制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おととし、13人のグランマザー国際会議in ラコタに行って来て、
今年は、秋に日本で国際会議が開催されます。
私はほとんどスピリチャルなことを頭では理解していませんが、
ものすごくスピリチャルな体験だったなあ、と思います。
その時のことを少し書いています。
http://fromayako.exblog.jp/7060251

そのプレイベントが近々開催されますので、
ご興味ある方、ぴんと来た方はおいでください。

私はおととしは、あれ?という間にサウスダコタにいました(笑)。

13人のグランマについて。
http://grandmas.exblog.jp/http://grandmas.exblog.jp/

以下、東京のプレイベント情報の詳細です。
他に、名古屋、奄美で開催されます。
詳しくはこちら。
http://gaiacafe.exblog.jp/


13日の昼の回では、おそらく歌うことになると思います。

----------------------------------------------

13人のグランマザー国際会議 in JAPAN プレイベント
 このシマ(地球)の未来を想う

ドキュメンタリー映像「FOR THE NEXT 7 GENERATIONS」(85分)上映と
グランマザー・クララ×発起人ジョティ×龍村ゆかりのトーク

日 時 2010年3月31日(水)
昼の回 
14:30 受付
15:00 上映&トーク
17:30 終了

夜 の回
18:30 受付
19:00 上映&トーク
21:30 終了
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター
     国際交流棟 第1ミーティングルーム
参加費 1000円
(当日会場にてお支払いください。釣銭なきようご準備をお願いいたします)
お申込先 
e-mail: お申し込みメールはこちらまで (龍村ゆかり)

メールにてお名前と人数をお知らせくださ い。
人数が定員を超えた場合のみ、お返事差し上げますことご了承ください。
主催 いのちの環 080-5453-9449
http://www.motherspirit.org
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-25 10:45 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
昨日のコンサートは無事終了。

セットリストは
「つつじ(yellow)」
「waking to the dream of you (blue)」
「明日天気になあれ(未発表)」
「やさしい光(blue, yellow)」
「はらはらとゆらゆらと(未発表)」
「眠れぬ夜(blue)」

tico moonとのアレンジで雰囲気が変わった曲もあって、
この曲にもハープ合う、といちいち思った。
素敵な演奏をありがとうございました。

客席にこっちに来てから1年半の間に出来た友人たちの顔がたくさん見えた。
徒歩圏内の近所の人から、
守谷から会議を抜け出して駆けつけてくれたひとまで。
これは、これまでにはない感覚。
友人関係が先にできて、どこに住んでるか、じゃなくて、
地域つながりで出来た友人たちが来てくれるという。

長いブランクを明けた最初のライブとしては、
tico moonや藤井さん、スタッフ、お客さんの暖かい雰囲気もあって
まずまずだったと思う。
ありがとうございました。
今年はライブやりましょう。
終わってから、月に一回やれ、と言ってくれた友人もいて、
尻込みしちゃったけど、やれ、なんだろうな。



コンサート終わってから打ち上げ@家で、
私は天ぷら職人に。
目の前で揚げたてを出せるっていい。
出す方も嬉しいし、食べる方も揚げたては美味しそうだった。
これから春の天ぷら食材に最適な野草類の季節になるから、楽しみだな。

打ち上げのこういう形もいいなあ。
準備は大変だけど、いい。

blueとyellowをロンドンベースで制作したときに、
終わってから参加ミュージシャンたちを
泊まっていたロフトにみんな招待して、
パーティしたときのことを思い出した。

そこで、初めてベジタリアンとか、イスラム教の食の戒律とか、
そういうものを身近に、自分のこととして感じたんだった。
そこから、材料に制限付きで料理をすることの
難しさと、面白さを追いかけ始めた気がする。

昨日の制限は、卵と椎茸。
出汁までダメで、他の制限とコンビネーションになると
(ベジタリアンとか)椎茸はなかなか難しいけど、
物体自体だけなら、無問題。



近所のロッジを借りて泊まり込みで録音までするのもいいね、
という話も出ていて、
こういう食事付きの制作の形がまた身近に見えて来た。

ロッジの下見にも行ってみよう。
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-25 08:55 | HaLo news | Trackback | Comments(0)

種採る人たちへ

第29回関東たねとりくらぶ 種苗交換会ご案内

日時  2010年3月21日(日)10時00分(受付は9時30分から)〜3時
場所  千葉県東庄町 集合と交換は東庄(トウノショウ)ふれあいセンター 
     http://www.town.tohnosho.chiba.jp/fureai/
    見学は佐久間清和さんの農園  

  *電車利用の方、JR成田線笹川駅下車、タクシー15分

  *高速バスJR東京駅八重洲中央口地下20番を上がってすぐのバス停 
  http://www.keiseibus.co.jp/pc/kousoku/day/tokyo02.html#noriba
   犬吠崎京成ホテル行き7:45発干潟バス停9:15着(迎車)
   <予約制なし。始発は浜松町バスターミナル7:30発。時刻表へ
  http://www.keiseibus.co.jp/pc/kousoku/day/tokyo02_tm.html

  *車利用の方は東関東自動車道佐原・香取ICを降りて一般道 

参加費 500円   *昼食は持参してください

参加要領
1、種苗を自家栽培し、種苗の自家採種・繁殖を行っている方や行いたい方は、交換する種苗のある・なしにかかわらず、どなたでも参加できます。ただし、種苗販売業者とその従業員の方は参加できません。

2、参加者は、1人500円で、同伴家族の方は無料です。

3、交換する種苗は自家採取した種苗に限ります。また、他人の種苗登録その他の権利を侵害するような種苗は交換に出さないで下さい。

4、交換する種苗は適宜小分けし、小分けした種苗それぞれに住所・氏名、種苗の品目・品種名、特性、栽培及び採取方法を記載した書面を添付して持参し、会場に展示してください。

5、交換する種苗を持参し、会場に展示した方は、会場に展示された種苗の中から希望する種苗を持ち帰れます。

6、交換する種苗を持参した方々による種苗の交換が終わった後、会場の種苗の余部については、交換する種苗を持参しない方も持ち帰れます。ただし、お持ち帰りのときは、1口1000円以上のカンパをお願いします。

7、持ち帰れる種苗は、交換する種苗を持参した方・持参しない方のいずれも、品目・品種名ごとに1種苗ですが、同じ品目・品種名の種苗でも提供者が異なる場合は提供者ごとに1種苗を持ち帰れます。

8、お持ち帰りになる種苗は自家栽培するとともに,種苗の自家採取・繁殖に努めてください。また、お持ち帰りになる種苗で種苗登録を受けるなど提供者の権利を侵害するようなことはしないでください。

9、交換する種苗についての品種その他の保証はいたしかねます。
               問合せ先 林 重孝 さん
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-16 10:18 | plants/farming | Trackback | Comments(0)
昨日『インビクタス〜負けざるものたち』 見て来た。南アを舞台にネルソン・マンデラが釈放され、大統領になってから一年あまりの間のことが描かれる。誰もがマンデラになれるわけじゃない、けれど、彼は一つの道を示した。こんな話があったとは全く知らず。

南ア人の友人が一人いる。会ったことは二回しかないのに、私の中でとても大事な位置にいる人。彼女は1990年〜96年あたりのこの映画の舞台の時期はどこにいたんだろう。彼女の目から見えていたストーリーを聞いてみたい。

映画見ながら、これは実話なのか?ということがずっと気になっていた。さっきweb見たら、実話と書いてあった。こんなことがあったのを全く知らなかった。敵の敵を応援していた27年の獄中生活の間に、マンデラの中で起こったことも知りたい。

そういえば、セネガル人のアッサン・ジャバエの歌の中にマンデラが登場する。意味は良くわからないままコーラスで参加した部分に彼の名前があった。ママドゥもマリに帰るって言うし、足を踏み入れたことのないアフリカに行ってみたい気持ちがむくむくとわいてくる。

「インビクタス」見に行くんだったら、南アの国旗を知っていた方がいいと思う。 スタジアムの中の旗や人々の動きがもっとわかるんじゃないかな。

マンデラさんは、本当にすごい人だと思う。でも、彼にバトンを渡す役目を果たした、マンデラさんの前の大統領デ・クラークさん のことを知らない。彼が政策を転換したその決断もすごい。大統領に就任したマンデラさんはデ・クラークさんを副大統領にしたのね。そこもすごい。

こんなことを映画を見終わってから調べてるってこともいい映画だったってことだと思う。
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-11 10:35 | films/pics | Trackback | Comments(0)
ここ数年、一人でアカペラで歌うことはたびたびあったものの、
ライブとして歌うことをしてこなかった私。

今、「解放」の道を歩んでいるところで、
春に
地元で
大好きな音楽家たちと
ライブするチャンスに恵まれたのは、
うれしい。

近所の方はぜひ!
そうでない方も、ちょっと足を伸ばしてぜひ!
公的機関主催の街角ふれあいコンサートという位置づけなので、無料です。

一緒に演奏してくれる、tico moonという
アイリッシュハープとアコースティックギターデュオの
二人は、本当に素敵な音を出す素敵な人たち。
http://www.ticomoon.jp/

このチャンスに、聞いてほしい〜。

お知らせの転送歓迎です。 ayako
------------------------------------------

日時: 平成22年3月24日(水) 19:00〜
場所: 笠間市役所 本所市民ホール
出演: ふいづ、HaLo(ハロ)

ピアノソロのふいづさんというアーティストの演奏30分程度の後、
HaLo (w/tico moon)になります。
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-10 13:21 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
ついったに書くと時系列に並ばないので、
さっきざーっと書いたことをまとめてみた。

どうしても切りたくなって、昨日髪を切った。かなりばっさりと。美容院に行ったの自体、何年ぶりだろう。ずっと自分で好きに切るか、友達に切ってもらっていたから。久々の感覚。そして、あ、これって楽しいことだったんだな、と思い出した。

美容院に行く道筋で、これまでに歩いたことのない道を歩いた。20年近く東京に住んでいて、数えきれないほど新宿も歩いているのに、こっちの道からは移動したことがない、と気づく。見え方が違う。知らない道って楽しいんだ、とこれまた気づく

知らない道って楽しいな、と思いながら歩いていたら、昔、アルバイトで歌を歌っていた頃のことを思い出す。作詞作曲家の曲サンプル音源のために、 1曲レ コーディング用に歌って、1万円。歌ってそれが音として残り、更にそこに価値を見いだしてお金を払ってくれる人がいるということが嬉しかった。

はじめは歌ってそれを喜んでくれる人がいるだけで楽しかったはずだったのに、その楽しみを味わい尽くすと、それだけでは満足していない自分に気づいた。自分自身が主体的に何かを伝えるモノを作ることへの渇望。もっと直接的に、もっと「自分で」という衝動。

自分名義のアルバムを世界各地の音楽家たちと作り、出し始め、つっかえながらも、少しずつ進み始めたころに911が起こった。NYでアート・リンゼイとの録音をセッティングしているときだった。二機目がぶつかって行くのをTVでリアルタイムで見た。録音は1年後に敢行したけど、衝撃的過ぎる出来事

そのあとに続くアフガン攻撃、イラク攻撃なんか始めたら泥沼になってしまう、力や数を集めることが必要だと思ってピースウォークや署名などいろいろ関わったけれど、自分の力の小ささだけを感じてしまった。目に見えない色々なことがその時にうまれたのだろうけど、当時はそちらには目がいかなかった。

もっと目に見えること、手の届くことがしたい、「直接的に」「自分が」世界や地球と関わることがしたいんだ、 というより世界や地球とフェアに繋がっていることを感じたいんだ、という衝動に更に動かされ、どんどん畑をいじることにハマって行った。

農産物を売るほど作り始めたことで、ようやく「やり過ぎ」に気づいた今日この頃。しかし、きっとやりすぎることも大事。揺り戻り、揺り戻ししつつ、バランス取るんでしょう。はじめの頃の衝動を掴みつつある気がする
[PR]
by ayako_HaLo | 2010-03-09 11:07 | thoughts | Trackback | Comments(0)