制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0024339_2104475.jpg1999年、ひとりのニッケルハルパ奏者が来日し、スウェーデン大使館で演奏した。1枚目のソロアルバム”angel archipelago(試聴あり)”(ワーナーから『天使の島々』というタイトルで日本盤も出たけど日本盤は廃盤みたい)をリリースしたばかりのJohan Hedin(ヨハン・ヘディン)だった。

このとき幸運なことに私はその場にいて、間近に演奏を聴くことが出来た。そしてニッケルハルパというそれまで見たこともない不思議な楽器のルックスと微妙な響きを持つ音、ヨハンの演奏に全くヤら れてしまった。低音弦(ドローン)と共鳴弦が鳴り、メロディー弦が自在に奏でる何とも言えない気持ちのいい音の広がり。

翌日のインストアライブにもくっついて行き、その場で、将来自分の録音に参加して欲しいと言うプロポーズまでしてしまった(翌年には実現!"yellow"収録の6曲目「晴れますように」ではNyckelharpa(ニッケルハルパ)を演奏してくれているしまた、一曲目の「川」(全曲試聴あり)は上記のアルバム”angel archipelago”に収録されているヨハン作曲の"staden"に詞をつけさせてもらったもの)。

そのヨハンがこの秋、二度目の来日を果たす。84人しか入らない響きのいい小さなホール。マイクを通さない完全な生音。7年前の私みたいにヨハン・ヘディンの音楽に恋をする人が現れるんじゃないかと思っている。

座席がホントに限られている(84席!)ので、お早めにご予約を。私は企画協力をしていて、ここしばらく頻繁にヨハンとのやり取りをしていて嬉しい。当日は、ステージでヨハンの通訳を少しだけやる予定。(この文章はチラシに使用する(のかな)の文章に少し手を加えました)

ニッケルハルパについては、また機会を見つけて書こうと思う。

ーー以下、転送大歓迎(興味ありそうな人にお早めにお知らせ下さい)ーーーー

ヨハン・ヘディン “ニッケルハルパ ソロ・コンサート&ワークショップ”
     Swedish folk music from the baroque until today 
   〜スウェディッシュ・フォーク バロックの時代から今日まで〜
スウェーデンで最も優れたニッケルハルパ奏者の一人、そしてBazar Blaの中心的メンバーとして知られるヨハン・ヘディンが来日。松明堂音楽ホールで一回きりのソロ・コンサートとワークショップを行うことになりました。

出演:Johan Hedin(ヨハン・ヘディン):ニッケルハルパ 
http://www.johanhedin.com/
日時:2006年10月28日(土)開場:14:30 / 開演15:00
会場:松明堂音楽ホール(新所沢駅東口下車)http://www12.plala.or.jp/shomeido/
料金:前売り3,500円/当日 4,000円(税込み)全席自由 ※整理番号順のご入場
演奏予定曲:Innersta polskan / Johan Hedin ,バロック風ポルスカ / trad.
お問い合わせ・チケット取り扱い:音楽を聴く仲間の会
             080-5429-9669 frifot2007@yahoo.co.jp 
★午前中に15名様限定でワークショップを行う予定です。
詳細はこちら→ http://blog.goo.ne.jp/nakamanokai/d/20060723
[PR]
by ayako_HaLo | 2006-08-04 21:07 | friends | Trackback(2) | Comments(8)