制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

友人夫妻の主催するイベントです。
自然農で田畑と平飼いの鶏の卵を主に暮らす農家をやっています。

彼らの鶏小屋は匂いませんし、
鶏たちもとってもかわいがられてるのがわかります。
卵もおいしい!

鶏を絞める、ということは、
生活からかけ離れていて、
私自身は見たことも、もちろんやったこともありませんが、
いつか、少なくともちゃんと見たいと思っています。

その経験をするなら、彼らのところだなあ、と思って
いずれイベントとしてやりたいな、
と話をしているところですが、
今回は私は残念ながら行くことができません。

イベントの申し込みの締め切りは過ぎてるみたいだけど
もう何人かは大丈夫そうな話を今日していたので
急ですが、いかがでしょうか?

------------------------
http://mattaryvillage.blog72.fc2.com/blog-entry-366.html

自分達が食べている食べ物はどうやってできるの?
              どんなところで育てられているの?

こちら茨城県旧里美村では
たわわに実った稲の穂がひろがる金色の草原のような景色から、
綺麗に整列した木に、刈られた稲がぶら下がっている風景へと代わってきました。
休日ともなれば家族や親戚が集まって一緒に稲刈りを手伝っています。
皆であぜにすわって労働の合間に一服している姿になぜか安心感を覚えます。

まったり〜村では10月12日に稲刈りをする予定です。

稲刈りを体験したい人、農村の景色に心弾ませたい人、人と一緒に身体を動かしたい人、田舎の時間をすごしたい人、などなど。是非いらしてみて下さい。お待ちしております。
また、将来的に田んぼを自分または仲間と一緒にやってみたい方、その足がかりに、縁つくりに、来てみませんか?

●田んぼ稲刈り体験●
日時:平成20年10月11日(土)〜13日(月・祝日)

集合:11日(土)午後14時 古民家の宿 沼田邸
(常陸太田駅13時02分発の小中車庫行バスにて生田(オオイダ)駅下車 生田駅までは迎えに行きます) 

当日の流れ:

【1日目】 11日 (食事: 朝食× 昼× 夜〇)
14時〜14時半   まったり〜村村長より村の説明
            沼田邸オーナーより 沼田邸説明
14時半〜16時半 プログラム1「命の食べ方 卵を産んでくれたコッコちゃんを頂きます」
          肉を食べるとはどういうことか、鶏を絞める体験をします。
          希望されない方は別のプログラムも用意いたします。(例:卵採り、野菜の収穫など)
16時半〜18時 温泉
18時〜     夕食&交流会 締めた鳥肉とまったり〜村の野菜で料理
         歌・踊り・楽器演奏・一芸披露等歓迎!

【2日目】 12日 (食事: 朝食〇 昼〇 夜〇)
7時半     朝食準備(かまどでお米を炊いてみる→希望者)
8時      朝食 まったり〜村のコッコちゃんの卵でぶっ掛けご飯と味噌汁など
        昼食のおにぎり作り 
9時      移動開始 途中近くの沢で水汲み
9時30分   田んぼの説明・稲刈り開始
12時     昼食 おにぎりとまったり〜村新鮮野菜の味噌汁など
16時     作業終了 
        移動&温泉
18時半    地元母ちゃんの郷土料理
        16㎜フィルム「日本の農業の姿」(昭和初期の農業の様子) 18分
        「a life まったり〜村の小さな農園」30分上映

【3日目】 13日 (食事: 朝食〇 昼× 夜×)
7時半     朝食準備(希望者)
8時      朝食
9時      解散
 
その後希望者は日常農作業体験、石窯ピザ焼き体験など可能です。石窯ピザ焼き体験は4名以上集まらないとできません。予約する都合上お早めにお申込み下さい。

<参加費>10,500円(温泉料500円・石焼ピザ焼き体験840円別途)
12日稲刈りのみ参加:500円(9時から16時)
【内訳】
朝食 500円×2回
昼食 500円×1回
夕食 1300円×2回
宿泊費 3000円×2泊
イベント保険 100円
連絡通信事務費 300円

・部分参加可能です。必要な食事と宿泊、到着予定日時をお知らせください。原則現地集合になります。
・当日稲刈りだけの参加も可能です!その場合、「イベント保険」と「連絡通信事務費」のお支払いとなります。昼食が必要な方はその分もかかります。
・「お金以外の経済のあり方」を模索中です。
上記参加費は、個別に考えると最低限の持続可能に必要な経費になっています。
ただ、「参加したいけどこんなにお金がかけられない」という方には、
労働交換として、スタッフとして裏方を手伝っていただくという割引制度あります。
その他の案もあればどうぞ。お問合せください。
・交流会でアルコールを飲まれる方は別料金になります。またはご自分でお持ちください。
・小学生以上は上記料金になります。

===========お申込み(以下の情報をメールまたはFAXにてお送りください)===========
●●●命の食べ方 まったり〜村編「田んぼの稲刈り体験」参加申込み●●●
お名前
ご住所
年齢
電話番号
メールアドレス
参加人数
参加日
交通手段 車(沼田邸へ直接) ・ バス(生田への送迎必要)
======================================================================
メール:mattaryvillage@@gmail.com(@を一つ除いてお送りください)
FAX:0294-82-3003

申込み締め切り:10月7日まで

交通(クリックしてください)>>交通081011-13


【将来の妄想】
今回の稲刈りイベント
次年1年間通して、稲作りのポイントポイントで来てもらい一緒に作業→場所になじむ、作業になじむ、縁作り
その後、休耕田等を自分または仲間と行う
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-09 23:59 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
コミュニティ・ファシリテーション仲間と暮らし始めて
ちょうど二月が過ぎました。
日々、あーでもない、こーでもない、と
いろんな話をしながら暮らしています。
相方と二人だけでは話さないようなこともあるので
なかなか刺激的です。

さて、そのコミュニティ・ファシリテーション研究所が
開催する講座が10月は二つあります。
ご都合つく方はいらしてください。

■1■
運営側、マネジメント側など
明示的なファシリテーターのポジションからの
ファシリテーションを中心に学ぶもの
2008年10月18日(土) 10:00‐18:00・東京/日本橋公会堂
http://comfaci.com/08/20081018ws/ (詳しくはこちらへ)

■2■
明示的にファシリテーターのポジションにない
「隠れファシリテーション」を学ぶ5回シリーズ。
第1回目:2008年10月25日(土) 13:30-19:15
第2回目:2008年11月15日(土) 13:30-19:15
第3回目:2009年 1月17日(土) 13:30-19:15
第4回目:2009年 2月 7日(土) 13:30-19:15
第5回目:2009年 3月 7日(土) 13:30-19:15
http://comfaci.com/08/20081025ws/ (詳しくはこちらへ)

参加費が厳しいなあ、という方も、
「労働交換」という仕組みを構築しようとしているところですから
お気軽にご相談下さい。

お申し込みはこちらへhttp://comfaci.com/mail/apply/
お問い合わせはこちらへhttp://comfaci.com/mail/contact/

-----------------------------------------------------------
■1■
運営側、マネジメント側など
明示的なファシリテーターのポジションからの
ファシリテーションを中心に学ぶもの

10月18日対話の場からうまれる持続可能な個人と組織
http://comfaci.com/08/20081018ws/ (詳しくはこちらへ)

対話の場からうまれる持続可能な個人と組織
〜見えないものをとらえる視点『場の理論』を学ぶ〜
2008年10月18日(土) 10:00−18:00・東京/日本橋公会堂

こんな方におすすめです

* 企業・自治体やNPO、自治会、町内会、PTA、自分の家族など、様々な組織、またはその中のチーム(例:営業一課、プロジェクトチーム)上記いずれかのグループの運営に携わっている方。または運営のサポートをしている人。
* 上記の様々な状況・大きさのグループにおける「対話の場」(例:会議、話し合いの場、立ち話など)をより良くしたい方
* グループ全員の立場・意見を尊重したいが、実際の仕事に追われ、それが尊重し切れていないことが気になっている方
* 自分の身近な人間関係(パートナーとの関係や家族関係、職場の人間関係)をより良くしたい方


講 師

廣水乃生、河野雅

今回はコ・ファシリテーターとして河野 雅さんをお迎え致します。

コミュニティ・ファシリテーター 河野雅(こうの まさし)プロフィール
・1972年生まれ
・立命館大学理工学部土木工学科卒業
・コミュニティファシリテーション研究所 認定コースレベル1修了
・CPCC(米国CTI認定プロフェッショナルコーチ)
・CTIジャパン 上級コース スーパーバイザー
自然体な態度と正直に気持ちを伝えるスタイルで場を動かすファシリテーションが魅力。冷静沈着な顔の裏側には涙もろい感情豊かな一面が隠れている、ときどき「おじいちゃん」キャラのお茶目さん。妻への水やりを欠かさない愛妻家でもある。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2■
明示的にファシリテーターのポジションにない
「隠れファシリテーション」を学ぶ5回シリーズ

10月25日(東京) 第一回 隠れファシリテーション講座
http://comfaci.com/08/20081025ws/ (詳しくはこちらへ)

連続隠れファシリテーション講座
第1回目 家族・身近な人間関係編「人間関係とコミュニケーションからの学び」
10月25日(土) 13:15−19:15・東京中央区産業会館和室


隠れファシリテーション講座概要

ファシリテーションとはなんでしょうか?
ファシリテーションを学んで何のメリットがあるのでしょうか?

組織を活性化したり、会議を円滑に勧めたり、組織をいい状態に変えていったりする技術をファシリテーションと呼び、その技術を持っている人はファシリテーターと呼ばれます。

何かとても特別なものに聞こえる「ファシリテーション」ですが、実は気付かないうちに誰もが日常生活でファシリテーションを行っています。

険悪な雰囲気や、らちがあかない状況において自分の言った一言がきっかけで思いがけず場が変わったことはありませんか?

それも「ファシリテーション」です。

ファシリテーションを学ぶことによって、同じような状況において意識的にその「場を変える一言」が使えるようになります。

ファシリテーションは会議やワークショップだけに使われるスキルではありません。

全5回の連続隠れファシリテーション講座は、コミュニティファシリテーションのパラダイムを元にファシリテーションという役割を担っていない時にも活用できるスキルやものの見方を、各回にそれぞれテーマを設定し実際のシーンを思い浮かべながら、様々な「ファシリテーション」の介入方法について考え体験と理論を結びつけながら、ファシリテーションを学びます。



全5回テーマ

第1回. 10月25日(土)13:30-19:15
家族・身近な人間関係編
〜人間関係とコミュニケーションからの学び 〜

第2回. 11月15日(土)13:30-19:15
会議・話し合い編
〜場のエネルギーに気付く(場の理論1) 〜

第3回 2009年1月17日(土)13:30-19:15
組織・グループ編
〜組織・グループの見立て方(場の理論2) 〜

第4回. 2009年2月7日(土)13:30-19:15
同僚・部下・上司・会社の人間関係編
〜コミュニケーションににじみ出る感情的な態度(メタスキル) 〜

第5回. 2009年3月7日(土)13:30-19:15
総括編
〜個人が見ている現実 〜



10/25 第1回「家族・身近な人間関係編」講座概要

☆なぜコンフリクトって起きてしまうの?

☆自分のコミュニケーションの傾向は?

☆それによって何が起きやすい?

第1回では、身近に起きている人間関係からコミュニケーションについて学んでいきます。コミュニケーションで起きていることを知っていくことで,自分のことに気づいたり,そこで何ができるか発見したりできるでしょう。

体験と理論を結びつけながら、身近な人間関係でのファシリテーションを学びます。

* 【TOPIC】 ファシリテーションから隠れファシリテーションへ
* コミュニティ・ファシリテーションとは
* 隠れファシリテーションの意義と基本的な考え方
* コミュニケーションスタイルについて
* 人間関係の難しさとその可能性
* 共に夢を見ること




参加費

単発参加:8,000円
2回参加:15.500円(1回あたり7,750円/合計500円割引)
3回参加:22,500円(1回あたり7,500円/合計1,500円割引)
4回参加:28,000円(1回あたり7,000円/合計4,000円割引)
5回参加:32,500円(1回あたり6,500円/合計7,500円割引)

* 紹介者がいる場合、若干の割引があります。
* 労働交換等もあるので、気軽にご相談ください。


講 師

廣水乃生
コミュニティファシリテーション研究所代表

1968年生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了
米国プロセスワーク研究所・葛藤解決・組織変革ファシリテーションマスターコース修了

水戸教育フォーラム共同代表
茨城・教師を支える会代表
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-09 09:35 | exhibits/events | Trackback(1) | Comments(0)

小麦の脱穀

6月初旬に収穫して以来、他の作業が忙しかったり、
天候が優れなかったりが続いて、なかなか手を付けられなかった麦の脱穀。

今年は、ばあちゃんが近所のばあちゃんから、
「足踏み脱穀機」をもらってくれたので、
この古ーい「新顔」を使ってみたいと思っていました。
b0024339_983543.jpg


相方と二人掛かりで運んだんだけど、
提供してくれたばあちゃんは、ひとりでほいほい運んでくれたんだとか。

  ばあちゃんと話をしていると、
  昔は2kmくらい先の場所まで米一俵(昔は60kg)を担いで歩いて行って
  「等級検査」を受けるということをやっていたらしい。
  一部だけ検査を受けるのか、と思ったら、
  全収量を運んでいたと聞いて、
  そりゃ、もう基礎体力ってものが今の私たちとは違う、と感じました。
  私たちって相当軟弱。

黙ってみていられなくなったばあちゃんに手伝ってもらって
足踏み脱穀機をセッティングして、脱穀です。
b0024339_993242.jpg

脱穀というよりは、麦の穂自体が麦わらから外れていく、
という部分も多かったのですが、
去年、筵(むしろ)の上で、木槌で叩いて脱穀したときに比べると、
格段の速さで進みます。

b0024339_9104815.jpg

出て来たものを大きな目のふるいにかけて、
ほぼ小麦の粒+籾殻の固まりを作ったら、
唐箕(とうみ)をかけて、籾殻を飛ばします。

ふるいに残った固まりは、
籾殻から粒が出て来ていないもの(+ゴミ)なので、
別途、筵の上で叩き出して、
ふるいにかけて、唐箕をかける、ということを繰り返します。

去年は何日かかけて行った作業ですが、
今年は、4時間ほどで、大部分が終了しました。

籾殻から粒が出て来ていないもの(+ゴミ)の固まりが
あと少し(たらい一杯)残っているのと、
唐箕にかけて粒として残ったものの中に、
籾殻をかぶったままの粒が含まれています。

足踏み脱穀機や唐箕を発明した人に感謝。


今年は、去年よりも少し作付け面積を増やしたにもかかわらず、
収量は、8kgを少し上回る程度。(去年は13kg)
去年よりも、収量が少なくなったのは、
無施肥/連作で畑がやせて来た?
去年完熟するまで畑に置いておいたのを今年は少し早刈りしたから?
天候が向かなかった?

いずれにしても、醤油仕込みのための7kgを分けて、
残りは全部、来年に向けての種になりそうです。
まあ、醤油用の小麦が採れて良かったとするべきかな。
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-05 09:13 | plants/farming | Trackback | Comments(0)
昨日の夜、突然、PowerBookのほとんどのキーを押しても文字が打てず、
ところどころ、意味不明の場所で数字だけが出て来る、
という症状が現れた。
しかも、心なしか、HDが不穏な音を立てているような…。

【コマンド+C】=コピーなどの操作も出来なければ、
会員ページにログインするときのパスワードも打ち込めない、
クリックとツールバーの中にあるコマンドだけしか使えず、
相方のパソコンを借りてwebメール上からメールの返事を書いたり
メールを読んだり、調べものをしたりしていた。

引っ越しの荷物に紛れてまだ見つからない保証書を見つけたしたら、
ソフマップのワランティを使って修理だなあ、
都内まで持って行って、
何日くらい帰って来ないんだろうなあ、
と思いつつ、昨晩は、HD全体のバックアップを取ったりして、
準備を着々と進めていたところ…。

キーボードの真ん中上に、「きらーん」と光る緑色のランプを発見。
「F6 num lock」と書いてある…。

ん?
キーボードにナンバーロックがかかってたんだ!

という訳で、無事にキーボード戻りました。

良かった!壊れた訳じゃなかった。
何かの偶然で、知らぬ間に押されていたんでしょうね、「F6 num lock」。
アホでした。

ソフマップに駆け込む前で良かった(笑)。



この話を書いていたら、この間すっごい間抜けなことをしたのを思い出した。
高橋悠治さんの70歳お祝いコンサートが、神楽坂で行われた時のこと。

開始ギリギリの時間に、神保町駅に到着。

持っていた地図を改札の駅員さんに見せるもまったく場所が
分からない様子。最寄り駅を聞かれるので
「牛込神楽坂が一番近いと書いてあります」
と言ったら、乗り換えの案内とかをされ始めて、
「電車で乗り換えてる時間はありません!歩くんです」

でも、地図を見せてもらったら、結構遠いことが分かって、
最寄りの駅といわれている牛込神楽坂や、神楽坂の駅からも
現地点は結構離れていて、

「この駅と、半蔵門線の神楽坂の駅はまったく別の駅なんですか。」
「こんなに離れている駅が一緒の名前なんてことがあるんだ!」

とその駅員さんと話をしていたときには、
まったく気づいていませんでしたが、
 (その駅員さんも、そのあと乗ったタクシーの運転手さんも
 一切指摘してくれなかったんだよー。ある意味いい人たちだ)

私は、最初に書いたように神保町の駅にいた訳で、
神楽坂の駅と神保町の駅が別の駅なのは当たり前の話で…。

頭の中で、神楽坂と神保町が、頭の文字ひとつしか一緒じゃないのに
混同してしまっていたんだ、と気づいたときには、
穴があったら入りたいほど…、でも、大笑いしました。

面白いなあ、と思ったのは、
混同しているんだけど、ちゃんと読み分けていたこと。
相方に電話したときには「これから神保町に向かいます」
と言っていたらしい。区別はついていないのに。
相方も「なんで神保町?」と思いつつ指摘してくれませんでした。
(ある意味いい人だ)
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-02 18:57 | mac | Trackback | Comments(0)

ナタマメと福神漬け

b0024339_15153553.jpg

去年は種取りは失敗したのだけど、木の花ファミリーから
ナタマメの種を3粒だけもらって育てていたら、
いくつか実が成りました。

ナタマメというと、やっぱりまずは福神漬けを作らなくちゃ、
ということで、先日、仕込みました。保存用です。

いろいろ見て、メインで参考にしたレシピはこのブログのもの。
http://femilmil.blog104.fc2.com/blog-entry-154.html

■材料
ナタマメ:上の写真の通り。採れただけ。
キュウリ:3本
なす:3本
にんじん:2本
巨大化した二十日大根:2本
しその実の塩漬け:100ccくらい
 〜ここまで全て自家栽培もの
出汁がらの昆布と椎茸:あっただけ
しょうが:少々

■調味料
しょうゆ:2カップくらい
みりん:2カップくらい
てん菜糖:150ccくらい


1:材料を全て好みの食べやすい大きさにスライスする。
2:調味料を煮立たせる
3:1の材料を一気に投入し混ぜ、2分で火を止める
4:なべの中の野菜を全部ざるに引き上げる(写真下1)
5:漬け汁を煮立たせ、水分量が少し減るまでそのまま。
6:保存用に煮沸した瓶の中に4の材料を入れる。
7:少し濃くなった煮汁を6の瓶に材料が浸るくらい注ぐ。
8:鍋で脱気してフタをする。
9:更に逆さにして全体を除菌する。(写真下2)

b0024339_151647100.jpg

b0024339_1518022.jpg

そのまま放置しておいて、この間、友人たちが来たので、
一瓶開けてみたら、とてもおいしくなっていました。

ナタマメの割合がとても多い、ほとんどうちで採れた材料で仕込んだ
福神漬け。贅沢〜。
おいしい、おいしいと友人たちが一瓶ずつ志で買ってくれて、
完売御礼。

まだナタマメは畑に育っているのですが、
そろそろ寒さでダメになっちゃうと思うので、
種まで成長してもらって、
来年また植えようと思います。

たくさん採れたら、ナタマメの炒め物とか、
味噌漬けとかにもしてみたいな。
来年に夢が膨らみます。

2007年に作った福神漬けの瓶詰めも出て来たので、
1年経ったのがどんな感じになってるか近々開けてみる予定。
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-01 15:28 | foods | Trackback | Comments(0)