制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4月15日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「“心”を彫りこむ~亡き人をいつもそばに~」ナレーションしました。

b0024339_00300012.jpeg
4月15日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「“心”を彫りこむ~亡き人をいつもそばに~」ナレーションしました。再放送4月17日(火)午前3時35分〜 月曜深夜

住民の9割を津波で失った、宮城県東松山市。その高台にある清泰寺の住職が、毎日8時間以上掘り続ける仏像と、その仏像を心のよりどころに生きる人たち。住職は地獄を見た、とおっしゃった。目の前で、妻と娘と孫2人が乗った車が津波にのまれていくのを目撃して、今のそのときの叫び声を忘れようとしても忘れられない、という方のお話は、声が詰まって1度目は読めませんでした。仏像に魂が入るとき。それは、彫るときだけではないんだな、と感じました。ご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-04-15/21/27342/1077301/

東日本大震災で1000人を超える犠牲者が出た宮城県東松島市。深い悲しみにくれる遺族に仏像を彫り、手渡す寺の住職と、仏像を心のよりどころに生きる人々を見つめる。

東日本大震災で1000人を超える死者・行方不明者が出た宮城県東松島市。地元の寺で、震災の犠牲者を弔ってきた住職の小池康裕さんは、深い悲しみにくれる遺族に、自ら、高さ40センチほどの仏像を彫り、手渡している。手にした遺族が口々に語るのが、「亡くなった家族がそばにいるかのよう」という言葉。小池さんが今日までに彫った仏像の数は1000体を超えた。小池さんと、仏像を心のよりどころに生きる人々を見つめる。


[PR]
トラックバックURL : https://fromayako.exblog.jp/tb/28245251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayako_HaLo | 2018-04-13 00:29 | HaLo news | Trackback | Comments(0)