「ほっ」と。キャンペーン

制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0024339_00220695.jpg

7月29日(金)19:30〜20:43 中国地方のNHK総合で放送のNHK広島放送局制作の「被爆前夜の広島で…」のナレーションをしました。

戦争に入る前の広島の街の様子が、戦争が始まってから一変するも、そこには、ささやかな毎日の暮らしがあったことが、被爆者の証言から伝わってきます。ご覧ください。

---------------------------------------------------

平和記念公園で被爆遺構の掘り起こしが進む中、原爆投下前の広島の姿に注目が集まっている。 今回NHKでは、被爆前夜の様子を記録した「被爆体験記」や被爆前の街の姿を捉えた「写真」など、失われた街の貴重な記録を改めて検証。 街はどんな姿をしていたのか、そこにどんな暮らしがあったのか、人々は"前夜"をどのように記憶しているのか…。 新たな証言とともにみつめ、一瞬にして日常を奪われた人々の思いに二部構成で迫る。

 第一部は「"投下予告"~8月5日 市民の記憶をたどる~」
 被爆者が書き残した原爆の体験記の中に、「もうすぐ広島は焼け野原になる」といった米軍による原爆投下の予告があったという手記が複数残されている。 徹底した情報統制で米軍からの投下予告はなかったはずだが、なぜそうした記述があるのか。体験記や証言を残した被爆者の今をたどり、その証言に込めた思いに迫る。

 第二部は「そこには確かに"暮らし"があった~写真でよみがえる廣島~」
 7年前廿日市市内で、広島市内の川で泳ぐ子供たちや人々でにぎわう商店街など被爆前の広島の街や人々の姿を撮影した1万点を超える写真がみつかった。 被爆直前まで普段と同じように暮らしていた市民の様子を写真と映像そして証言でたどり、一発の爆弾で"日常"が奪われる戦争の悲惨さを伝える。

再放送は翌30日(土)朝10:05〜11:18

http://www.nhk.or.jp/hiros…/hibaku71/program/program_07.html



[PR]
by ayako_HaLo | 2016-07-28 00:23 | Trackback | Comments(0)