制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

少し前のことになるけれど、DVD映画『地球交響曲ガイアシンフォニー第一番〜第五番』スペシャルDVDボックスの中に収録される龍村仁監督インタビューのナレーションをさせていただいた。

4月21日(金)発売。¥31,500+送料¥700でこちらから予約受付中のようだ。

地球交響曲の存在は数年前から知っていたのだけど、どういう訳かなかなか見るタイミングとチャンスがなく、第五番が出来上がってから2004年に一気にまとめて高井戸シネマで見た。一般の映画館ではほとんど上映されずに、見た人たちの口コミで広がり、見た人たちが自主上映会を開く形であちこちで上映されているその形も普通じゃないけれど、制作の仕組みとか、映画の内容も他にはない面白い試みだと思う。数々の心に残る人と言葉との出会いがあった。DVDとして見られるようになるのはいいニュース。第五番だけは機会があって二度見たのだけど、一度目とは引っかかったところが違った。そういう風に自分の変化によって見方が変化するのも面白いと思う。

第六番も現在制作中らしい。こちらの完成も楽しみ。インドのシタール奏者ラビ・シャンカールさんの演奏の映像は素晴らしかった。制作費も募っている。この互助の仕組みも自分も参考にしたいもの。

現在の状況や上映会の情報は公式ブログで。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-03-31 02:32 | HaLo news | Trackback(1) | Comments(8)

畑の初日(3月10日11日)

なんだか、またしばらく更新できないまま、日が過ぎてしまった。
引っ越しが確定。その準備やら何やらかんやらでなんだか結構忙しい。書きたいことも実はいっぱいあるんだけど。

まずは、3月10日11日におばあちゃんのところに行って来たご報告。

田んぼも畑も好きに使っていいそう!これは本当に嬉しい。草とも共生したいっていうような話もちゃんと聞いてくれて、やりたいようにやってみたらいいって話になった。(まあ、もちろん今後、実際に草が生えているところを目にした時にどういう反応が現れるかっていうこととは別問題だと思うので、それはそれでその時にまた考えよう〜)

適している作物や、適さない作物の話、色々な話を聞かせてもらう中で、上の広大な畑の方は、狐やたぬき、ハクビシンやイノシシが出るってことも聞かされた。そんな獣害もあって近くの人たちもどんどん作物を作らなくなっているそうだ。きっとそれは連鎖を産んで、動物たちは作物を作っているところに集まって来るようになるかもしれない。もともとは山の中の食物が減ってしまったことが原因なんだろうけど…。まあ、そんな訳なので、上の方の広大な畑の方は動物たちにどれくらい食べられたり荒らされたりするのか様子見をしつつ、彼らが食べなかった分をいただく、くらいの気持ちで始めたらいいのかなあ、と思っている。(←いつまで冷静でいられるかはわからないけど)

そしてもう一つ。今年から水稲を作ろう!ととっても張り切っていたのだけど、おばあちゃんの田んぼは今年は誰か別の人の減反の割当を引き受けることを決めてしまっていたらしく、水稲は作れないとのこと。その後、いろいろ人に聞いてみたら、減反政策はあってないような物になって来ているから、作れないこともないらしい、とか、赤米や黒米ならいい、というようなことも聞いたのだけど、おばあちゃんが作れないと言うのだから、ことしは大人しく陸稲と畑作をしようと決めた。来年の楽しみにしよう。

b0024339_233174.jpgその田んぼの部分に畦立てして、ジャガイモを植えた。実は、おばあちゃんが田んぼの方はすっかり耕耘機もかけて、ジャガイモの種芋も準備しててくれた(笑)。全く草もなし。

ジャガイモ以外に、もう何本か畦だけ立てて次回の準備。かぼちゃを植える為に土を盛ったところには、おばあちゃんが用意してくれた堆肥を入れてみたところと、全く何も入れないところと準備してみた。

「金肥も入れた方がいいんじゃ…」とおばあちゃんは言うのだけど、これだけは固辞させていただいた。でも、おばあちゃんにとっては、化学肥料っていう概念じゃなく金肥なんだよね…。「堆肥も何も入れないところも作ってみる」って言ったら「そんなんじゃ、可愛そうなんじゃないのかね」って。

そうなんだよね。おばあちゃんにしてみたら、何も肥料を与えないっていうのは、子供にご飯を食べさせないってことと同じで、きっと可愛そうなことなんだよね…。でも、子供が母の手から食べ物を用意してもらわなくても、いつか自立できるように、育てて行くこともきっと大事なことのはず。

b0024339_2317685.jpg広大な草も何もない下の畑(田んぼ)に、畦立てだけしていてもつまらないので上の畑に移動することにした。その前に、下の畑の全体像。畦立てしたりジャガイモ植えたところなんて、ほんのちょっぴり。真ん中あたりに見えるラインがそれ。


b0024339_23203031.jpg上の畑は一面の草。とりあえず、一畝分(10mx10m)四角く囲って、その中は畦を立ててみた。いつ刈ったのか分からないけど、草刈り機で刈り倒された草がそこらに広がっていたので、青菜やジャガイモの種を植えた上に広げた。

b0024339_23393275.jpg一畝の半分ほどしか畦立て出来なかった。働いてると一畝って広いなあという気がするけど、全体の中では、こっちもほんのちょっぴり。上の畑は、畦立てする列と、表面の草だけ剥がす列と、なんにもしない列を作ってみるつもり。何にもしない列は泥団子作って種蒔こうかなあと思っている。何が生えて来るかもお楽しみっていうのも楽しい。

翌日から数日間、かなりの筋肉痛。どれくらい普段体を動かしていないか、だなあ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-03-29 23:51 | plants/farming | Trackback | Comments(14)
味噌仕込みin中条村(長野)というポストで書いた私の味噌作りの体験をシェアする機会を持つことになった。味噌って本当に身近な食品で、私なんかは毎日必ず食べているのに、自分で作ったことが無く、いつも手作りの味噌を母や、母の友人から送ってもらっていた。「手前味噌」なんて言葉がある通り、この「手作り味噌」っていうのは本当に美味しくて、それまで買っていた味噌だって充分美味しかったんだけど、手作りを食べ始めたら、もうやめられなくなってしまった。

そんな私の元に、長野のとっても素敵なお母さんが味噌を仕込む時にお邪魔して、味噌仕込みを教えていただくチャンスがやってきて、1月中旬に二泊で長野に行って来た。共同体の中で連綿と続けられている味噌作りだけでなく、その共同作業の仕組み、また人と人との関わりなども大きな体験になったのだけど、何より味噌作りを教えていただきながら一泊泊めていただいた、長野のお父さんお母さんとの出会いは私にとってとても大きな財産になり、すっかり長野のお父さんお母さんと呼ぶようになった。

私が体験したのは、このお二人の人間性のなせる技/地域の方々の暖かさでもあり、本当だったらこの長野のお父さん、お母さんのもとで私のように味噌作りの体験ができたら素晴らしいのだけど、そんなことは急には出来ないことなので、まずは手前味噌って東京の家でも作れるよ、っていう体験をしてもらう会が出来たらいいな、と思っている。
○日時:2006年3月18日(土) 11:00スタート
○場所:フルハウス(向島)
○参加費(材料費込み):3,500円
http://www.musuhi.net/furuhouse_map.html

当日仕込んだ味噌を1~2kgずつお持ち帰りになる予定。更にこのお母さんが去年仕込んだ(もう食べるだけの)味噌を500gずつ、完成予想図ということでお持ち帰り予定。

当日に体験するのは味噌仕込みの工程の中の一番最後の、大豆と麹とお塩を味噌玉を作って混ぜる作業。味噌仕込みin中条村(長野)の中に書いた作業を全部体験するとすると、泊まりがけ3日間ってことになっちゃうので(いつかそれもやれたらいいけどね)、一番人手が必要で、尚かつ最後の工程だけを今回はやる予定。味噌を捏ね捏ねして触るだけでも気持ちいい。

注意事項:
・汚れてもいい服装か前掛け/割烹着等を、また、髪の毛の落下を防ぐために三角巾や帽子のようなものもご用意願います。
・お持ち帰りの味噌を熟成させるための「瓶」は各自の家でご用意ください。当日は袋に入れてお持ち帰りいただきます。

参加ご希望の方は、コメントを「非表示」にした上で、メールアドレス、緊急時の電話番号、お名前、人数を明記の上、お申し込みを。募集人員は10人。私のところと今回主催の「結」/「フルハウス」の両方で募集しているので、先着順でいっぱいになってしまったら、ごめんなさい、ってことで。閉め切ったら、ここに追記するようにします。

詳しくは主催の「結」/「フルハウス」の告知へ

今回の会場になる「フルハウス」っていう場所も面白いところなので、この機会に是非。明治〜大正時代からの長屋の趣を壊さないように改装され、ギャラリーやイベントなどに利用されているところ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-03-09 18:13 | foods | Trackback | Comments(10)
去年の年末12月31日に、相方のおばあちゃんの住む栃木の北部に遊びに行った。東京から車で3-4時間かかる場所。おばあちゃんは現在70代後半で独り住まい。もともとタバコ栽培をされていた農家だったのだけど、現在は自分が食べる分だけ栽培して暮らしていらっしゃる。何度か遊びに行ったけれど、今回も自家製の切り干し大根や、干し芋、干し柿、ジャガイモ、ネギ、梅干しなどなどをお土産にもらって帰って来た。

東京を出て農のある暮らし(半農半X)を始める為に、移住する場所を求めてここしばらくあちこち出かけて来たけれど、探し始めて半年ほど。そうそう簡単に見つかるものじゃない、ということが分かった。それだけでも大きな進歩だと思っている。

この旅を重ねる中で、貸してもらえる可能性のありそうな田んぼや畑(つまり何も栽培されていないで、荒れているところ)を見ると、本音を言うとちょっと心をときめかせて「あそこはどうかな〜」などと思っていたところがあったのだけど、相方のおばあちゃんちの田んぼや畑が何も栽培されない状態でいるのに、それ以外を必死に探している状況にも疑問が生まれ始めてしまった。

はっきり言って、通うには遠すぎるかも知れない。だから候補から外して来た。でも、どっちにしても東京を出ようと思っていたのだから、おばあちゃんのところと東京の間に「とりあえず」住んでみたら、どちらにも通えなくはないのかもしれない。これはやってみないとわからない。移住先を考える/探す為にも、とりあえず居を移そうと思っていたところだったから、とりあえずおばあちゃんに田んぼと畑を使わせて欲しい、というお願いをしてみたのが2月25日頃。すぐに栃木と東京の間ということで、東京の北部に位置する辺りの賃貸物件を探し始め、27日には埼玉県久喜市と幸手市の物件を見学。おばあちゃんのところに通う為には車が必要だから、駐車場込みで今の東京のマンションの値段の半分程度の賃料になったらいいな、と思っていたら、いくつか難はあるものの、私たちの条件に当てはまる物件を久喜市に見つけた。借りるだけで買う訳ではないので、現在はほぼその物件に決まり、という状況。

久喜はJR東北本線と東武線が乗り入れている。新宿まで55分。上野まで45分ほど。逆におばあちゃんちまでは、高速道路を使わなければ、まだ少なくとも2時間はかかる位置。東京に何かの用事で通うことは、きっと何の問題もないだろうけれど、栃木に通えるかやってみる、って感じかなあ。一週間に一度くらい通えたらいいな、と思っている。

b0024339_17112787.jpg12月31日に撮ったおばあちゃんちの畑。広大。何も作物を作っていないのに、これだけきれいな状態ってことは、きっと人を頼んで、手を入れてもらっていたんだろうな、と思う。私たちが自然農でやりたいってことと、おばあちゃんがきれいに使って欲しいって思われるだろうこととのバランスを取ることも課題になりそう。でも、きっとどこかに落としどころはあるはず。

b0024339_17142699.jpgこの畑とおばあちゃんの家の間にある道。竹林も気持ちいい。片栗が自生しているそう。(話が横道に逸れるけど、現在流通している「片栗粉」ってのは、いつからなのか知らないけど、片栗の粉ではなく、澱粉粉。主にジャガイモから作られるようになっている)

今週末、再度おばあちゃんのところに泊まりがけで遊びに行って来る予定。この間は田んぼは見なかったから、田んぼも見て来る予定。広さの測定をして、苗床を準備して、種もみも準備をしなくては…。畑の方も広さの測定をして、少し畦立てをして、下ろせる種は降ろして来たい。一旦種を降ろしたら少なくとも二週間に一度は通わないといけないだろうな。引っ越しも含めて忙しくなりそう。ここ数日忙しかったのはその為でもあった。「春」って感じ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-03-08 17:31 | plants/farming | Trackback(2) | Comments(16)
■山口剛作陶展
日時:2月28日(火)〜3月7日(火)
場所:柿傳ギャラリー

今日(3月2日)行って来た。友人の友人の作陶家の個展。象嵌という手法で作られた桜の画の入った大皿は土を彫って、そこに別の色の土を塗り込み、余分の土を剥がすという工程を何度も何色分も繰り返して作られたそう。そんな技法があることも知らなかったし、いろいろとお話を聞かせていただいて楽しかった。

丸田秀三陶展
日時:2月20日(月)〜3月11日(土)18:00〜24:00 
場所:銀座Gallery Bar Kajima

丸田さんの磁器も好き。今回タイトルは「愛」らしい。遅い時間だから行くチャンスがあるか?

有機農業入門講座2006年
日時:3月4日(土)10:00〜
場所:文京区民センター
「新規就農の実際」
「自己“農力”の探求、それが自立のはじまり」

詳細は上記リンクへ。¥2,500参加予定。

松竹谷清ライブ
日時:3月4日(土)18:30/19:00〜
場所:下北沢ラカーニャ
¥3,000/¥3,300

松永孝義「The Main Man」の録音にも参加している清さん。イイです。この他にもラカーニャのライブはかなり魅力的なラインナップが勢揃い。行きたい〜。

『ご臨終? 憲法』 森達也×SAY-Peace PROJECT トークイベント
日時:3月5日(日)13:30/14:00〜16:00
場所:津田ホール(千駄ヶ谷)
¥500

森さんの言っていることは「真っ当なこと」が多いと思うんだけど、なぜか異端児的。私も異端児??

北いわてのスローツアー東京展
日時:3月12日(日)14:00~17:00/18:00~20:30
場所:トリウッド(下北沢南口より徒歩5分)
「麻(いど)と暮らし」「ふる里の源流」「山襞(やまひだ)の食(く)らし」
各¥1,000/通し券¥1,500

1986年〜1991年に完成した記録映画。北岩手の山のなかの人たちの生活を追う。

ジプシーを追いかけて−アラブ世界のジプシー
日時:3月12日(日)開場18:30/開演19:00
場所:渋谷アップリンクファクトリーX
出演: 関口義人(『ジプシー・ミュージックの真実』『ブラスの快楽』著者)
¥2,000

前回の報告会を見逃して/聞き逃しているので、行きたい…けれど、上記の記録フィルムも見たい。


■「日本でやりたいことに挑戦する!外国人たちのはなし」

日本に来て、自分のやりたいことをみつけ、
 少しづつ実現させている2人の話。

台湾茶のお茶会を始めた林(Lin)さん
中国語と中国文化を伝えるチャイナサロンを続ける静(Jing)さん
そして、
日本に来た外国人の子供たちが日本の高校に行くための
新しいフリースクールづくりに挑戦している
NPO法人多文化共生センター東京21の話。

そんな身近な人の話を聞きながら、
外国からきて東京に住む人たちの生活や思いを考えてみませんか?

日時:3月14日(火) 19:30〜
場所:カフェ・コラボアルテ(地下鉄青山1丁目駅徒歩1分)
南青山2-2-15 ウィン青山1F TEL:03-6406-4545

友人のJingがお話をするみたい。これも行こう〜。


■味噌を仕込む会(仮)
日時:3月18日(土)午前〜夕方
場所:フルハウス(向島)
参加費:¥2,000〜¥4,000程度。仕込んだ味噌持ち帰り。量未定。後ほど追記します。長野で習った味噌仕込みをシェアする予定。

シカラムータライブ
★★★シカラムータの春の花咲かせNIGHTツアー★★★
3/21(祝)@吉祥寺・Star Pine's Cafe

CICALA−MVTA(シカラムータ)
大熊ワタル(cl)川口義之(sax)太田惠資(vl)桜井芳樹(g)
佐藤芳明(acc) 渡辺明子(tb)関島岳郎(tuba)
吉田達也(ds)こぐれみわぞう(チンドン太鼓)

前売¥3300/当日¥3800
2/1より店頭、ぴあでの前売発売開始!

(問)スター・パインズ・カフェ:0422−23−2251

こちらのバンドも大好きなミュージシャンだらけで、久しぶりに行きたいんだけど…。


サイボーグライブ
日時:3月21日(祝)
場所:渋谷アピア
『外丸&SPIKY POP』ライブ
日時:3月22日
場所:高円寺ショウボート

かなり以前、四谷フォーバレーから出したコンピレーションアルバムに収録された曲で、ベースを弾いてくれたkaorinとブルースハープを吹いてくれたヴォーカリスト外丸兼次の二人とつい最近mixiで再会。二人ともほぼ同時に新しいバンドを立ち上げていたらしく、ライブを重ねているみたい。近々行きたいところ。

桜丘町音楽夜噺
第四夜 ほんとは怖い(?)アイリッシュ・ミュージック
日時:2006年3月25日(土) 16:00開場 / 17:00開演〜19:00終了
場所:渋谷 トラットリア・アル・バッコ
論者:大島 豊 (翻訳家、音楽評論家)
   茂木 健 (翻訳家、音楽評論家)
聞き手:鈴木 茂(編集者)
¥1,200(1drinkつき)

第一夜に遊びに行ってから、とっても行きたかった第二夜、第三夜を他の用事で見逃した/聞き逃したのだけど、今回も、千葉自然農の会の共同作業で君津に行く予定の為無理そう。残念〜。

エキゾ夢紀行 ─総集編─
よろずエキゾ風物ライターとして世界中を飛び回るサラーム海上さんが映像資料のスクリーニングと現地調達音源のリスニングなどを通して旅の報告会を行う人気イベント。今回はサラームさんがこれまでに紹介してきた国々(インド、モロッコ、トルコ、アラブ)の映像をダイジェストでお届けする総集編。今春から東京で生活をスタートさせる新社会人や新入生の皆さん、初っ端からよその国の特に濃い地域にトリップしてみませんか?勿論当日は、会場隣のTabelaではサラームさんレシピによる特別料理を食べる事ができますよ。

日時:3/26(日)開場14:00/開演14:30(17:00終演予定)
場所:アップリンクファクトリー渋谷
料金:¥1,800(1ドリンク付)

出演:サラーム海上(さらーむ・うながみ/よろずエキゾ風物ライター)


タブラトゥーラライブ(コンサートのところをご覧あれ)
日時:3月30日(木)18:30
場所:コア石響(四谷)
¥5,000

映画「花よりもなほ」是枝裕和監督というポストで書いた通り、この映画の音楽を担当しているタブラトゥーラ。生で聴けるチャンス。


■『ありやまな夜だ!vol.19』
日時:3/31(金)open 19:00/start 20:00前売¥2,500(2オーダ?)
場所:下北沢440
有山じゅんじ/宮武希/さかいゆう 

チケット予約:下北沢440(03-5481-4143)または、 チケットぴあ(0570-02-9999)

これも行きたいなあ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-03-03 01:24 | plans | Trackback(1) | Comments(12)