「ほっ」と。キャンペーン

制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

空港と今ここのギャップ

2年ぶりの海外で、今、サウスダコタ。

成田空港ではちょっとした驚きもあった。
まず、空港の推奨チェックイン時間がフライトの2時間半前。
以前より手荷物検査に時間がかかるようになったんだろう。

手荷物検査では、

100ml以上の大きさのボトルに入った
液体は機内に持ち込むことが出来ない

という決まりが出来たようで、
今回、インディアナのホストファミリーのところで
何か日本食を作ってあげようと思って
手荷物に忍ばせていた150ml入りの
ダシ醤油は捨てざるを得なかった。

中身を50ml捨てるとも言ってみたんだけど、
中身の量の問題じゃなく、
100ml以上の大きさのボトルに入った液体
というのが問題らしく、
色々と交渉してみたけど、

1) もう一度チェックインカウンターに戻って、
ボトルだけをチェックインし直してくるか
(ということは、この厳重な荷物のチェックを
再度受けなくてはならないことになる!)

2) 廃棄するか

3) ジップロックを持っていたら、
ジップロックに移し替えて持ち込むか

しかないんだそうだ。

ジップロックに入れ替えたらいいんだ!

ジップロックから洩れてカバンがぐちゃぐちゃになったりしたら、
それこそ大惨事なので、今回は諦めてしまった。

もう一つ。
手荷物検査場の内側へは飲み物を持ち込めなくなった。
ペットボトルも
(まあ、100ml以下のボトルならいいかもしれないけど)
水筒もダメ。
水筒にお茶を入れて持っていたので、
その場で全部飲みきるか、
捨てるかしてくれと言われた。

ちょうど友人の子どもが一緒だったので、
子どもと一緒に飲むものだ、と言ったら、
通してくれた。

子どもがいたらいいのか。

厳しいようでザル。
所詮いたちごっこなのにね…。
その分、仕事を増やして、大変だなあ。


ミネアポリスの入国検査では、
外国人の列は、以前にも増して時間がかかる。

a) その場で顔写真を撮られる
b) その場で両手の人差し指の指紋を採られる

の二つが加わったから、だろうなあ。

そして、入国審査官の感じの悪さったら!
ちっともwelcomeしようとしてないんだよね。
自分はアメリカの入り口に立っていて
ようこそ、という立場だと言う感覚はまるでないな。
日本の審査官も同じか。

チケットを買う時に、アメリカ国内での滞在先を
知らせなくてはならなくなったんだけど、
パスポートにその情報は既に組み込まれているようで、

「何しに来たんだ?」
「観光」
「どこにいくんだ?」
「サウスダコタ」
「ホットスプリングには何しにいくんだ?」
  (答えてないのに既にサウスダコタ内のどこに行くか知ってる)

しかも、
13人のおばあちゃんたちの評議会の説明は面倒だから
「サンダンスを見に」
と言ったら、ものすごい怪訝な顔をされた。


その入国の感じと、今いる場所の皮膚感覚の違いって
凄いものを感じる。

おばあちゃんたちは、とってもとってもスピリチュアルで、
あったかくて、お話を聞くのが面白い。
今日は、「何だか分からないけど来ちゃった」話をして、
「やさしい光」を聞いてもらった。

涙を流しているおばあちゃんや関係者の人もいて、
私の方まで涙が出て来てしまった。

評議会は明日から。
どんなものなのか全く知らずに来たけど、
ホントに楽しみ。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-06-13 10:09 | travels | Trackback | Comments(2)
ウチの父ちゃんは画を描く人だ。
http://fromayako.exblog.jp/6327846
http://fromayako.exblog.jp/6394880



私が小さな頃に、家には小さな池があり、
その上には、棚があり
私がその樹の(花の)画を描くと思って
鈴なりに黄色い花をつける樹を植えたそうだ。

何度も何年もチャレンジしたけれども、
結局その花の画は完成しなかった。

父が誰かにそのことを

「なかなかモノにならなくてなあ…。
それで、樹だけが家に残った」

と言っているのが聞こえたので、
とても悲しくなって

「そんなこと言ったって、スゴク大変なことだったんだ。
スゴクがんばったんだ」

と必死に訴えたら

「何も責めてない。
家にこの樹を残してくれてありがとうと思っているんだ」

と父は今度は私に向かって言った。

「そんなこと、さっきの話からじゃわからないよ」

と更に泣きながら訴えたのだけど、
この部分は既に「売り言葉に買い言葉」状態であり、
感情の高ぶりに自分が対応出来なくて叫んだのであり、
心の中では必要のなかった言葉だったと分かっていた。



これは実話じゃなくて、今朝見た夢だったのだけど、
とってもいいものをいただいたので、
書き残しておきたかった。

子どもとしての勝手な解釈ではあるけれど、
ある意味で、私は決して親が望んだようには育たなかった。
特にもっと若い頃には、親の望みとは違う方向に進み、
大いに心配もさせ、大いに困惑もさせてきたと思う。

それでも、今、両親はそのことで私を責めていたりせず、
恐らく
  (その「樹」が指し示すものが何なのか分からないけど)
「この樹を残してくれてありがとう」
と思ってくれている気がした。

今、そのことに改めて気づいて
涙が溢れて止まらない。

私の方こそ、私のためにその樹を植えてくれて
本当にどうもありがとう。
望み通りではなかっただろうけれど、
私は、とても幸せです。



しばし日本を離れます。
2年ぶりのパスポート。
何だか分からないモノに呼ばれて出かける旅の朝に見た
この夢は、贈り物でした。
ありがとう。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-06-11 08:50 | thoughts | Trackback | Comments(0)
おとといあたりからちらほらニュースになってきているようだけど
陸上自衛隊の「情報保全隊」というのが、
自衛隊の活動に批判的な市民運動の動向を調べ、
リスト化していたらしい。
 
 自衛隊のイラク派遣に反対する集会やデモなどの関連だけで
 四十一都道府県の二百八十九団体・個人に上り、
 高校生も含まれている

んだそうだ。

沖縄タイムス社説(2007年6月8日朝刊)
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20070608.html

この社説に書かれている通り、
イラクへの自衛隊派兵に反対したということで、
自衛隊の「情報保全隊」にリスト化されることも問題だけど、
その事自体を、全く問題視していない、
政府や、防衛庁長官の感覚自体が
とても危うい気がする。

そして、その感覚を私たちが受け入れてしまうのなら、
それが一番の問題!

自衛隊の「自らを衛る軍隊」という言葉の中の
自ら≠日本の国民
であり、
自ら=国という枠組みや、軍隊自体
ということを再認識。

こういうことを書くこと自体、
監視の対象に入るんだろうな、と
思わせるだけで、効果はあり、
モノが言いにくくなる世の中へと
ずぶずぶ進んでいくこの怖さ。

asahi.com 社説2007年06月07日(木曜日)付
http://www.asahi.com/paper/editorial20070607.html

共謀罪やらなにやらの一連の法改正の動きによって
私たちは自分の首が少しずつ締められている状態にあること。
改めて認識しておくべきだと思う。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-06-09 15:13 | news | Trackback | Comments(0)

自分を信じて生きる

6月11日から二週間程サウスダコタとインディアナに
行って来ようとしている。

インディアナは1992-93に日本語を教えに行っていた土地で、
そのときのホストファミリーに会いに。
2000年頃に一回寄っているので、8年ぶりくらい。

その前のサウスダコタは初めての土地。

b0024339_22294116.jpg『世界を救う13人のおばあちゃんの言葉』
というドキュメンタリー本が最近翻訳されて出版されたのだけど、
このドキュメンタリーの元になった評議会の第一回が
2004年に行われ、その第五回が2007年6月にサウスダコタで
行われる。
http://www.grandmotherscouncil.com/

何となく、引っ張り込まれるようにして、
このおばあちゃんたちと少し関わるような気がして来て、
とりあえず、この評議会に参加してくる予定。

また、その評議会のあとに、ラコタ族の祈りの儀式
サンダンスや、スウェットロッジなどが行われるらしく、
これまた流れのままに、その儀式も目撃してくる予定。

何かに引っ張り込まれるように決断してしまった
サウスダコタ行きなのだけど、
ラコタ(スー)族のこともほとんど何もしらないまま
行こうとしちゃっている…ということを
先日小川町で出会った女性に話をしたら、
「ちょうど今読んでいる本がラコタ族について書かれていて、
いい本だから紹介します」
と言われて、以下の本を紹介してくれた。

b0024339_22312876.jpg『自分を信じて生きる-インディアンの方法』松木正

この本は、サウスダコタにあるラコタ族の居留地に住んだり、
通ったりして大切なことを学んだ筆者が、
そのエッセンスをまとめた本。

すぐに注文して届いて数時間で読み終えたけれど、
目次だけでもシェアしたら、何かしらを感じてくれそうな人が
周りにいっぱいいるなあ、という気がしたので
目次の紹介。


■すべては正しい時に正しい場所で起きる

■たくさんの繋がりの中に私がいる

■自分のハートが「よし!」と言ったことに、人は決して後悔しない

■信頼のないところには、何も起こらない

■矛盾と同居出来る人は美しい

■利己主義な人ほど傷つきやすい

■執着しなければ、ものも人も、必要な場所へとめぐっていく

■自分を信頼することーそれは最もすばらしい生き方

■「人生の悲劇は苦しいことにあるんじゃない。何を見落としたかにあるんだ」

■思い通りにならないものを自分の中に受け入れたとき、相手の声が聞こえてくる

■自立しようと思ったら、ヘルプメッセージを出せなくてはいけない

■人は泣くときと笑うとき、自分の魂とつながることができる

■思い悩んだり,身動きが取れなくなったときはメディスンホイールを思い浮かべてみるといい

■「今ここに、目の前にいる人のために」、自分ができることを与えつくす

■「今、ここ」という瞬間に、幸せになる種や元気になる種が落ちている

■人間も含めたすべてが、大きな自然の中にある

■魂を語ることを恐れてはいけない
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-06-07 22:35 | books | Trackback | Comments(0)
b0024339_221879.jpg

3月の初旬から流れていたのではないかと思うんだけど
キリン「トロピカーナ」プレミアムの
テレビCMのナレーションをやらせていただきました。
http://www.k-tropicana.com/cm/index.html

いとこから「姉ちゃんやろー」というメールが来て
テレビで流れてることを知りました。

現在流れているCMは、他に
グアム政府観光局
日産ノート(ラジオも)
で計3本かな。

またテレビ番組としては
関東+広島ではフジテレビ系列で
毎週土曜23:55-24:00に『一葉の想い』もあります。
(これはテーマ曲も現在HaLoの「やさしい光」)

機会があればご覧ください
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-06-01 02:03 | HaLo news | Trackback | Comments(2)