制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日はナレーションの収録を二つ。

一つはレギュラーでやっている「一葉の想い」。
こちらは関東圏+広島?で2年続いているミニ番組で、
9月いっぱいは土曜日の23:55-24:00に放送。

10月からは番組再編+郵政民営化に伴い、
オープニングナレーションもリニューアル。
毎週火曜日10時54分〜
(少し早めの時間帯に変更になりました)

オープニングテーマ曲は変わらずHaLoの「やさしい光」
アルバム "blue" 収録。





もう一つは、
2007年10月6日(土)22:00放送
スカイパーフェクTV 216ch ベターライフチャンネル
「アタラシイキズナ」
〜片品生活塾

30分のドキュメンタリーで
元渋谷でコギャルを自認していた女の子が
縁もゆかりもなかった群馬県の片品村に移住して
農業に従事し始め、去年から「片品生活塾」という
「あたりまえの暮らしについて学ぶ」場として
自分の家をカタカタハウスとして拠点にし始めた話。

片品生活塾ブログ
http://goodmatherproject.blog59.fc2.com/

彼女の夢と想い、地元の人たちとの温かな繋がり、
時折挿入される緑や、小さな生き物の映像が美しかった。

彼女にもそのうち会えるだろうな、そんな気がする。


ナレーションに私が出かけたことで
MAのスタジオの中もすっかり
地面の近くでちゃんと暮らすことについての話に花が咲き、
その必要性を感じている人たちの裾野の広さを感じた。

どんどん広がれ。
「豊かな」暮らし。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-09-28 14:48 | HaLo news | Trackback(1) | Comments(0)
b0024339_2347268.jpg

一ヶ月くらい前に発起人の一人の高橋健太郎さんが
日記の中で、このネット署名活動を立ち上げようと
していることを知った。

柏崎刈羽原発のまわりには活断層があることが
今回の地震ではっきりわかったし、
地震で設備的にかなりのダメージを受けているのだから、
更なる悲劇を生まないために、
この柏崎刈羽原発に対して「おやすみなさい」を言おう、
というもの。

この夏の暑い盛りにも、柏崎刈羽原発なしに
首都圏は乗り切れたのだから、
現状あるものだけでまかなう努力ができたことを喜んで、
余る程、電力を作っていなくてもいいんじゃないか、
そう思う。

柏崎刈羽原発で働く人たちにも、
自らの身を守るために、そして近隣の人たちに
更に日本全体に、また地球全体に被害を及ぼさないために、
署名して欲しい、そんな想いもある。

どうぞ署名をしてください。一分かかりません。
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

そしてこの署名活動を広めて欲しいと思う。

★★

mixi内コミュ「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2571019

毎日新聞の報道
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070906k0000m040032000c.html

この活動を知って自主的に描かれたというイラストレーター
はらだゆきこさん(友人の友人)のブログ記事。
イラストがかわいい。
トップに貼付けたイラストがその彼女の作品。
バナーとして使わせていただくことを快諾してくださった。
http://blog.goo.ne.jp/worldsendsupernova/e/6ea5501f5c934ebfaee5fe6192


以下、署名文ーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

柏崎刈羽原発の運転再開は危険です。

柏崎刈羽原発の周辺には、大きな地震を引き起こす活断層が存在しています。
しかし、その調査が十分に行われないままに、原発は建設されました。原発の耐震設計の基準値は、現実に起こった地震をはるかに下回っているようです。また、火事を起した配電施設を始め、多くの関連施設は岩盤の上ではなく、柔らかい地面の上に建設されています。

今回の地震で、老朽化が懸念されていた一号機を始めとして、七基すべての原発およびその関連施設が損傷を負いました。原発の敷地そのものが大きな隆起、沈下を起こし、デコボコになっている箇所もあります。目視では確認できないヒビやゆがみを含め、原子炉の主要な機器・配管にも損傷が及んでいる可能性があり、再び地震に襲われれば、より重篤な事故を起しかねません。

周辺の活断層が今後、さらに大きなマグニチュード8に達する地震を引き起こす可能性も示唆されています。施設がどれほど修復されたとしても、地下の活断層を取り除くことは出来ません。
取り除けない不安を無視して、柏崎刈羽原発が再び稼動すれば、それは不安の連鎖を引き起こし、社会に必要な信頼を失わせるのではないでしょうか。

柏崎刈羽原発がこのまま静かに役目を終わらせることを私達は望みます。

賛同者:
坂本龍一、高橋健太郎、 shing02、吉原悠博、飯野賢治、空里香、吉村栄一、山口モトキ、大林ミカ、高谷史郎、村上龍、 SUGIZO、名和晃平、大貫妙子、松武秀樹、サエキけんぞう、青木孝允、桑原茂一、濱野貴子、高田漣、高野寛、カクマクシャカ、米田知子、谷崎テトラ、西健一、テイ・トウワ、祐真朋樹、石川直樹、平間 至、堀信子、田島一成、飛矢崎雅也、瀧本幹也、佐々木直喜、椎名和夫、 kyoka、もりばやしみほ 、 Oto(以上、artists' power)
田中 優(未来バンク)、辻信一(ナマケモノ倶楽部)、中村隆市(ナマケモノ倶楽部)、信藤三雄(CONTEMPORARY PRODUCTION)
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-09-07 23:52 | news | Trackback | Comments(2)
b0024339_20281748.jpg

『水になった村』
http://web.mac.com/polepoletimes/

予告編はこちら

岐阜のちょうど真ん中あたりに、かつて徳山村という村があった。
その村は今はダムのしたに沈んでしまって、市町村合併を繰り返し、
名前さえ残っていないらしい。

ダムを作ることが決定して、村の人たちには新しい住居ができ、
1985年に離村。
数年後、誰もいないはずのダム予定地にフォトグラファーの大西暢夫さん
(この映画の監督)がダムに沈む村の写真を撮りに行ったときに、
電気も通らない、お店も一軒もないその村に暮らすじいちゃん、
ばあちゃんたちに出会った。

ダムの完成予定は2008年。既に村は試験期間で水の底。

監督が村に通い、ばあちゃん、じいちゃんの話を聞き続けた、
その記録15年分が映画になったそうだ。



村の暮らしは、本当にシンプル。
食べ物を作ることを考えて、来るべき冬に備えて、
食べ物を蓄えることを考える。
それぞれの作業が本当に楽しそうで、
村に生きるのが本当に幸せそうで、
私も当時の徳山村に通いたくなってしまった。

「極楽だ/こんなに幸せでいいのか」とばあちゃんたちは言う。

山に生きるじいちゃん、ばあちゃんは智慧の宝庫。
食べ物や、薬草などの話満載。

「塩さえあれば、家族を食わせて行ける」

力強い言葉。ああ、この智慧を受け継ぎたい。
ばあちゃんたちの幸せを受け継ぎたい。



この世代のばあちゃんたちが、街に「移植」されたとき、
ばあちゃんの姿は本当に小さく見えて、
あんなにパワフルだった「生のエネルギー」は
ほとんど見られなくなっていた。

これって、今の私たちの暮らしそのもの、じゃないか。
私たちは生のエネルギーのないところに暮らしている
んじゃないか。

幸せって何なのか改めて考えるきっかけをくれる
映画だと思う。
是非、たくさんの人に見て欲しいと思った。


ばあちゃんたちと監督の関係がホントに素敵。
笑顔に満ちていて、こころがほんわか繋がっていて。

監督は、埼玉で田畑もやってるらしい。
そのうち会いたいな。



9月8日(土)からは岐阜大垣のシネコンで上映が始まる。
初日にトークイベントがある。
近くだったら、初日の監督と映画に出てくるじいちゃん、
ばあちゃんの話は聞きに行きたかったところ。
お近くの人は、是非。

9月8日(土) 初日トークショー(10:00の回終了後)
ゲスト 小西政治郎さん/廣瀬ゆきゑさん/大西監督


以下、現在決まっている上映情報。

ポレポレ東中野@東京では上映の延長が決定。
当日料金 一般1500円/大学・専門学校生1300円/中高生・シニア1000円/小学生700円
03-3371-0088
http://www.mmjp.or.jp/pole2/
JR総武線東中野西口北側出口、地下鉄大江戸線東中野駅A1出口より徒歩1分
8月4日(土)〜14日(金)12:30/14:50/16:50/18:50
9月15日(土)〜10月5日(金)12:30/14:30/16:30


9月8日からは、岐阜の大垣コロナシネマワールドでスタート。
JR東海道線「大垣駅」下車、徒歩15分
0584−73−0567
9月8日(土)〜14日(金)10:00/12:00/14:00/20:30
(9月15日(土)からの上映時間はお電話でご確認ください)


10月6日から名古屋シネマテークで
地下鉄東山線・桜通線の今池駅から徒歩5分
052-733-3959
http://cineaste.jp/


10月20日から大阪第七藝術劇場
梅田駅から5分十三駅下車西口から徒歩3分
06-6302-2073
http://www.nanagei.com/


10月27日より長野ロキシーにて
長野電鉄権堂駅から徒歩3分(権堂アーケード通り中央)
026-232-3016
http://www.naganoaioiza.com
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-09-05 20:29 | films/pics | Trackback(1) | Comments(5)