制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年 10月 09日 ( 2 )

友人夫妻の主催するイベントです。
自然農で田畑と平飼いの鶏の卵を主に暮らす農家をやっています。

彼らの鶏小屋は匂いませんし、
鶏たちもとってもかわいがられてるのがわかります。
卵もおいしい!

鶏を絞める、ということは、
生活からかけ離れていて、
私自身は見たことも、もちろんやったこともありませんが、
いつか、少なくともちゃんと見たいと思っています。

その経験をするなら、彼らのところだなあ、と思って
いずれイベントとしてやりたいな、
と話をしているところですが、
今回は私は残念ながら行くことができません。

イベントの申し込みの締め切りは過ぎてるみたいだけど
もう何人かは大丈夫そうな話を今日していたので
急ですが、いかがでしょうか?

------------------------
http://mattaryvillage.blog72.fc2.com/blog-entry-366.html

自分達が食べている食べ物はどうやってできるの?
              どんなところで育てられているの?

こちら茨城県旧里美村では
たわわに実った稲の穂がひろがる金色の草原のような景色から、
綺麗に整列した木に、刈られた稲がぶら下がっている風景へと代わってきました。
休日ともなれば家族や親戚が集まって一緒に稲刈りを手伝っています。
皆であぜにすわって労働の合間に一服している姿になぜか安心感を覚えます。

まったり〜村では10月12日に稲刈りをする予定です。

稲刈りを体験したい人、農村の景色に心弾ませたい人、人と一緒に身体を動かしたい人、田舎の時間をすごしたい人、などなど。是非いらしてみて下さい。お待ちしております。
また、将来的に田んぼを自分または仲間と一緒にやってみたい方、その足がかりに、縁つくりに、来てみませんか?

●田んぼ稲刈り体験●
日時:平成20年10月11日(土)〜13日(月・祝日)

集合:11日(土)午後14時 古民家の宿 沼田邸
(常陸太田駅13時02分発の小中車庫行バスにて生田(オオイダ)駅下車 生田駅までは迎えに行きます) 

当日の流れ:

【1日目】 11日 (食事: 朝食× 昼× 夜〇)
14時〜14時半   まったり〜村村長より村の説明
            沼田邸オーナーより 沼田邸説明
14時半〜16時半 プログラム1「命の食べ方 卵を産んでくれたコッコちゃんを頂きます」
          肉を食べるとはどういうことか、鶏を絞める体験をします。
          希望されない方は別のプログラムも用意いたします。(例:卵採り、野菜の収穫など)
16時半〜18時 温泉
18時〜     夕食&交流会 締めた鳥肉とまったり〜村の野菜で料理
         歌・踊り・楽器演奏・一芸披露等歓迎!

【2日目】 12日 (食事: 朝食〇 昼〇 夜〇)
7時半     朝食準備(かまどでお米を炊いてみる→希望者)
8時      朝食 まったり〜村のコッコちゃんの卵でぶっ掛けご飯と味噌汁など
        昼食のおにぎり作り 
9時      移動開始 途中近くの沢で水汲み
9時30分   田んぼの説明・稲刈り開始
12時     昼食 おにぎりとまったり〜村新鮮野菜の味噌汁など
16時     作業終了 
        移動&温泉
18時半    地元母ちゃんの郷土料理
        16㎜フィルム「日本の農業の姿」(昭和初期の農業の様子) 18分
        「a life まったり〜村の小さな農園」30分上映

【3日目】 13日 (食事: 朝食〇 昼× 夜×)
7時半     朝食準備(希望者)
8時      朝食
9時      解散
 
その後希望者は日常農作業体験、石窯ピザ焼き体験など可能です。石窯ピザ焼き体験は4名以上集まらないとできません。予約する都合上お早めにお申込み下さい。

<参加費>10,500円(温泉料500円・石焼ピザ焼き体験840円別途)
12日稲刈りのみ参加:500円(9時から16時)
【内訳】
朝食 500円×2回
昼食 500円×1回
夕食 1300円×2回
宿泊費 3000円×2泊
イベント保険 100円
連絡通信事務費 300円

・部分参加可能です。必要な食事と宿泊、到着予定日時をお知らせください。原則現地集合になります。
・当日稲刈りだけの参加も可能です!その場合、「イベント保険」と「連絡通信事務費」のお支払いとなります。昼食が必要な方はその分もかかります。
・「お金以外の経済のあり方」を模索中です。
上記参加費は、個別に考えると最低限の持続可能に必要な経費になっています。
ただ、「参加したいけどこんなにお金がかけられない」という方には、
労働交換として、スタッフとして裏方を手伝っていただくという割引制度あります。
その他の案もあればどうぞ。お問合せください。
・交流会でアルコールを飲まれる方は別料金になります。またはご自分でお持ちください。
・小学生以上は上記料金になります。

===========お申込み(以下の情報をメールまたはFAXにてお送りください)===========
●●●命の食べ方 まったり〜村編「田んぼの稲刈り体験」参加申込み●●●
お名前
ご住所
年齢
電話番号
メールアドレス
参加人数
参加日
交通手段 車(沼田邸へ直接) ・ バス(生田への送迎必要)
======================================================================
メール:mattaryvillage@@gmail.com(@を一つ除いてお送りください)
FAX:0294-82-3003

申込み締め切り:10月7日まで

交通(クリックしてください)>>交通081011-13


【将来の妄想】
今回の稲刈りイベント
次年1年間通して、稲作りのポイントポイントで来てもらい一緒に作業→場所になじむ、作業になじむ、縁作り
その後、休耕田等を自分または仲間と行う
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-09 23:59 | exhibits/events | Trackback | Comments(0)
コミュニティ・ファシリテーション仲間と暮らし始めて
ちょうど二月が過ぎました。
日々、あーでもない、こーでもない、と
いろんな話をしながら暮らしています。
相方と二人だけでは話さないようなこともあるので
なかなか刺激的です。

さて、そのコミュニティ・ファシリテーション研究所が
開催する講座が10月は二つあります。
ご都合つく方はいらしてください。

■1■
運営側、マネジメント側など
明示的なファシリテーターのポジションからの
ファシリテーションを中心に学ぶもの
2008年10月18日(土) 10:00‐18:00・東京/日本橋公会堂
http://comfaci.com/08/20081018ws/ (詳しくはこちらへ)

■2■
明示的にファシリテーターのポジションにない
「隠れファシリテーション」を学ぶ5回シリーズ。
第1回目:2008年10月25日(土) 13:30-19:15
第2回目:2008年11月15日(土) 13:30-19:15
第3回目:2009年 1月17日(土) 13:30-19:15
第4回目:2009年 2月 7日(土) 13:30-19:15
第5回目:2009年 3月 7日(土) 13:30-19:15
http://comfaci.com/08/20081025ws/ (詳しくはこちらへ)

参加費が厳しいなあ、という方も、
「労働交換」という仕組みを構築しようとしているところですから
お気軽にご相談下さい。

お申し込みはこちらへhttp://comfaci.com/mail/apply/
お問い合わせはこちらへhttp://comfaci.com/mail/contact/

-----------------------------------------------------------
■1■
運営側、マネジメント側など
明示的なファシリテーターのポジションからの
ファシリテーションを中心に学ぶもの

10月18日対話の場からうまれる持続可能な個人と組織
http://comfaci.com/08/20081018ws/ (詳しくはこちらへ)

対話の場からうまれる持続可能な個人と組織
〜見えないものをとらえる視点『場の理論』を学ぶ〜
2008年10月18日(土) 10:00−18:00・東京/日本橋公会堂

こんな方におすすめです

* 企業・自治体やNPO、自治会、町内会、PTA、自分の家族など、様々な組織、またはその中のチーム(例:営業一課、プロジェクトチーム)上記いずれかのグループの運営に携わっている方。または運営のサポートをしている人。
* 上記の様々な状況・大きさのグループにおける「対話の場」(例:会議、話し合いの場、立ち話など)をより良くしたい方
* グループ全員の立場・意見を尊重したいが、実際の仕事に追われ、それが尊重し切れていないことが気になっている方
* 自分の身近な人間関係(パートナーとの関係や家族関係、職場の人間関係)をより良くしたい方


講 師

廣水乃生、河野雅

今回はコ・ファシリテーターとして河野 雅さんをお迎え致します。

コミュニティ・ファシリテーター 河野雅(こうの まさし)プロフィール
・1972年生まれ
・立命館大学理工学部土木工学科卒業
・コミュニティファシリテーション研究所 認定コースレベル1修了
・CPCC(米国CTI認定プロフェッショナルコーチ)
・CTIジャパン 上級コース スーパーバイザー
自然体な態度と正直に気持ちを伝えるスタイルで場を動かすファシリテーションが魅力。冷静沈着な顔の裏側には涙もろい感情豊かな一面が隠れている、ときどき「おじいちゃん」キャラのお茶目さん。妻への水やりを欠かさない愛妻家でもある。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2■
明示的にファシリテーターのポジションにない
「隠れファシリテーション」を学ぶ5回シリーズ

10月25日(東京) 第一回 隠れファシリテーション講座
http://comfaci.com/08/20081025ws/ (詳しくはこちらへ)

連続隠れファシリテーション講座
第1回目 家族・身近な人間関係編「人間関係とコミュニケーションからの学び」
10月25日(土) 13:15−19:15・東京中央区産業会館和室


隠れファシリテーション講座概要

ファシリテーションとはなんでしょうか?
ファシリテーションを学んで何のメリットがあるのでしょうか?

組織を活性化したり、会議を円滑に勧めたり、組織をいい状態に変えていったりする技術をファシリテーションと呼び、その技術を持っている人はファシリテーターと呼ばれます。

何かとても特別なものに聞こえる「ファシリテーション」ですが、実は気付かないうちに誰もが日常生活でファシリテーションを行っています。

険悪な雰囲気や、らちがあかない状況において自分の言った一言がきっかけで思いがけず場が変わったことはありませんか?

それも「ファシリテーション」です。

ファシリテーションを学ぶことによって、同じような状況において意識的にその「場を変える一言」が使えるようになります。

ファシリテーションは会議やワークショップだけに使われるスキルではありません。

全5回の連続隠れファシリテーション講座は、コミュニティファシリテーションのパラダイムを元にファシリテーションという役割を担っていない時にも活用できるスキルやものの見方を、各回にそれぞれテーマを設定し実際のシーンを思い浮かべながら、様々な「ファシリテーション」の介入方法について考え体験と理論を結びつけながら、ファシリテーションを学びます。



全5回テーマ

第1回. 10月25日(土)13:30-19:15
家族・身近な人間関係編
〜人間関係とコミュニケーションからの学び 〜

第2回. 11月15日(土)13:30-19:15
会議・話し合い編
〜場のエネルギーに気付く(場の理論1) 〜

第3回 2009年1月17日(土)13:30-19:15
組織・グループ編
〜組織・グループの見立て方(場の理論2) 〜

第4回. 2009年2月7日(土)13:30-19:15
同僚・部下・上司・会社の人間関係編
〜コミュニケーションににじみ出る感情的な態度(メタスキル) 〜

第5回. 2009年3月7日(土)13:30-19:15
総括編
〜個人が見ている現実 〜



10/25 第1回「家族・身近な人間関係編」講座概要

☆なぜコンフリクトって起きてしまうの?

☆自分のコミュニケーションの傾向は?

☆それによって何が起きやすい?

第1回では、身近に起きている人間関係からコミュニケーションについて学んでいきます。コミュニケーションで起きていることを知っていくことで,自分のことに気づいたり,そこで何ができるか発見したりできるでしょう。

体験と理論を結びつけながら、身近な人間関係でのファシリテーションを学びます。

* 【TOPIC】 ファシリテーションから隠れファシリテーションへ
* コミュニティ・ファシリテーションとは
* 隠れファシリテーションの意義と基本的な考え方
* コミュニケーションスタイルについて
* 人間関係の難しさとその可能性
* 共に夢を見ること




参加費

単発参加:8,000円
2回参加:15.500円(1回あたり7,750円/合計500円割引)
3回参加:22,500円(1回あたり7,500円/合計1,500円割引)
4回参加:28,000円(1回あたり7,000円/合計4,000円割引)
5回参加:32,500円(1回あたり6,500円/合計7,500円割引)

* 紹介者がいる場合、若干の割引があります。
* 労働交換等もあるので、気軽にご相談ください。


講 師

廣水乃生
コミュニティファシリテーション研究所代表

1968年生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了
米国プロセスワーク研究所・葛藤解決・組織変革ファシリテーションマスターコース修了

水戸教育フォーラム共同代表
茨城・教師を支える会代表
[PR]
by ayako_HaLo | 2008-10-09 09:35 | exhibits/events | Trackback(1) | Comments(0)