制作プロジェクトHaLoを主宰するayakoが、音楽、写真などHaLoとしての活動について、また、mac、旅、映画、本、猫、食べ物、気になったニュースなどについて、徒然に綴ってます。


by ayako_HaLo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0024339_22125218.jpeg

1月28日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「おにぎりで革命を起こせ~減反廃止・農家はいま~」ナレーションしました。再放送1月30日(火)午前3時35分〜 月曜深夜

半世紀続いてきた米の減反政策が2018年の今年廃止になる。戦後の食糧難の時代に、食糧増産に必死になった世代は、その後、米の作付けを制限される時代に入る。米は農協を通じて流通させ、作付けなかった田に対して補助金が出る。多くの米農家が70代に入る今、待った無しの地域の姿がありました。農業を面白いと感じる、非農家出身の若者たちと、農家を継がない農家の現状。お世話になった農家や、友人達の顔がたくさん浮かびました。ご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nipp…/x/2018-01-28/…/1077291/

コメの生産調整、いわゆる減反政策が廃止になることを受け、農家の中には大きな不安が広がる。そんななか、自分で作ったコメでおにぎり専門店を展開する革命児が登場した!

コメの生産調整、いわゆる減反政策が廃止になることを受け、農家の中には、補助金が受けられなくなるのではないか、コメの価格が下落するのではないかという大きな不安が広がっている。そんな中、注目を集める農家が秋田にいる。鈴木貴之さん、42歳だ。農家出身ではない鈴木さんは自分で育てたコメで作るおにぎり専門店を次々にオープン。いま業界の「革命児」と言われる。従来の規制を打破し、躍進する鈴木さんの思いに迫る。



[PR]
by ayako_HaLo | 2018-01-29 22:12 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
b0024339_23322790.jpeg
< 再放送決まりました。2月9日(金) 午後7時〜7時49分 NHK BS1>

1月27日(土)午後9時〜NHK BS1 明日世界が終わるとしても「もう、テロを選ばせない~バングラデシュ・三輪開人~」のナレーションをしました。

主人公は、バングラデシュの農村で主に大学進学を目指す若者たちに、都市部と引けを取らない教育機会を作り出し、貧困の連鎖を断ち切り未来を作る若者をサポートし続けている、三輪開人さん。こんな方が奮闘されていることももちろん知らなかったし、去年、ロヒンギャの人たちが、2ヶ月に60万人以上という単位で、ミャンマーからバングラデシュに避難してきていることも認識していませんでした。

そこから芋づる式に、ロヒンギャの人たちって誰?と調べ始めたら、世界大戦中に日本軍とイギリス軍の代理戦争のようになった現地の仏教系、イスラム系の人たちの確執が、現在に続いているらしいというところまでたどり着きました。ロヒンギャの人たちは、どこからも、不法に滞在している、難民ではなく経済移民であるという認識を持たれて国籍を持っていないことも初めて知りました。簡単に解決するような話ではないけれど、このままにしておくと、確実に将来、大きな火種になることは明白だと思います。

ドキュメンタリーは、そういう問題を追いかけるのではなく、バングラデシュの若者たちが、大学を卒業しても就職が難しいような失業率の中、どうやって自国の未来を明るい方向に模索するのか、そして、その若者たちをサポートする三輪さんを追いかけたものでした。どうぞご覧ください。私自身は、あまりにも知らないことだらけだったことに、ガツンとやられました。

http://www4.nhk.or.jp/P4231/x/2018-01-27/11/14138/2396602/

[PR]
by ayako_HaLo | 2018-01-21 23:31 | HaLo news | Trackback | Comments(0)
1月14日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「「私たちの物語~歳月が紡ぐ震災7年~」
ナレーションしました。再放送1月16日(火)午前3時35分〜 月曜深夜

東日本大震災から7年経過し、仙台の出版社が「文学賞」を創設したそう。全国から応募された600近い作品。家族を一度に失って心が凍ったままになったという方、親友を失って、二度と同じ悲しみを繰り返さないで済むように。思いはさまざま。震災直後、圧倒的な津波の力を映像で見ただけで、圧倒され言葉を失い、しばらくたってから被災地に足を運んだ時に見た光景が、まざまざと頭によみがえりました。物語を書くということ。自分の心に向き合うこと。いろんなことを考えました。ご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-01-14/21/8113/1077290/

65年の歴史を持ち、沖縄の“原風景”をとどめる「農連中央市場」が年内に取り壊されることになった。そこで、長年働いてきたおばあたちの最後の日々を見つめる。

震災7年に向けて創設された「仙台短編文学賞」。600もの応募作品が寄せられた。悲しみを受け止められず、苦しんだ先にたどり着いた答えを物語に託す人々を見つめる。

仙台市の出版社が震災7年に向けて創設した「仙台短編文学賞」。12月の締め切りまでに、全国から600近い数の作品が寄せられ、3月の大賞発表に向けて読み込みが進んでいる。大切な人々の死、ふるさとの喪失…震災で直面した耐えがたい悲しみをどう受け止めたらいいのか…長い間、悩み、苦しんだ先にたどりついた答えを物語に託す人々を見つめる。
b0024339_01081559.jpg

[PR]
by ayako_HaLo | 2018-01-15 01:09 | HaLo news | Trackback | Comments(0)