえず取り急ぎ。

>「12月13日(水)午後1時(日本時間)に、参議院教育基本法特別委員会に提出いたします。
>同日午前10時(同)を署名集約時刻といたします」

>「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」
>への市民緊急賛同署名を始めます
>西原博史(早稲田大学教授)
>廣田照幸(日本大学教授)
>藤田英典(国際基督教大学教授)

アピール文
http://www.fleic.dyndns.org/appeal1206/appeal1206.html

署名フォーム
http://www.fleic.dyndns.org/cgi-bin/appeal1206.cgi
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-12-12 16:09 | news | Trackback(1) | Comments(1)
茨木さんの詩を初めてちゃんと認識したのは、中川五郎さんのライブだった。彼が茨木さんの『自分の感受性くらい』という詩に曲をつけて歌っているのを聞いた。心をむんずと掴まれたような気がしたし、心が痛くなった。その後、彼女の詩集を読んだ。

私はそれほど詩集を読んで来たわけでもないし、詩集を読むのが大好きってわけでもない。それでも彼女の詩の視線にとても心惹かれた。しっかりとまっすぐ射抜かれるようだった。

彼女の本の中に「韓国現代詩選」というものがある。50歳を過ぎてからハングルを学び始め、ハングルの詩を日本語に訳してまとめられた本だった。私はこの本の中にあった茨木さんが訳された一遍の詩「つつじ」(詩:姜恩喬)に惹かれ、自分で曲をつけさせてもらって2枚目のアルバム"yellow"に収録した。

去年の11月に久しぶりにライブで歌う機会があったのだけど、その時も、何人かの方の耳にこの歌は残ったようで、終わってから詩の中に出て来る「タルレタルレチンダルレ」というのはどういう意味ですか?と聞かれたりした。チンダルレというのは日本語に訳すと「つつじ」ということ。けれど、写真を見てみると私のイメージした、日本で見るつつじとは少し違うみたいなんだな。いつか4月にチンダルレを見に行きたいと思っている。

茨木さんにはいつかどこかでお会いできるような気がしていた。お会いしたいと思っていたから、どこかで繋がることもあるかも知れないと思い続けて来た。それが、今日聞いた訃報によって、お会いすることが叶わなくなってしまった、と知らされた。

ニュースによるとご本人の意思により、お通夜も告別式もなされないそうだ。亡くなったのも病院のベッドではなく、ご自宅でひっそりと、ということだったらしい。心からご冥福をお祈りするとともに、また近いうちに「つつじ」をどこかで歌う機会を持ちたいなと思う。生前にお会いできなかった茨木のり子さんへの思いを込めて。

たくさん素敵な詩はあるけれど「倚りかからず」、「わたしが一番きれいだったとき」、「自分の感受性くらい」が特に心に残っている。機会があったら接してみて欲しいな。今日は一人でお通夜です。

以下、ニュースサイトの記事へ
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-02-21 00:12 | news | Trackback | Comments(5)
今年に入ってから、この件、周りで少しずつ騒ぎ始めた。実は5年前、リサイクル法と同時にスタートした『電気用品安全法(PSE法)』という法律の施行が2006年の4月1日から、らしい。らしい、というのもまだ私も完全に全体像を掴めていなくて、一体何が起こるのか、良くわかっていないところもあるからなのだけど、とにかく、4月1日以降は「PSEマーク」という認証マークのついていない電化製品ここに全体像があるけれど、ものすごい範囲、種類を中古で(儲けることを目的としてとして)売買することができなくなる。
個人間の売買はOKと言うことになっているみたいだけど、オークションサイトなどはグレー。オークションで何度も出品するなど「商売」と受け取られたらアウトの模様。

私の周りで騒ぎ始めたのは直接的に(電気)楽器に影響を受けるミュージシャンたち。ビンテージと呼ばれるような昔の(味のある音を出す)機材はほとんど全てこの法律にひっかかり、今後流通が出来なくなりそうなのだ。

楽器類のことだけなら、一般の人たちには副次的な被害しかないんだろうけど(アノいい音の楽器で奏でられる音楽がどんどん聴けなくなっていくなど)、範囲は楽器に留まらず、一般の(中小)企業などで中古で購入されているような電気機械が販売/購入できなくなってしまう。それってきっと周りに関わりのある品物があるんじゃないかと思う。

古いものをどんどん切り捨てていく今の日本。古いもののもっているいいところを、まだ使えるところを出来る限り使う方向に向かって欲しいのに、古いものは捨て去り、新しいものを消費するための整備ばかりがどんどん進む。

この法律に反対する電子署名がミュージシャンの中から始まった。ミュージシャンじゃない人たちも、どんな法律なのか覗いてみて、署名をしてもらえたら、と思う。

署名はこちらから。

以下転送されて来たメールの転載
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-02-18 20:27 | news | Trackback | Comments(2)