制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:news( 33 )

友人が今朝送って来てくれたニュース記事。
取材源秘匿の記者収監へ 米最高裁、証言拒否で
河北新報社2005年06月28日

報道の為の情報ソースを犯罪捜査の為に明かさなかったアメリカの二人の記者が「法廷侮辱罪」で1年6ヶ月の収監されることが決定してしまった。またニューヨーク・タイムズ、タイム両社にも罰金刑が課せられるとのこと。

報道によってしか色々な情報を知ることのできない私たちにとって、報道の自由が侵されることは、単純にとても恐ろしいことだと感じた。警察捜査という国家権力の強化であり、これによって報道の幅は確実に狭まるだろう。本人が関わっていたとしたら、匿名での内部告発ができなくなる。更に、この権利を国歌側が恣意的に利用したら…。不都合な人間を収監することができるようになってしまうのではないか。

アメリカがこの方向に向かうということは遅かれ早かれ日本がそっちに向かうのは見えていることだろう。日本の方が『「悪人」を罰し、安全で幸せな社会を作るため』とか言われたら、よりあっさり報道の自由を捨ててしまう気がする。怖いんだけど。

ーーー

和歌山のカレー事件の第二審の判決も今日出た。これは本当に私の勝手な想像だけど、「万一」彼女が主張している通りやっていなかったら…。万一彼女がコミュニティの中で一方的に「嫌われる存在」になってしまっていて、住民の感情が全て「彼女は悪人」という見方をするようになってしまったとしたら…。そして中から「ものすごく強く彼女を「排除」してしまいたい」という人(たち)が存在してしまったとしたら…。その状況の中で出て来る証言は恐ろしく彼女に不利な物ばかりになってしまうことが容易に想像できる。そんな状況に自分が追い込まれたら、「やっていない」と言っても通じない、世間の目もほぼ全員「やったに違いない」として見ているとしたら、それが自分だったら、と考えると、これも恐ろしい。想像し過ぎ?

実際のところは、近所に住んでいる訳でもないし、この件についてずっと調べているわけでもない。今日の判決を聞いて勝手に想像してみて怖くなっているだけで、私なんかには真実は分からないんだけど、あの事件の当時のテレビや雑誌の報道の凄さを今でも覚えているから、何となく尚更怖い。

この件でも万一ジャーナリストの誰かが別の事実をつかんだとしても、その事実とその情報元を捜査に全面的に提供「しなくてはならない」という風になったら、その情報は出て来るはずがないからなぁ。

収監されても情報元をリークしなかった二人のアメリカの記者は偉いんだけど、罰せられると分かっていてその行動を貫ける人たちばかりでは決して無い。私だって、同じ立場に立ったら怖くてリークしちゃうかもしれないし、逆を考えると怖くて情報を提供しなくなるかも知れないんだから。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-06-28 14:37 | news | Trackback(3) | Comments(5)

君が代を歌わなかったら

私はこのトシになっても確固たる信条とか政治的信念を持っている気がしないから、ノンポリなんだと思う。現在の既成政党に支持政党は見つからない。見つからないと思っていることが既にノンポリじゃないとすると、ノンポリじゃないけど…。ホントは政治は好きでもないし、関わりたくもないんだけど、それじゃ、マズい感じになってきていると思う。まぁ、それはいいや。

最後に君が代を歌ったのはいつだっただろう。佐賀の公立教育を高校卒業するまで受けて来て、その間に式典での君が代の斉唱や起立を拒否したことはないし、しようかと考えたこともなかった。美旗のもとに行われて来た戦前戦中の様々なことや、その為に悲しい思いをした人たちのこと自体を深く考えていない「鈍い」学生だったし、そのことと君が代は実はそれほど自分の中で結びついていなかったんだと思う。その他大勢と一緒に、入学式や卒業式、始業式、終業式で起立して歌って来た。「君」ってなに?とは思いつつ…。大学の卒業式には遅刻してしまい(地下鉄サリン事件の日だった)式自体に出なかったから、最後に歌ったのは大学の入学式か?でも入学式で君が代斉唱があったかどうか、全く記憶に無い。あったんだろうな、国立大学だし。どうだろう。

そんな程度だった訳で、君が代に対して確固たる意思が働いていなかったから、東京都が教育委員会を通じて、学校現場での君が代の斉唱と起立を「強制」し、従わない人たちを「罰し」たりし始めなければ、私は「寝た子」のままだったような気もするんだけど、すっかり叩き起こされてしまった。君が代がどうこう…という議論の前に、教員と生徒に起立と斉唱を「強制する」、更に従わない教師を「罰している」ということについて心から恐れ、反対する気持ちが強くなって来ている。「強制」は嫌だ、怖い。「強制」されて、起立した人たちの中にも怖かったから、という人たちもいるに違いない。

私は教員免許を持っているから、まかり間違えると東京都の教育現場にいたかもしれないわけで、全く他人事な気がしない。自分ならどうしていただろうと考える。中にいたら動きにくいし、発言しにくくなっているはず…。そして「教育」というものの将来的に及ぼす影響の大きさを考えるとき、恐れを抱いている。いつか「効いて」来るはず。だからずっと注目している。

「君が代」不起立で処分受けた教諭、不服申し立てへ
2005年06月22日20時42分

asahi.com

君が代斉唱時に起立しなかったら「停職1カ月」。
更に、正式名称を忘れたけど「再教育プログラム」を受けることを義務づけられたはず。「愛国心」なんてものは、自然に湧いて来るように「国」の形を良くしていくべきなのであって、「強制」されるものじゃない。それとも強制しないと「愛」が得られないほど、民の心は離れつつあると為政者は分かっているの…?「強制」すれば「愛す」と思うの…?愛と強制は全く相容れない。尚更溝が深まるのでは…?

恋愛と似てるんじゃないのかな…。あぁ、恋愛観もそういう風で、そもそもそこに私とのギャップがあるのか…。重症だ。

「いやよ、いやよ、も好きのうち」。
今の男の人たち、ホントに「イヤ」って言ってるのか「イヤな振り」してるのか読み取れるのかな。
今の女の人たち、「イヤな振り」なんてする?? 
私はたぶんしないんじゃないかな。でも、男の人たちは、そういう「奥ゆかしさ」をまだ求めてるのかな。まぁ、私には求めてないだろうけど。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-06-23 12:03 | news | Trackback(1) | Comments(2)
私の実家が佐賀市なので、ご心配をいただいている方もいらっしゃるので、うちの家族が全員無事だということをお知らせしておきます。

地震があった、ということを知ったのが1時間ほどたったとき。友人が心配のメールをくれた。それから慌ててtenki.jpの地震情報を見て、凄い色になっていることを確認。すぐさま実家の固定電話にかけるも「話し中」。ホントに話し中なら問題ないけど、不通になっているのが「話し中」の音になっているなら心配、と思って父、母、弟の携帯電話に次々かけてみたけれど、au、vodafoneともに「不通」。災害のためかかりにくくなっています、というアナウンスが流れるだけ。仕方なく実家の固定電話にかけ続け、4度目くらいに呼び出し音になった。

叔母たちから電話がかかって来ていたらしく、ホントに話し中だったみたいで一安心。

地震は「どーん」と下から突き上げるような、これまでに経験したことのない揺れが数十秒続いたらしく、父母揃って家にいたから二人で慌てて外に出たらしい。結構怖かったみたい。

揺れが収まってから家の中を見てみると、上の方に置いてあったひな人形などなどが床に散らばっていたらしいが、実害はない模様。とにかく無事で良かった。

弟の携帯は繋がらないのでメールを送ってみたら、そちらは届いたようで「無事」との連絡あり。「震度6弱って言い過ぎじゃない?」とのことw 彼は地震があったときに外で野球部の練習中だったので屋内にいた人より揺れを感じなかったのかも知れない。

みなさまのところも無事であることをお祈りしつつ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-03-20 14:44 | news | Trackback(1) | Comments(8)
また、たまたま目に留まってしまった。久しぶりにあちこちニュースサイトをざっと見ていると、驚く。Web東奥(共同通信)によると、郵政民営化問題について話している時に、小泉首相を自民党が一致団結して支えようという文脈の中で、自分の好きな言葉として話したらしい。こういう別の時に口をついて出てくるのが本心。覚えておこう。

Web東奥(共同通信)より
武部氏「日本は天皇の国」 郵政民営化問題で言及
MSN-Mainichi INTERACTIVEより
武部自民幹事長:「日本は天皇の国」と

「日本は天皇の国」ー訂正→「日本は日本国民の国」であるべき。よね?

追記
コレ↑書いてみて違和感があった。「国民主権」が浮かんだから、ぱっと書いてしまったんだけど、→「日本はそこに住む人の国…?」
少なくとも「天皇の国」じゃないのはわかるんだけど…。
それと、この「の」は何だろう。所有格?
国が誰かに所有されることがあり得るか。
所有格なら、「日本はアメリカの国」っていうのが一番しっくりきそうだ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-03-05 23:14 | news | Trackback | Comments(5)
ニュースを読んでいてたまたま目に留まった。フランスで起こった事件。裁判が始まったとある。asahi.comによるとこの性的虐待の被害者は生後6カ月から12歳(事件当時)までの45人で、被告は23〜73歳の66人。被害者の両親や祖父母が被告の中にたくさん含まれているという。(読む限りではまだ被害者も被告も増えそうな書き方だった)

首謀者の夫婦はこの性的虐待の会を数十回にわたり開き、その夫婦の子供も被害者に含まれている。

被告の多くは無職、失業手当や障害者手当の受給者で、子供を差し出す見返りに現金のほか食料品や酒、たばこを得ていた、という。

asahi.comの記事
仏の父母ら、子ども45人性的虐待 被告66人裁判開始

Yahoo!ニュースの記事(共同通信)
幼児含む45人を性的虐待 仏、66被告の裁判開始

親に差し出された子供の心とその子供たちの将来を想像した時に言葉を失った。そして、差し出した親たちが見返りに食料や(恐らく生活の為と思われる)お金を必要としていた、ということに暗澹たる気持ちになった。救いがない。

世界的に貧富の差が広がる傾向は加速している気がする。この日本でも。娘(息子,少年)たちを売るしか生きる手だてのない親たちがいる(今回更にショックなのは、親たち自身が斡旋者でもある、ということ)。そんな少年少女たちを金銭で性的に求める大人たちがいる。どこの世界にも。

絶対に間違っているんだけど、どう正せるのかわからない…。被告になった人たちだけを罰するだけでは第二、第三の事件はきっと起こる。いや、きっともう起こっているんだろう。どうすれば、止められる?

せめて子供が虐待されない世界になりたい。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-03-05 18:52 | news | Trackback(3) | Comments(4)

冬こそ、扇風機

今日も我が家では扇風機が回っている。

数年前に自宅での夏のエアコンの使用をストップし、扇風機を手に入れた。もともと暑い方が寒いのより好きだし、我が家は風の通りが良くて(三方向から風が出入りできる)、更にその三方向が南を除いた三つなので、夏は窓を全部開け放すと朝夕は結構涼しい風が出入りする。

だけど、冬に関しては寒いのが苦手なため、毎日ガスストーブのお世話になっている。京都議定書が発効して、小さな事でもいいから温暖化防止に何か自分の出来る事ないかな、と考えてて、がんがん使っているストーブにちょっと注目してみた。

年末からのホントに寒い日は、ガスストーブを全開にして使っていた日もあったけれど、部屋を閉め切ってガスストーブを全開で使用すると、酸欠の為かガスの供給が止まるということが何度かあった。立ち上がると気持ち悪いくらいに暖まっているのに、床あたりは寒々としているからストーブは全開のまま…、という悪循環。

そこで、先週あたりから扇風機をつけてみた。理屈では分かっていた事だけど、なかなか実践していなかったこと。風に直接当たりたくはないから、かわいそうな扇風機くんは斜め30°くらいの角度で壁に寄りかかってほぼ上向きに回っている。もちろん「弱」運転。

実際やってみて、この効果にびっくりした。

今まで部屋を閉め切ってストーブをかけていたのが、今は仕切りを開け放った隣の部屋まで、ストーブの方も「弱」運転なのに暖まる。立ち上がっても座っても温度が変わらない。

部屋の中に大きな空気の対流が出来ているんだろうけど、扇風機からの風は弱だし、向きは上に向かっているし、肌に直接風を感じる事はない。扇風機の電力の分は今までより余分にエネルギーを使用していることになるけど、プロペラを回すだけの電力なんてストーブを全開で気持ち悪くなるくらいまで使用することに比べたら二酸化炭素の排出量はたかが知れてる。

今のファンヒーターってこの部屋内の空気の対流の事まで考えて作られているのかな?実家にあったような単なる温風を前方に吹き出すタイプとか、ストーブを利用している人は、是非、合わせて「上向きの」扇風機の使用をおすすめ!

小さな事からコツコツとw
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-02-23 13:21 | news | Trackback | Comments(3)

家の中がガタガタいった

今朝の関東地方(茨城県南部震源)地震が起こった時(4:46am)、どうしても止められなくてまだベッドの中で本を読んでいた。だから、余震が始まり、
あ、揺れる、揺れる…
と思う間もなくグラグラし始め、それが、普通より大きい揺れであることにも気づいた。

とっさに起き上がり考える間もなく何をしたかと言うと、ベッドのそばのベランダ側の大きな窓を開けた。出来たのはそれだけ。

阪神の震災から10年。テレビの中に現れた信じられない光景、大規模な火災、刻々と増えて行く被災者/被害者の数は今も頭の中に残り、私の中に地震への恐怖を植え付けた。

佐賀にいたときは、地震自体が珍しく、それに大きく揺れることもほとんどなかったから、東京に来て最初のいくつかの、結構頻繁に起こる地震には驚いたけれども、怖いという感じもしなかった。それが阪神淡路大震災の後は、怖くなった。ビルの倒壊の映像、マンションの二階部分がぺちゃんこにつぶれた話、次々に倒れかかってくる家具類のこと。同じ大きさ以上の地震がココで起こったら、どうなるんだろう…。

阪神の震災の後に、揺れで家の立て付けにゆがみが生じ、外に出られなくなった人たちがたくさんいた、という話を聞いた。それを防ぐ対処策が、「揺れたらドアを開けておく」ということ。今朝窓を開けたのは、そのことが、とっさに頭に浮かんだんだろう。冷静に後で考えると開けたのは二階のベランダ側の窓だから、脱出のルートにしてはちょっと弱いんだけど、寝ぼけた頭で玄関まで走ることは出来なかった。しかも玄関までの途中にある台所の方から、普段は聞くことのないボールや食器類が「ガタガタ ガチャガチャ」いう音が聞こえていたから怖かった。

関東、東海は遠くない将来、必ず大きな地震に襲われると言われている。私もそんな気がしている。東京の人の数、ビルの数を考えたら、二次被害も恐ろしい。だから、地震が怖いのであれば本当は逃げるしかない。しかし「どこへ?」というアイデアも浮かんで来ないから、当分は難しい。

一気に二階部分がぺちゃんこになってしまって即死ということに対しては、対処のしようがないけれども、助かった場合、いくつか準備していること。

●飲料水:玄関に置いているポリタンクに20リットル。
●消火用水:バスタブには常時水をはってある。
●非常食:カンパン、クラッカーなど火を入れずに食べられるものがお菓子を含めていくつか。三日間くらいは恐らくなんとかなる。火を加えるものも含めれば一週間以上は食べられると思われる。
●カセットコンロ:ちょっとくらい暖めることは出来るだろう。
●懐中電灯(枕元)、ローソクライター(玄関口)

■揺れたらまず火を消す、ということは心がけている。
■寝ているとき倒れ込む可能性のある場所に家具は配置していない。
■マンションの形状から揺れる方向は分かっているので、出来るだけその向き影響のないように家具を配置しているつもり。心配な本棚には、一応突っ張り棒をしているけど、ホントに役に立つのかは不明。手で揺らすと揺れるから。

うーん。書き出してみると、ほとんど何も準備してないことに気づく。心配なことばかりが目につく。
×食器棚は危ない向きに、しかも玄関への道を塞ぐ可能性がある場所にある。
×大きな重い皿などがいくつか高いところに積んである。
×カセットコンロの予備カセットが切れている。
×急に避難せざるを得なくなっても、準備しているものがまとまっていないから、持ち出せない。

今日は一日、気温も低く、冷たい雨が降っている。明け方の地震で外に放り出されなくて良かった…。東海地方の人に比べると、関東の人は地震への準備/心構えが手薄だと聞く。何か地震への準備していますか…?
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-02-16 14:58 | news | Trackback(1) | Comments(0)
日本国籍でないことを理由に管理職選考の受験を拒まれた東京都職員に対して最高裁判所が、「違憲ではない」と判断したことに対して、短く思いを書いた後、特に検索をした訳でもなく偶然に目に入ってくる他の人の反応は、「当たり前だ」というのが多い、ということに驚いた。

あのニュースに接した時に私は、ごく自然に「不公平だ」と思ったから。

「公権力を行使する立場に日本国籍以外の人をつかせない」
今回の管理職試験で合格した末に、管理職になったとして、それは「公権力を行使する」というほどの立場なのだろうか。役所に務めたことがないから、この辺の中のことはよくわからない。
けれど仮に「公権力を使う立場になる」として、私たちに必要なのは、その仕事内容をガラス張りにして、その人が何をどういう風にやっているのかをチェックする/チェックできるシステムであって、「国籍」という一点において、有能な人を排除すべきものなのだろうか。日本国籍の「公権力を行使する」人たちの利己的不正の何と多いことか。

今は選挙権もなく、被選挙権もなく、日本で働き税金を納めている人たちは、うまく機能すれば、彼ら自身の文化的バックグラウンドを持ち、日本に対する理解もある、大切な架け橋になる人たちだと思う。その人たちが、試験で落とされるならまだしも、管理職への受験資格がないなんて、私にはどうしても「不公平」に思える。

そして、これは日本という国の中での日本人という「マジョリティであることが当たり前の感覚」の上に全てが成り立っているように思う。ほとんどの日本人は、一生の間に「マイノリティとして暮らす」という経験をせずに死んで行くのではないか。日本を出て本当の意味で「生活」をしなければ、旅行をしたくらいでは味わえない「マイノリティになること」。

言語がちょっとでもつたないと知能までそのレベルだと思われる。
「信じていること(宗教など)」の壁。
  信じていることは説明できない。説明されても納得できない。
言葉がわからないと思ってか、傷つける為か、罵声を浴びせられる。
何か嫌なことがあるなら、出て行け、と思われているのがわかる…。言われる。

アメリカで一年間働いて、色々な思いを繰り返した後、「日本に住むマイノリティの人たちのことをこれまで深く考えたことがなかった」ことに私は気づいた。日本にいたときは自分が「当たり前のマジョリティ構成員」だったから。

私が「痛み」を経験してわかったことを、「マイノリティになる」経験をしなくても理解/想像できる人もいるだろうし、マイノリティには決してならない、マジョリティでいる努力をしている人、そんなことを考えたこともない人たちもいるだろうと思う。私は経験して「気づいた」というだけで…。私も含めて、経験してみないとわからない人たちは、一度経験してみるのはいいことだと思うけれども、自分自身で経験しなくても、せめて思いを馳せて「想像して」みて欲しいと思う。

好きで日本に来て働いている人たちに対しても、彼らの権利は守られるべきで、将来友好の架け橋になってほしい、という私の思いは変わらない。その上に今回の原告の在日韓国人の女性に「嫌なら出て行け」と、どうしてこの国(この国の人間)は言えるか。

今のアメリカの対外的な「アメリカに有利に働く民主主義/経済主義」は、「当たり前のマジョリティ思考」で押し進め、広げられているように思う。日本の根底も同じなんだな…。強いものは弱いものが必要で、比較対象の弱いものがあるから、強いのだ。けれどそれは幻想だ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-02-01 14:07 | news | Trackback | Comments(3)
衆議院議員選挙の時に、「最高裁判所長官の罷免」を問う投票も同時に行われるが、いつもその時になって、その長官がどんな判断を下してきたのかなかなか調べられなくて、きちんと判断を下したとは言えない状態が続いた。

今日のニュースで、日本国籍を持っていない人が公務員の管理職になることが出来ないのは憲法に反するという訴えに対して、「憲法違反とは言えない。自治体の判断に任せる」と判断を下した長官が町田顥長官。

次回の投票のときは、この人は罷免しよう。

訴えた原告の女性が、「日本には来るな、と全ての人たちに言いたい」と言っていたが、彼女は東京都の職員。東京都では、特に風当たりが強いに違いない…。

こんなことが原因になって有能な外国の人たちの力が日本に入らなくなるのは、大きな損失だと思う。特に在日韓国人という特殊な事情を持つ人に何の考慮がないのも不満。

この件に関する日刊スポーツの記事はこちら。
[PR]
by ayako_HaLo | 2005-01-26 19:54 | news | Trackback(2) | Comments(0)
いろいろなことが起こっていたんですね…。

友人たちからのメールで断片的に手に入っていたニュースも、やっぱりそれ以上の情報を得ることがなかなか難しくて、おとといの夜遅く帰って来て、ニュースを追いかけてみてはいても、全体像はなかなか分からないです。

色々ある中で、台風と地震の被害に遭われた方々に、お見舞いを。
少ししか出来ないけれど、義援金を振り込もうと思っています。

義援金のいろいろ。
赤い羽共同募金
日本赤十字社「 新潟県中越地震災害義援金」
日本赤十字社「 台風23号災害被災者義援金」
イーバンク銀行「新潟県中越地震災害義援金」
テレビ朝日ドラえもん募金0990-53-5000(今回はNTTも手数料を取らないらしい)
ゆうちょ災害義援金の送金サービス取り扱い状況(郵便局窓口では手数料無料)
募金パーク(ワンクリック一円)
募金サイトイーココロ (ワンクリック一円)

2ch VOLUNTEER地震義援金(一覧)


旅行中の日付のとんでいるところは、時間を見つけて写真をアップしていきたいと思います。
時々過去を覗いてみてくださいね。
[PR]
by ayako_HaLo | 2004-11-02 16:26 | news | Trackback | Comments(0)