制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0024339_10561163.jpg


NHK総合で、12月14日(月)放送の番組でナレーションをしました。認知症の方たちが、テレビで自らの言葉で自分たちのことを語るのは、もしかしたら初めてのことかもしれない、とのこと。私も知らないことばかりでした。ご覧ください。

i narrated a document on the people with dementia talking about themselves.

「わたしが伝えたいこと ~認知症の人からのメッセージ~」
12月14日(月)午後10時~10時50分、10時55分〜11時20分(途中5分間の中断ニュースあり)

「認知症の人=何もわからない」として、支援策の大半を"本人以外の第三者"の声に基づいて決めてきた日本。一方、世界では、認知症の人自身が政策決定に積極的に関わることで"認知症になっても、より良く生きられる社会"を目指している。番組では"認知症の人たち"をスタジオに招き、認知症を取り巻く様々な課題について徹底討論。本人の視点から「認知症と共に自分らしく暮らせる社会の実現に向けたヒントを探る。
【出演者】 井ノ原快彦(タレント)、小島慶子(タレント・エッセイスト)、重松清(作家)、山本哲也アナウンサー(認知症カフェ「どーもマスター)、認知症の人たち、永田久美子(専門家)

http://www.nhk.or.jp/ninchishou/
[PR]
by ayako_HaLo | 2015-12-13 10:59 | HaLo news | Trackback | Comments(0)