「ほっ」と。キャンペーン

制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

読んでで、驚いたし、
何だか考えさせられるドキュメンタリーでした。
衛星放送見られる方、ご覧下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BSドキュメンタリー
お父さんに会いたい 〜アメリカ・崩れる人工授精の匿名性〜
BS1 11月24日(土) 午後10:10〜11:00
再放送  12月2日(日)午前10時10分〜11時00分

人工授精で生まれた子どもが100万人を突破したともいわれるアメリカで、遺伝上の父親や異母兄弟と出会い“血を分けた家族”としての交流を続ける人々が年々増加している。これまで人工授精に関しては、精子提供者ドナーのプライバシーを守る匿名性が原則とされてきた。しかし、親や兄弟を知りたいという子どもの強い思いと、自分の精子から生まれた子どもに責任を果たしたいという父親の願いがこの原則を崩しつつある。その新しい流れをうみだしているのがインターネット。精子の提供者と人工授精児が情報を寄せ合い、血縁者を捜すためのサイトが全米で注目されている。掲示板にドナー番号や個人情報を投稿して互いの存在を知り、実際に父子の対面を果たすケースも少なくない。また、父親と子が絆を築こうと、継続的な交流を続けるケースも出始めた。「本当の父親を知りたい」と訴える人工授精で生まれた子どもたち。彼らは交流から何を確かめ、何を得ようとしているのか。そして、ドナーの匿名性が崩れることで何が起こるのか。番組では、さまざまな家族の交流の現場を丹念に取材しながら人工授精をめぐる新たな動きを見つめる。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-11-22 01:33 | HaLo news | Trackback | Comments(1)
表題の件の前に。
11月30日まで以下のサイトでHaLoの「やさしい光」が
オープニングテーマ曲として使われているドキュメンタリー番組
『いきいき!夢キラリ』の番組がネット配信中。
ご覧下さい。
http://www.kankyo-eco.jp/cyosa/

★★

表題の件。
「懐かしい未来」という映像がある。
http://www.afutures.net/modules/tinyd1/
  (11月24日(土)の国際有機農業映画祭でも上映予定
  http://blog.yuki-eiga.com/)
ラダックの人たちの伝統的な暮らし、
近年ラダックに起こった西洋的な「発展」を通して、
私たちの暮らしを見直し「懐かしい未来」について考える映像と思う。

この(55分+25分 2本立て)の映像を26分ほどの長さの
短縮版を作るプロジェクトが動いていて、
今回,ナレーションをさせていただいた。
そんな訳で、現在大阪。

この作品は11月24日(土)の「懐かしい未来」ネットワーク主催の
ヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんの招聘イベントで
お披露目試写となる。

  残念ながら、わたし自身は主宰する『農業お手伝い隊』で
  中条村 in 長野に行っているので、会場にいけませんが。
  そのコミュニティは以下。こちらもご参加下さい。
  http://mixi.jp/view_community.pl?id=2427695

今後、「懐かしい未来」の映像を学校教育の中でも
使ってもらいたいという動きになるようだ。
短縮版制作のための寄付金のお願いも近く募集が始まると思うので、
またお知らせします。

イベントの詳細は以下。
面白そうなイベントなので、ご予定の空いてる方は是非。
http://www.afutures.net/modules/news/article.php?storyid=14
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日々、何かおかしいと感じているのは、「あなた」ひとりではありません。
 その基には、食と農、エネルギー、教育、医療、文化、暮らしなどを、自分
の足元から遠く離れたところに求めさせてしまう、グローバル経済があります。
そのことによって、地球環境や構造的格差の問題がとめどもなく悪化し、
私たちの生きる力すらおびやかされるようになってしまいました。
 私たちは、昨年と今年の7月にヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんをお迎えし
て、ローカリゼーション、すなわち地域の中での結びつきを再び編み合わせる
ことを考えてきました。実は日本でもすでにこうした活動が始まっています。
今回のイベントでは、その先駆的なリーダーである田中優さんや曽根原久司さ
んらとともに、世界と日本で今起こっていること、ローカリゼーションに向け
ての可能性、それに伴う課題などを見つめなおします。
 可能性を感じ、勇気づけられ、元気が出る、そして同じことを考えているい
ろいろな人たちとのつながりを実感できる、そういう機会になるでしょう。
 みなさんも、「もうひとつの未来=懐かしい未来」へと続く一歩を、踏みだ
してみませんか。

───────────────────────────────────
▼日程
───────────────────────────────────
■2007年11月23日(金・祝)
◎10:30〜12:00 プレ上映会A  (10:15開場) 
聖心女子大学 宮代ホール  参加費 500円  定員300名

◎13:30〜17:30 シンポジウム (13:00開場)
聖心女子大学 宮代ホール 参加費 2000円 定員300名

◎18:30〜21:00 交流会 (18:15開場) 
JICA地球ひろば カフェ・フロンティア 参加費 4000円
                  (食事・飲み物代込み)
                   定員100名
 ………………………………………………………………………………………
■2007年11月24日(土)
◎10:30〜12:00 プレ上映会B (10:15開場)
早稲田大学 西早稲田キャンパス19号館412室  参加費 500円 定員100名

◎13:30〜17:30 ワークショップ (13:15開場)
早稲田大学 西早稲田キャンパス19号館412室 参加費 3000円 定員70名

  ※2日間すべてのプログラムにご参加いただける通し券を、8000円で
発行します。

───────────────────────────────────
▼プログラム詳細
───────────────────────────────────
■2007年11月23日(金・祝)
◎10:30〜12:00 プレ上映会A (10:15開場)
「懐かしい未来〜ラダックから学ぶこと〜」(55分)
「地域から始まる未来〜グローバル経済を超えて〜」(25分)
 ………………………………………………………………………………………
◎13:30〜17:30 シンポジウム (13:00開場)
「まだ間に合う グローバリゼーションからローカリゼーションへ
                〜 方向転換のための具体的方法」
講演:ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ 
  「命の多様性を育むローカリゼーション〜グローバル経済を超えて」
 パネル・ディスカッション:
ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ、田中優、曽根原久司、小林和彦

グローバリゼーションに代わる新たな潮流ローカリゼーション。日本と世界で
すでに行われている実際の活動例を挙げながら、今必要とされている具体的な
実践についてディスカッションします。
 ………………………………………………………………………………………
◎18:30〜21:00 交流会  (18:15開場)
「懐かしい未来の宴〜つながれ広がれローカリゼーションの輪」
 出演:感謝 (民族音楽ユニット)http://www.kan-sha.com
     →心地よいバイブレーション。 ゆるみます! あったまります!!
    
    加藤幸子(場をひらく うた を うたいます)
      →ひとつのわ。 つながります! やすらぎます!!

体と地球においしい食事とともに、心が弾む歌と踊りを堪能できる場をご用意。
「懐かしい未来」について真面目に楽しく語り合いながら、人と人とがつなが
っていく心地良さを感じていただけたらと思います。
 マイ箸、マイカップ、マイ皿持参大歓迎!

 -------------------------------------------------------------------
■2007年11月24日(土)
◎10:30〜12:00 プレ上映会B (10:15開場)
「エンド・オブ・サバービア〜郊外生活の終焉〜」
(グレゴリー・グリーン監督 2004年/80分)
→石油依存の暮らし、ピークオイル問題を題材としたドキュメンタリー

「懐かしい未来20分バージョン」(20分)
 ………………………………………………………………………………………
◎13:30〜17:30 ワークショップ (13:15開場)
「今日から始めるローカリゼーション〜足元から世界を変える」
 話題提供:ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ、田中優、曽根原久司 ほか

話題提供者からのお話のあと、テーマごとにグループにわかれて、『足元から
始めるローカリゼーション』の具体案を検討し、発想の芽の出し方と育て方、
実践へのつなげ方を実際に体感します。
───────────────────────────────────
▼会場案内
───────────────────────────────────
*聖心女子大学 宮代ホール
<交通アクセス>
http://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/
<キャンパスマップ>
http://www.u-sacred-heart.ac.jp/about/sisetu.html

*JICA地球ひろば カフェ・フロンティア
<交通アクセス>
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

*早稲田大学 西早稲田キャンパス
<交通アクセス>
http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html
<キャンパスマップ>
http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html

───────────────────────────────────
▼パネリストプロフィール
───────────────────────────────────
◎ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ
スウェーデン生まれの言語学者。1975年にラダックに入り、ラダック語・英語
辞書を作成。ISEC(エコロジーと文化のための国際教会。本部イギリス)の代
表。持続可能で公正な地球社会実現のために斬新で重要な貢献をした人々に与
えられるライト・ライブリフッド賞を、1986年に受賞。著書「ラダック 懐か
しい未来」は30カ国語以上に訳された。ラダックでの活動を継続しつつ、グロ
ーバリゼーションに対する問題提起や啓発活動を行っている。世界的なオピニ
オン・リーダーの一人。
ISEC HP: http://www.isec.org.uk/

◎田中優
未来バンク事業組合 理事長
地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、平和などの市民運動に
関わる。著書に『世界から貧しさをなくす30の方法』や『地球温暖化/人類滅
亡のシナリオは回避できるか』、『戦争をやめさせ 環境破壊をくいとめる 
新しい社会のつくり方』など。ap bank監事。
未来バンク事業組合HP: http://www.jca.apc.org/npois/mirai/
ap bank HP: http://www.apbank.jp/index2.html

◎曽根原久司
NPO法人えがおつなげて 代表理事
山梨大学客員准教授、関東ツーリズム大学(設立準備中)事務局長を務める。
経営コンサルタントとして銀行などの経営指導をしている中、日本の未来に危
機を感じ、社会救済モデルを創造すべく、東京から山梨の農山村地域へと移住。
農業・林業をしながら“村・人・時代づくり”をコンセプトにしたNPO法人
えがおつなげてを設立。そのネットワークを広げている。
えがおつなげてHP: http://www.npo-egao.net

◎小林和彦
NPO法人きらり水源村 事務局長
NICE(日本国際ワークキャンプセンター)事務局長として国内外の農山村を
舞台に国際ボランティア活動をコーディネート。1年半の海外での放浪生活
を経て、熊本の菊池東中学校跡地にたどりつき、2004年4月より現職。
きらり水源村HP: http://www.suigen.org/
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/

───────────────────────────────────
▼申込:事前申し込み(先着順)
───────────────────────────────────
問合せ・申込先:helena_ladakh2007@yahoo.co.jp (三谷)まで
1.参加希望のプログラム
2.お名前
3.メールアドレス
4.さしつかえなければご所属や関心ごとなどをお書きください

───────────────────────────────────
▼主催者 案内
───────────────────────────────────
◎NPO法人開発と未来工房
伝統智と衆智を活かした開発・発展の新たなあり方を求めて、希望の種を見出
し支援していくことを使命とする。活動は、主にモンゴルの遊牧民の生計向上、
ネパールやインドにおけるチベット伝統医療の復興、ネパールの若者の実践的
平和教育、日本における懐かしい未来運動など。ヘレナさんのNGOであるISECの
日本におけるパートナーであり、懐かしい未来ネットワークを主宰している。
NPO法人開発と未来工房HP: http://adf.jp
懐かしい未来ネットワークHP: http://afutures.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:NPO法人開発と未来工房 懐かしい未来ネットワーク
共催:早稲田大学国際戦略研究所(24日)
後援:日本ホリスティック教育協会(23日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-11-18 12:35 | HaLo news | Trackback(1) | Comments(0)
最近あまりにも時間が矢のように過ぎて行き、
なんだか、やり残したり、やり忘れたりしているような気がしていて、
どきどきしている。
こんなときは、きっと何かやらかしていると思うから、どきどき。

ここしばらく色々なことがいっぺんに
加速度を増して起こっていて、
ちょっと深呼吸しなくちゃ、という感じ。

日記も書きたいけど、とりあえず、相方の日記へのリンクでご勘弁(笑)。

10月援農隊@中条村
http://shinkame.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/10_3754.html
新豆の豆乳
http://shinkame.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_075d.html

まだこの中には書けていないこと(未確定事項)もたくさん動いていて、
その未確定さを確定させる作業も進んでるし、
確定しないことを動かす楽しみ/不安がないまぜに。

ちょっといっぱいいっぱいであります。


明日は、第二回「持続可能な社会を作るために今できること」@向島
というイベントが16:00より。
お時間ある方は、おいで下さい。

さつまいも6種類。落花生の塩ゆで。
なんかを用意しています。

いっぱいいっぱいな私を助けにきてくだされ〜。
[PR]
by ayako_HaLo | 2007-11-02 22:32 | exhibits/events | Trackback | Comments(7)