制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

5月5日にNHK総合で放送され、好評だったため、
私がナレーションしたドキュメンタリー番組が再放送になります。
3月11日の津波で家を、家族を失った高校生たちの一ヶ月を追いかけた
見る側が、逆に勇気づけられるような、胸が熱くなる作品です。

前回ご覧になってない方は、ぜひ。

「ガレキの球春 大槌高校野球部の13人」再放送
NHK教育放送
6月4日(土)午後3:45〜4:13
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-05-29 22:02 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
HaLoのfacebookページはこちらです。

右上の「いいね」をクリックして、つながって下さいね。
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-05-29 21:41 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
2011年5月15日(日)24:50〜静岡放送にて放映
SBSスペシャル『サヨばあちゃんの無人駅』ナレーションしました。

無人駅の駅長室を使ってお惣菜作りをするグループを60歳で立ち上げ
村のお年寄りに届ける活動を始めたサヨばあちゃん。

サヨばあちゃんとのやり取りを通して、
村の人たちの様子が変わって行く。

誰か喜んでくれる人がいればそれでいい、
そんな風に考えるばあちゃんには、
そういう考え方をするようになる過去があったこともわかる。

30分番組として放送された作品に更に取材を加え
60分番組として放送。

30分のときの内容はこちら。
http://www.minkyo.or.jp/01/2009/04/005757_3.html

今、みんなに見てほしい番組。
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-05-15 22:56 | HaLo news | Trackback | Comments(2)

やさしい光になりたい

1999年に書いて、ずっと私の支えになっている歌があります。
だいたいどこに行っても歌う歌。

今回の震災の後、どうしても歌いたくなって、
アカペラで3月18日に一回だけ歌って、一発どりで録音しました。

だから、音程とか、そういうのは、ちょっと不安定だったりする。
でも、これが今の私の状態です。

this song was written in 1999, and has been supporting myself since then.
i sing this song wherever i go.

i really needed to record this song after the quake,
and recorded only once on March 18, 2011.

so the pitch and rhythm are a little unstable,
but that is how i am now.




『やさしい光 』”sweet halo”

急に灯り全て消えたときには
本当の暗闇 落ちた気がする

柔らかで微かな優しい光 
忘れそうになってた

変わらぬ愛と力強さ
前に進めるように

どんなに闇が怖くても
勇気をくれる

穏やかで微かな優しい光
遙か遠くを照らす

急に灯り全て消えたときには
本当の暗闇 落ちた気がする

柔らかで微かな優しい光
私はなれるだろうか

変わらぬ愛と力強さ
あなたが感じるように

どんなに道に迷ってても
微笑みをあげる

穏やかで微かな優しい光
遙か遠くを照らす

目を閉じ耳をすます 
聞こえてくるでしょ
澄んだ川の流れ

緑が芽を出す音
高い空目指して
きっと気づくはず

穏やかで微かな優しい光
遙か遠くを照らす




when all the lights went out suddenly
felt like you were falling into real darkness

there is a soft, sweet halo
i almost forgot it

unchanging love and strength
letting me feel able to move on

no matter how scared I am of the dark
it gives me courage

a soft, sweet halo
spreading light far ahead

when all the lights went off suddenly
felt like you were falling into real darkness

a soft, sweet halo
can this be me ?

unchanging love and strength
that anyone can know is there

no matter how lost you are
gives you a smile

a soft, sweet halo
spreading light far ahead

close your eyes and listen
can you hear ?
the stream of a clear river

the sound of new green leaf emerging
stretching up out to the sky
you will find them

a soft, sweet halo
spreading light far ahead
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-05-11 23:14 | HaLo news | Trackback(1) | Comments(5)
5月3日(祝)に茨城の北部、旧里美村で行われた
がんばっぺ里美というイベントにお邪魔して歌ってきました。


当日、写真を撮ってくださっていた方がいらして名刺をいただきました。
ご本人のページで写真はご覧ください。
常陸のT's BLOGさん、ありがとうございました。



毎年の春まつりを一旦、行政は自粛したものの、そこからゼロから地域の人達が
想いとエネルギーを持ち寄って作った手作りのイベントでした。

美しい山々を見ながら歌わせてもらいましたが、
311からのいろいろなことが思わずこみ上げる瞬間がいくつもありました。

茨城の街々も被災し、深く傷つきながら、前に向かって進もうとしています。
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-05-05 18:03 | HaLo news | Trackback | Comments(2)
収録が放送前日の5月4日なので、まだ見ていませんが、
ドキュメンタリーのナレーションします。
御覧ください。

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2011-05-05&ch=21&eid=11742

<番組タイトル>
シリーズ 被災地・再起への記録
「球児たちの震災 〜岩手・大槌高校野球部の11人〜 (仮)」

<放送日時>
NHK総合 5月5日(木・祝)午前11:20〜11:48全国放送

<番組内容>
東日本大震災で壊滅的被害を受けた岩手県大槌町の、県立大槌高校の野球部の部員たちを追ったドキュメンタリーです。少数部員の大槌高校野球部は、震災によって存続の危機に立たされます。災害派遣された自衛隊の駐屯地となり使えなくなったグラウンド、ただでさえ少ないメンバーなのに家族と一緒に転校せざるを得なくなった野球部員。震災以来ずっと練習は中断したままという厳しい状況の中で、球児たちは逆境をバネに、お互いが支え合いながら再スタートを目指します。
[PR]
by ayako_HaLo | 2011-05-02 23:30 | HaLo news | Trackback | Comments(0)